FX初心者こそデモ口座でトレードしてはいけない!はじめからリアル口座を利用する理由とは?

woman
「FXをはじめるためには、まずはデモ口座でトレードすることと聞いたのですが、本当でしょうか?」
「デモトレードでおすすめのFX会社はどこですか?」

と、FXの初心者ほど「デモ口座からはじめてみる。」ことが正しいと思っている節があります。しかしながら、筆者は「FX初心者こそデモ口座でトレードしてはいけない!」と考えます。その理由を説明します。

そもそも、デモ口座のデモトレードとは?

そもそも、デモ口座のデモトレードとは?

デモ口座とは?

FX会社が用意している無料でトレードが体験できる口座のこと。

トレードをする場合には仮想通貨を利用して、トレードをします。仮想通貨と言っても、ビットコインのような実際の「お金」ではありません。ゲームのお金のような換金性のないものです。

デモトレードとは?

デモ口座を利用してFXトレードをすること。

を言います。

「デモ口座開設」→「デモトレード」の手順

例:DMM FX

その1.DMM FXのデモ取引の画面に行く

「DMM FX」デモ口座画面に行く

その1.DMM FXのデモ取引の画面に行く

その2.デモ口座を申込む

  • 利用規約と、個人情報保護方針の同意
  • ニックネーム
  • メールアドレス
  • パスワード

本名である必要はありません。

その2.デモ口座を申込む

その3.デモ口座にログインする

登録した「メールアドレス」と「パスワード」でログインします。

その3.デモ口座にログインする

その4.デモトレード

デモトレードが可能になります。

その4.デモトレード

実際に112.508円で1枚(1万通貨)のトレードをするとこうなります。

その4.デモトレード

デモ口座を用意しているFX会社比較

人気ランキングFX会社名口座名取引単位FXi24Market Win24NTTドコモiモード
1位外為どっとコム/外貨ネクストネオ
外為どっとコム/外貨ネクストネオ
外貨ネクストネオ1,000通貨×
2位ヒロセ通商/LION FX
ヒロセ通商/LION FX
LION FX1,000通貨(※ノルウェークローネ/円など4通貨ペアは10,000通貨、ハンガリーフォリント/円は100,000通貨)×
3位DMM.com証券/DMM FX
DMM.com証券/DMM FX
DMM FX10,000通貨×
4位YJFX!/外貨ex
YJFX!/外貨ex
外貨ex1,000通貨(※南アランド/円など4通貨ペアは10,000通貨)××
5位GMOクリック証券/FXネオ
GMOクリック証券/FXネオ
FXネオ10,000通貨(※南アランド/円など2通貨ペアは100,000通貨)×
6位SBI FXトレード
SBI  FXトレード
-1通貨
7位インヴァスト証券/シストレ24
インヴァスト証券/シストレ24
シストレ245,000通貨×××
8位外為オンライン/外為オンラインFX
外為オンライン/外為オンラインFX
外為オンラインFX1,000通貨(※南アランド/円など2通貨ペアは10,000通貨)
9位マネーパートナーズ/パートナーズFX nano
マネーパートナーズ/パートナーズFX nano
パートナーズFX nano100通貨×
10位JFX/MATRIX TRADER
JFX/MATRIX TRADER
MATRIX TRADER1,000通貨(※ノルウェークローネ/円など3通貨ペアは10,000通貨)×
11位インヴァスト証券/トライオートFX
インヴァスト証券/トライオートFX
トライオートFX1,000通貨(※南アランド/円は10,000通貨)×××
12位FXプライム byGMO/選べる外貨
FXプライム byGMO/選べる外貨
選べる外貨1,000通貨×
13位FXブロードネット/ブロードコース
FXブロードネット/ブロードコース
ブロードコース10,000通貨(※南アランド/円は100,000通貨)
14位楽天証券/楽天MT4
楽天証券/楽天MT4
楽天MT41,000通貨××
15位マネーパートナーズ/パートナーズFX
マネーパートナーズ/パートナーズFX
パートナーズFX10,000通貨×
16位外為ジャパンFX
外為ジャパンFX
-1,000通貨×
17位ゴールデンウェイ・ジャパン(旧FXトレード・フィナンシャル)/FXTF MT4
ゴールデンウェイ・ジャパン(旧FXトレード・フィナンシャル)/FXTF MT4
FXTF MT41,000通貨××
18位トレイダーズ証券/みんなのFX
トレイダーズ証券/みんなのFX
みんなのFX1,000通貨××
20位IG証券/標準
IG証券/標準
標準10,000通貨×××
21位外為オンライン(くりっく365)
外為オンライン(くりっく365)
