マネーパートナーズ/パートナーズFX

目次

マネーパートナーズ/パートナーズFXとは

マネーパートナーズ/パートナーズFXとは

マネーパートナーズ/パートナーズFXは、株式会社マネーパートナーズが運営するFXサービスです。 株式会社マネーパートナーズは東証1部上場企業で口座数28万7842口座(2016/10時点)、証拠金残高591億3600万円(2016/10時点)と業界トップクラスの規模のFX会社です。

マネーパートナーズ/パートナーズFXの特徴は「矢野経済研究所のパフォーマンステストで7年連続となる100%の約定力」「2016年オリコン日本顧客満足度ランキング1位」「米ドル/円0.5銭」「トレードサポートツール『トレナビ』」「HYPER SPEEDは機能が豊富でテクニカル分析も可能」「ASストリーミング搭載」「24時間電話サポート」「豪ドルのスワップ金利は高めの設定」があります。

大きな特徴は、約定力N0.1を謳って、実際に外部のシンクタンクの矢野経済研究所の主要FX会社7社におけるFXサービスパフォーマンステストにおいて、7年連続100%を記録しているという点です。どれだけスプレッドが狭くても、スリッページが発生してしまうのであれば全く意味がなく、投資家のコスト負担が重くなってしまうからです。

そんな中、100%約定してくれるマネーパートナーズ/パートナーズFXは非常にありがたい存在で、取引ツールも高機能、さらに24時間電話サポートがあるなど、中級者以上の投資家におすすめできるサービス設計となっています。結果として、2016年オリコン日本顧客満足度ランキング1位にも選べれているのです。

一方で、中級者向けの高機能取引ツールは初心者には若干難しい面もあります。中級者以上の投資家におすすめできるFX会社です。

マネーパートナーズ/パートナーズFXキャンペーン情報

マネーパートナーズ/パートナーズFX口座概要

口座名パートナーズFX
往復総コスト(米ドル/円1万通貨取引時の最低コスト)30円
スプレッド・米ドル/円0.3銭
原則固定
スプレッド・ユーロ/円0.4銭
原則固定
スプレッド・ユーロ/米ドル0.3pips
原則固定
スワップ金利・米ドル/円20円
通貨ペア総数20ペア
初回入金規定なし
取引単位10,000通貨

マネーパートナーズ/パートナーズFXのメリット

  • 東証1部上場企業の安心感
  • 矢野経済研究所のパフォーマンステストで7年連続となる100%の約定力
  • 2016年オリコン日本顧客満足度ランキング1位
  • トレードサポートツール『トレナビ』
  • HYPER SPEEDは機能が豊富でテクニカル分析も可能
  • ASストリーミング搭載
  • 24時間電話サポート
  • 豪ドルのスワップ金利は高めの設定

マネーパートナーズ/パートナーズFXのデメリット

  • スプレッドは米ドル/円0.5銭はやや広めの設定
  • 初心者には若干扱いにくい高機能ツール
  • 豪ドル以外のスワップ金利は低め

マネーパートナーズ/パートナーズFXのおすすめポイント

concierge

おすすめのポイントは「スリッページなしの100%約定の実績があるFX会社」であることです。

FXトレードの経験値が上がれば上がるほど、重要なのはトレードコストであって、スプレッドでないことに気づきます。

スプレッドがどんなに狭くても、頻繁にスリッページが発生してしまえば、すべった分は投資家の損失につながる可能性が高く、注目したい価格と約定したい価格のズレはそもそものトレード戦略が破たんしてしまうからです。

その中で、マネーパートナーズ/パートナーズFXは外部のシンクタンクの矢野経済研究所の主要FX会社7社におけるFXサービスパフォーマンステストにおいて、7年連続100%を記録しているという点は大きなおすすめポイントになります。

指標発表時などスリッページが発生しやすいタイミングで重宝します。

トレード機能も、サクサク動いて、テクニカル分析などの機能も豊富なので、中級者以上の投資家におすすめできるFX会社と言えます。

マネーパートナーズ/パートナーズFXのおすすめできないポイント

concierge

約定力が高い分、スプレッドは他のFX会社よりもやや広めの設定となっています。スリッページが行らない分、スプレッドを広く取ってFX会社の収益を担保しているようなものです。

スプレッドの狭さにこだわる方にはおすすめできません。

マネーパートナーズ/パートナーズFXのスプレッド

スプレッドは大手のFX会社の中では広めの設定となっています。米ドル/円で0.5銭なので広すぎるというわけではありませんが、広い設定であることは間違えありません。

売買手数料(1万通貨・片道)無料
往復総コスト(米ドル/円1万通貨取引時の最低コスト)30円
スプレッド・米ドル/円0.3銭
原則固定
スプレッド・ユーロ/円0.4銭
原則固定
スプレッド・英ポンド/円0.9銭
原則固定
スプレッド・豪ドル/円0.6銭
原則固定
スプレッド・NZドル/円1.2銭
原則固定
スプレッド・ユーロ/米ドル0.3pips
原則固定