-10,000通貨(※南アランド/円など5通貨ペアは100,000通貨)
22位サクソバンク証券/スタンダードコース
サクソバンク証券/スタンダードコース
スタンダードコース1,000通貨(※トルコリラ/円は5,000通貨、南アランド/円は50,000通貨など通貨ペアによって異なる。最低取引単位以上なら1通貨単位で取引可能)××
23位セントラル短資FX/セントラルミラートレーダー
セントラル短資FX/セントラルミラートレーダー
セントラルミラートレーダー5,000通貨(最低取引単位以上なら1000通貨単位で取引可能)×
24位FXプライム byGMO/ちょいトレFX
FXプライム byGMO/ちょいトレFX
ちょいトレFX1,000通貨×
25位岡三オンライン証券(くりっく365)
岡三オンライン証券(くりっく365)
-10,000通貨(※南アランド/円など5通貨ペアは100,000通貨)××
26位ライブスター証券/ライブスターFX
ライブスター証券/ライブスターFX
ライブスターFX10,000通貨(※南アランド/円は100,000通貨)
27位トレイダーズ証券/みんなのシストレ
トレイダーズ証券/みんなのシストレ
みんなのシストレ1,000通貨××
19位アイネット証券/アイネットFX
アイネット証券/アイネットFX
アイネットFX10,000通貨(※南アランド/円は100,000通貨)××
28位GMOクリック証券(くりっく365)
GMOクリック証券(くりっく365)
-10,000通貨(※南アランド/円など5通貨ペアは100,000通貨)××
29位岡三オンライン証券/岡三アクティブFX
岡三オンライン証券/岡三アクティブFX
岡三アクティブFX1,000通貨××
33位マネースクエア/マネースクエアFX
マネースクエア/マネースクエアFX
マネースクエアFX1,000通貨(※南アランド/円など2通貨ペアは10,000通貨)××
34位FXブロードネット/ブロードライトコース
FXブロードネット/ブロードライトコース
ブロードライトコース1,000通貨(※南アランド/円は10,000通貨)
35位マネックス証券/FX PLUS
マネックス証券/FX PLUS
FX PLUS1,000通貨
36位楽天証券/楽天FX
楽天証券/楽天FX
楽天FX1,000通貨××
37位ひまわり証券/ループ・イフダン口座
ひまわり証券/ループ・イフダン口座
ループ・イフダン口座1,000通貨×
30位IG証券/大口
IG証券/大口
大口10,000通貨×××
31位ひまわり証券/レギュラー口座
ひまわり証券/レギュラー口座
レギュラー口座10,000通貨×
32位セントラル短資FX/FXダイレクトプラス
セントラル短資FX/FXダイレクトプラス
FXダイレクトプラス1,000通貨
38位アイネット証券/ループイフダン
アイネット証券/ループイフダン
ループイフダン1,000通貨(※南アランド/円など2通貨ペアは10,000通貨)××
39位FXブロードネット(くりっく365)/シストレ365コース
FXブロードネット(くりっく365)/シストレ365コース
シストレ365コース10,000通貨×
40位トレイダーズ証券/LIGHT FX
トレイダーズ証券/LIGHT FX
LIGHT FX1,000通貨××
41位ゲインキャピタル・ジャパン/MetaTrader4
ゲインキャピタル・ジャパン/MetaTrader4
MetaTrader41,000通貨×××
42位FXブロードネット(くりっく365)/スタンダードコース
FXブロードネット(くりっく365)/スタンダードコース
スタンダードコース10,000通貨(※南アランド/円など5通貨ペアは100,000通貨)
43位ジャパンネット銀行/JNB-FX PLUS一般タイプ
ジャパンネット銀行/JNB-FX PLUS一般タイプ
JNB-FX PLUS一般タイプ1,000通貨×
44位フィリップ証券/フィリップFX ミニ口座
フィリップ証券/フィリップFX ミニ口座
フィリップFX ミニ口座10,000通貨×
45位新生銀行/新生銀行FX
新生銀行/新生銀行FX
新生銀行FX1,000通貨××
46位サクソバンク証券/アクティブトレーダーコース
サクソバンク証券/アクティブトレーダーコース
アクティブトレーダーコース1,000通貨(※トルコリラ/円は5,000通貨、南アランド/円は50,000通貨など通貨ペアによって異なる。最低取引単位以上なら1通貨単位で取引可能)××
47位エキサイトワン/macaso
エキサイトワン/macaso
macaso1,000通貨×××
woman
「んっ、デモトレードって何が悪いことなの?お試しで、お金をかけずにできて、本番と同じ取引ツールでテストができるんでしょ?初心者に持って来いじゃん。」

と考える方が多いかと思います。

しかし、実際は、そうではないのです。

筆者は

concierge
FX初心者こそ、はじめからリアル口座(本番口座)でトレードをすべき

と考えます。その理由について解説します。

FX初心者こそ、はじめからリアル口座(本番口座)でトレードをすべき理由

FX初心者こそ、はじめからリアル口座(本番口座)でトレードをすべき理由

その1.デモトレードは緊張がなく、練習にならないから

FXトレードというのは

man
チャートを分析して、勝つためのトレード手法・ロジックを身に着ければ勝てる

と思っている初心者の方は少なくありません。

ここで逆に質問です。

concierge

チャートを分析して、勝つためのトレード手法・ロジックを身に着ければ勝てる、としたら

なぜ、勝つためのトレード手法・ロジック、億円トレーダーの方法論・ロジックが書いてあるFX関連の書籍がたくさん出ているのに、こんなにも負けるトレーダーが出てきてしまうのでしょうか?

その答えは簡単です。

どんなに的確なトレード手法を身に着けても、実際にそれを実行できる人は一握りだから

です。

FXを経験してみるとわかるのですが

結果が出ているチャートを出されれば

その1.デモトレードは緊張がなく、練習にならないから
man
「移動平均線というものが3本そろったら、その方向にトレンドができるから、そこでエントリーすればいいんだ。これでFX勝てるかも・・・」

と思ってしまうのですが・・・

実際のチャートは、まだ形を形成していない段階ですから、こうなります。

その1.デモトレードは緊張がなく、練習にならないから
man
「この状態って移動平均線の3本がそろったと言えるのか?」
「実勢レートは下がっているのに上がるのか?」
「まだ、待てば、見本のようになるのかな?」
・・・
リアルタイムにチャートが進行していく中で、タイミングを見計らって、お手本のトレード手法を実行することは、FX初心者にとって、決して簡単なことではない。

ということがわかるかと思います。

しかも・・・

自分のお金が減っている状態であれば

  • もうこれ以上損をしたくない。
  • でも、もう少ししたら元に戻るかもしれない。

という心理的プレッシャーがあり

自分のお金が増えている状態であれば

  • 早く利益を確定したい。
  • 早くしないとまた下がっちゃうかもしれない。
  • もう少し待っていれば、まだ上がるかもしれない。

という心理的プレッシャーがあり

通常の判断というのは、かなり難しくなってしまうのです。

concierge
FXトレードは、トレード手法も重要な要素の一つなのですが、それ以上に「心理的プレッシャーとの戦い」という側面もあるのです。
woman
「じゃあ、なおさらデモ口座で慣れた方がいいんじゃないの?」

と思うかもしれませんが・・・

concierge

デモ口座に心理的プレッシャーはなく、ゲームのようなものですので、心理的プレッシャーの練習にすらならないのです。

結局、デモ口座では心理的プレッシャーがなく、本番の練習の役割を果たさないのですから、デモ口座でどれだけ練習をしたとしても、無意味ということがわかります。

その2.デモトレードは金銭感覚がマヒしてしまう

先ほどのDMM FXのデモ取引画面にログインしてみるとわかるのですが・・・

その2.デモトレードは金銭感覚がマヒしてしまう
  • 建玉可能額:5,000,000円
  • 純資産:5,000,000円

となっているかと思います。

デモ口座用の仮想通貨なので、500万円あっても、実際にお金を使う必要はないので問題はないのですが・・・

実際に自分がトレードするときの証拠金が1万円~10万円程度だった場合に、全く桁数の違うトレードを練習していることになってしまうのです。

500万円も証拠金がある状態でのデモトレードは

  • 気が大きくなてしまう。
  • 注文額が大きくなってしまう。
  • 知らず知らずのうちにこのぐらいの金額での取引が当たり前に思えてしまう。
    ・・・

リスクがあるのです。

man
本実際のFXトレードは、証拠金1万円ではじめようとしていたけれども、デモ取引で500万円で少し慣れてしまったから、1万円は少なすぎるんじゃないのか?10万円からはじめよう。
concierge