マネーパートナーズ/パートナーズFXの約定力

執行率は100%の実績を出しています。主要7社でのスリッページ発生率の比較でも、他のFX会社が2.5%~45.0%のスリッページが発生しているのに対して、マネーパートナーズ/パートナーズFXは驚異の0%です。約定力No.1を謳っている実力は伊達ではありません。

カバー先ユービーエス・エイ・ジー銀行、ゴールドマン・サックス証券株式会社、バークレイズ銀行、ドイツ銀行、コメルツ銀行、バンク・オブ・アメリカ・エヌ・エイ、ナットウエスト・マーケッツ証券会社、シティバンク、エヌ・エイ、JPモルガン・チェース銀行、大和証券株式会社、モルガン・スタンレー・アンド・カンパニー・インターナショナル・ピーエルシー、株式会社みずほ銀行、ビー・エヌ・ピーパリバ、クレディ・スイス・エイ・ジー、スタンダードチャータード銀行、三菱UFJ銀行、オーストラリア・アンド・ニュージーランド・バンキング・グループ・リミテッド銀行、ステート・ストリート銀行、ファストマッチ

マネーパートナーズ/パートナーズFXのスワップ金利

スワップ金利は業界平均水準の金利設定です。とくに豪ドルのスワップ金利が高めに設定されています。

スワップ金利・米ドル/円20円
スワップ金利・ユーロ/円-18円
スワップ金利・英ポンド/円41円
スワップ金利・豪ドル/円15円
スワップ金利・NZドル/円14円
スワップ金利・南アフリカランド/円11円
スワップ金利・情報取得日2019/11/18

マネーパートナーズ/パートナーズFXの通貨ペア

取引できる通貨ペアは少ない方です。メジャー通貨には対応しています。

通貨ペア総数20ペア
米ドル/円
ユーロ/米ドル
英ポンド/米ドル
豪ドル/米ドル
南アフリカランド/円
トルコリラ/円
中国元/円×

マネーパートナーズ/パートナーズFXの最低入金額、最小取引単位

初回入金額は0円からで、1000通貨からのトレードが可能です。最小取引単位は一般的な設定です。パートナーズFX nanoは100通貨ですが、パートナーズFXは1000通貨ですので混同しないようにしましょう。

初回入金規定なし
取引単位10,000通貨

マネーパートナーズ/パートナーズFX提供のFXニュース

FXi24
Market Win24
フィスコ
ロイター×
ダウ・ジョーンズ×
その他独自
ロスカット
ロスカットアラートメー

マネーパートナーズ/パートナーズFXのトレードプラットフォーム

使用システムマネーパートナーズ系(シンプレクス系)
ウェブブラウザ型/インストール型両方
Mac対応○(ブラウザ型のみ)
売買シグナル
システムトレード(リピート系発注機能を含む)
デモトレード・バーチャルトレード×

スマホ・モバイル対応

iPhone
Android
NTTドコモiモード×
auEZweb×
SoftBankYahooケータ×

利用可能な注文方法

現受け
通逆指値(ストップ)OCO,IFD,IFO注文
トレール注文

マネーパートナーズ/パートナーズFXのロスカット、アラートメール

ロスカット
ロスカットアラートメー
価格通知メール○(モバイル含む)
約定通知メール

マネーパートナーズ/パートナーズFXの入出金方法

日本円の入金手数料クイック入金サービスは無料
日本円の出金手数料会社負担(月5回まで)
クイック入金
ネットで出金
米ドルを証拠金にできる

マネーパートナーズ/パートナーズFXの実績、会社の信頼性

口座数33万6996口座(2019/09時点)[※マネーパートナーズ合計]
証拠金残高632億9300万円(2019/09時点)[※マネーパートナーズ合計]
自己資本規制比率390.8%(2019/09時点)
資本金31億円(2019/03時点)
証拠金の信託先三井住友銀行、みずほ信託銀行
決算の公開あり
上場株式会社マネーパートナーズグループ(東証1部【8732】)

マネーパートナーズ/パートナーズFXの実績、会社の口コミ評判

マネーパートナーズ/パートナーズFX

7.5

約定力・約定スピード

7.8/10

スプレッド・手数料の安さ

7.5/10

取引ツール使いやすさ・機能

7.7/10

情報の質と数

7.1/10

サポートの質

7.5/10

22 件の口コミ

  • 約定力・約定スピード

    8.00

    スプレッド・手数料の安さ

    6.00

    取引ツール使いやすさ・機能

    10.00

    情報の質と数

    8.00

    サポートの質

    7.00

    総合評価
    7.8点/10点
    満足

    FXトレード歴:5年~10年未満
    FX取引頻度:1日5回以上
    FX取引損益:150万円~200万円未満の利益
    取引ツールを利用するデバイス:PCインストール型
    FX運用額:50万円~100万円未満