知らず知らずのうちに、刷り込まれてしまって、初期の投資額を増やしてしまうことも往々にしてあるのです。

FX会社も、当然それを狙って、デモ口座の初期設定残高は100万円~500万円の高めに設定してあるのです。

高額取引という余計な感覚を身に着けてしまうリスクがあるので、デモトレードはしないの方が良いのです。

その3.デモトレードは実際のトレード環境も異なる

デモトレードも、リアルトレードも、FX会社が提供している取引ツールは、ほとんど同じ機能が利用できます。

しかし、注文してからその注文が執行される「スピード」「約定力」は、デモ口座とリアル口座では、大きく違うのです。

デモ口座

  • デモトレードする人はそれほど多くないため、デモ取引のサーバーは高速になる
  • デモトレードは、実際に通貨の売買をしていないので、処理が少なく、高速になる
  • デモトレードは、口座開設を促すためのものなのでFX会社が意図的にサーバーを強化している

リアル口座

  • リアルトレードをする投資家はデモトレードよりも多いので、サーバーは重くなる
  • リアルトレードでは、通貨の売買を実際にするため、システムの処理が増え、遅くなる

という理由があるため、

man
デモトレードのときは、サクサク動いたから、約定力の高いFX会社と思っていたのに実際にリアル口座を開設したたら、めちゃくちゃ遅かった。

ということも往々にして起こるのです。

結局、デモトレードでは、リアルトレードのトレード環境は再現できません。

じゃあ、FX初心者はどうやってFXをはじめるべきなのでしょうか?

FX初心者こそ、損をすることを覚悟して、リアル口座でトレードを始めるべき

FX初心者こそ、損をすることを覚悟して、リアル口座でトレードを始めるべき
concierge

FX初心者におすすめするのは

  1. はじめからリアル口座を開設する
  2. 取引単位は1000通貨に設定する(※1000通貨で取引ができるFX会社を選ぶ)

の2点です。

デモトレードに慣れてしまうと、取引ツールの操作がわかるメリットはありますが

前述した通り

  • 心理的プレッシャーの練習にはならない
  • 金額感がにぶる
  • リアル口座のトレード環境ではない

という問題があるので、やっても「時間の無駄」なのです。

デモトレードをよりも、はじめからリアル口座でリアルトレードをはじめてしまった方が

  • 時間の節約になる
  • 間違った癖がつかない

ので良いのです。

ただし、だからと言って、いきなりリアル口座で高額なトレードをして「FXに慣れる前に証拠金がゼロになりました。」では意味がないのです。

だからこそ、1000通貨を基準に最小ロットでトレードすることをおすすめします。

1万通貨のケース

一般的なFXの取引単位は「1万通貨(1枚)」です。

米ドル/円 1ドル=100円のときに1万通貨の「買い」ポジションを持ったとしたら

  • 100万円で1万ドルを買う

ということを意味しています。

1ドル=100円 → 1ドル=99円の円高になったら・・・

1万ドルは売却しても99万円分にしかならないので、1万円の損失になります。

1万通貨(1枚)で取引すると、1円の値動きで、1万円の損失が出てしまう

ということになります。

これは少し重たいので、その10分の1の1000通貨を基準とした取引をおすすめします。

1000通貨のケース

1000通貨であれば

米ドル/円 1ドル=100円のときに1万通貨の「買い」ポジションというのは

10万円で1000ドルを買う

ということになります。

1ドル=100円 → 1ドル=99円の円高になったら・・・

1000ドルは売却しても9万9000円分にしかならないので、1,000円の損失になります。

1000通貨で取引すると、1円の値動きで、1,000円の損失にしかならない

初心者のはじめのうちは負けが混むかもしれませんが・・・

1回の取引で多くても1,000円ぐらいの損失は、勉強代として許容すべき

と考えます。

10連敗したとしても、1万円の損失です。

それぐらい許容できなければ、到底FXで稼ぐことはできません。

何も考えずにトレードをしたとしても、基本的には「上がるか?」「下がるか?」しかありませんから、小学生がやっても、10連敗することなんて現実的にはありません。スプレッド(手数料)分があるので5勝5敗とは言いませんが、初心者がやっても、3勝7敗、4勝6敗ぐらいにはなるので、1000通貨であればかなりの取引経験ができるはずです。

1000通貨の取引で、取引経験を積みながら、利益が出る状態になってはじめて、「1000通貨」を「1万通貨」に増やして、トレードすれば良いのです。

FX会社には

  • 1万通貨からしか取引できないFX会社
  • 1000通貨から取引できるFX会社
  • 100通貨から取引できるFX会社

の大きく分けて3パターンがありますが、FX初心者の場合は、1000通貨から取引できるFX会社を選ぶと良いでしょう。

FX比較はこちら

デモ口座を利用した方が良いシチュエーションとは?

デモ口座を利用した方が良いシチュエーションとは?
woman
「じゃあ、デモ口座を活用するシチュエーションってあるんでしょうか?」
concierge

あります。

実は、初心者ではなく、中級者、上級者の方がデモ口座を利用すべきです。

何に使うかというと

取引ツールの操作性をチェックするため

だけです。

中級者、上級者になってくると

  • 取引ツールの操作性
  • 取引ツールの使いやすさ
  • 取引ツールの見やすさ
  • 取引ツールのテクニカル分析の数
  • 取引ツールの注文のしやすさ
  • 取引ツールの注文方法の種類
  • 取引ツールの自動売買
    ・・・

が、トレード成績に大きく影響を与えてしまいます。

自分のトレードスタイル、トレード手法が確立された中級者、上級者の場合、自分にあった取引ツールのFX会社を探す必要があります。

だからといって、現在利用中のFX会社ではない、別のFX会社のリアル口座を開設するためには、書類のやり取りなど、かなり面倒な手間がかかってしまいますし、ネットで完結できるとしても、自宅への郵送物がまた増えてしまうデメリットがあります。

そのときに、デモ口座は使えるのです。

結局、デモ口座には、それぐらいしか存在意義はないとも言えます。

まとめ

デモ口座とは?

  • FX会社が用意している無料でトレードが体験できる口座のこと。

デモトレードとは?

  • デモ口座を利用してFXトレードをすること。

FX初心者がデモ口座でトレードをはじめてはいけない理由は

  1. 心理的プレッシャーを練習できないから
  2. デモ口座の証拠金額が大きすぎて、感覚がマヒしてしまうから
  3. トレード環境はデモ口座とリアル口座で違うから

というものがあります。

これを知らずにデモ口座で練習を積めば積むほど、

間違った癖、間違った考え方

が身についてしまうのです。

そうならないためには

  • FX初心者であっても、いきなりリアル口座でトレードを始めること

が重要になります。

ただし、すぐに証拠金がゼロになってしまっては意味がありませんので

  • 1000通貨という最小取引単位でトレードをすることをおすすめします。

1000通貨であれば、1円の値動きがあっても、損失は1000円で済みます。

それぐらいの損失は、初心者の勉強代として許容しましょう。

concierge

1000通貨では物足りないという方もいるかもしれませんが、まずは1000通貨で証拠金を増やすことができてから、1万通貨やそれ以上の取引量にステップアップしましょう。

FXトレードをはじめる方の半分の方は、数か月以内に大勝してしまい、1年後に残っている方は1割~2割程度という世界です。本当に稼げる方は、それ以下になってしまいます。その中で勝ち残るためには、デモ口座で間違った癖をつけないようにしながらも、勝ちパターンを見つけるまでは、少額の取引で経験値を引き上げるべきなのです。

当然、FX会社を比較検討するときも、1000通貨から取引できるFX会社を選ぶ必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

おく先生

FX(海外FX中心)・バイナリーオプション・不動産投資など、投資歴10年、ほぼ投資だけでご飯を食べています。FXを中心として、様々な投資関連の情報を実際に実行しながら発信します。1000万円単位の失敗投資もたくさんしています。 FX資産額:3,000万円 保有不動産:2億円・7戸(戸建て中心) 借金:0円