    あなたのトレードスタイルに該当するものを選んでください。

    スキャルピングトレード
    デイトレード
    スイングトレード
    テクニカル分析

    FX会社を選んだ理由

    約定力が高いから
    取引ツールが使いやすいから
    為替情報が充実しているから

    選択したFX会社を利用していて良かった点・満足しているところ

    取引ツールの使いやすさが最もこの会社の口座を使っていていいなと感じる部分です。これまでいろいろなFX会社の口座を使ってきましたが、取引ツールに使いづらさを感じることが多く、結局この口座に戻ってきてしまいます。文字も見やすく、トレンドラインなども自分で設定できたりするので長時間取引を行う場合でもストレスなく集中することができます。また、スプレッドなどの手数料も特別安いわけではありませんが高くもないので頻繁にトレードする方以外は手数料は特に気にならないのではないでしょうか。ほんの少しの手数料の差で使いにくい口座を使うより、使いやすい口座を使う方が良い結果になりやすいと思うので、現状この口座で満足しています。

    選択したFX会社を利用していて悪かった点・不満

    取引をしていて、スリッページが発生することが増えてきているように感じます。スリッページが有利に発生することはほとんどなく、大体不利な方に約定してしまいます。特に経済指標が発表された直後などは使い物にならないほどスリッページが発生しますので相場が急変したタイミングでは新しく取引をしない方がいいかと思います。もっとも、スリッページが発生するのはどの会社の口座でもありますので、経済指標の前後で取引しないのであるのならば気にする必要はないかと思います。ほんの少しのスリッページも許容できないという方は、この口座は通常時でも1pips以下のスリッページは起こりますので別の口座を検討された方が良いかと思います。

  • 約定力・約定スピード

    9.00

    スプレッド・手数料の安さ

    10.00

    取引ツール使いやすさ・機能

    9.00

    情報の質と数

    10.00

    サポートの質

    7.00

    総合評価
    9点/10点
    とても満足

    FXトレード歴:2年~3年未満
    FX取引頻度:1日5回以上
    FX取引損益:50万円~100万円未満の損失
    取引ツールを利用するデバイス:PCインストール型
    FX運用額:30万円~50万円未満

    あなたのトレードスタイルに該当するものを選んでください。

    スキャルピングトレード
    デイトレード
    スイングトレード
    テクニカル分析
    ファンダメンタルズ分析

    FX会社を選んだ理由

    スプレッドが狭いから
    約定力が高いから
    為替情報が充実しているから
    セミナーやトレードテクニックなどの情報が豊富だから
    通貨ペアが豊富だから

    選択したFX会社を利用していて良かった点・満足しているところ

    為替情報が充実しており、速報や市場分析、経済指標の発表が速く確実に手に入ることが一番のメリット。経済指標の発表スケジュール、結果はもちろん、予想と結果の評価も通知してくれるため、相場に詳しくなれる。取引ツールが使いやすく、複数のチャートを並行して表示しながらも、タイムラグなく描画してくれ、そのまま取引できるのは、(現代では当たり前かもしれないが)とても便利。注文については各通貨のスプレッドが狭く、頻繁に売買しても、少しの値動きで利益が出せる。注文方法も豊富なのでif-doneやトレーリングストップを駆使して、確実に手堅く利益を得れる印象。キャンペーンをしょっちゅうやっており、当たる気はしないが、何とはなしに楽しめるのも良い。

    選択したFX会社を利用していて悪かった点・不満

    国内なので致し方ないが、レバレッジが低いため、少額での運用は少し厳しめ。週末になると、割と長い時間メンテナンスに入るため、あらかじめ注文を出しておきたい時に、すぐ注文ができないところが不満。(忘れなければ良いだけだが、たまに忘れて悲しいことになる。)どこの証券会社やアプリも同じかもしれないが、やはり、強い指標が発表される際にはスプレッドが大きくなり、約定力が落ちるところが不満ではある。指値が滑って損したり、決済できなかったりがあって、損失が発生したこともあるので、可能な限り対応してもらいたい。(自分の取引スタイルが悪いのは置いておいて。)更にいうと、チャートの描画もワンテンポ遅れたりすることもあるので、やはり、悲しいことになることが多い。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    おく先生

    FX(海外FX中心)・バイナリーオプション・不動産投資など、投資歴10年、ほぼ投資だけでご飯を食べています。FXを中心として、様々な投資関連の情報を実際に実行しながら発信します。1000万円単位の失敗投資もたくさんしています。 FX資産額:3,000万円 保有不動産:2億円・7戸(戸建て中心) 借金:0円