SBI FXトレード

SBI FXトレードとは

SBI FXトレードは、2011年に設立されたSBI FXトレード株式会社が運営するFXサービスです。SBIグループの会社で比較的運営歴の短いFX会社と言えます。

SBI FXトレードの特徴は「業界最狭水準のスプレッド米ドル/円0.27銭」「取引手数料無料」「SBIグループの信頼性」「インターバンクの声など情報コンテンツの質が高い」「1通貨から注文可能」などがあります。

大きな特徴は1万通貨までであれば米ドル/円で0.27銭の固定スプレッドですので、他のFX会社と比較しても1位、2位を争う狭いスプレッドと言えます。50万通貨までのスプレッドも0.29銭ですので他社よりも狭いスプレッド設定となっています。取引量が増えるとスプレッドも広がる設計になっているので50万通貨までの取引であれば非常にトレードコストを抑えられる特徴があります。

また、1通貨から取引が可能ですので、お小遣いレベルからFXが楽しめる初心者に優しいFX会社と言えます。

さらに「現役ディーラーのマーケット日記」「本日の経済指標の予想と結果」「現役ディーラー注目の経済指標」など情報コンテンツの質が高く、日記形式なので初心者でもわかりやすく、かつ質の高い情報が手に入ります。

スキャルピングトレードやデイトレードを50万通貨以内でトレードをするのであれば、おすすめのFX会社です。

SBI FXトレードキャンペーン情報

SBI FXトレード口座概要

口座名-
往復総コスト(米ドル/円1万通貨取引時の最低コスト)17円
スプレッド・米ドル/円0.17銭(ただし、取引数量によって変化)
~12/21までのキャンペーン
スプレッド・ユーロ/円0.49銭(ただし、取引数量によって変化)
スプレッド・ユーロ/米ドル0.38pips(ただし、取引数量によって変化)
スワップ金利・米ドル/円50円
通貨ペア総数26ペア
初回入金規定なし
取引単位1通貨

SBI FXトレードのメリット

  • SBIグループの信頼性
  • 1万通貨以内であれば業界最狭水準のスプレッド米ドル/円0.27銭
  • 50万通貨以内でも業界最狭水準のスプレッド米ドル/円0.29銭
  • 1通貨から注文可能
  • インターバンクの声など情報コンテンツの質が高い

SBI FXトレードのデメリット

  • 50万通貨を超えるとスプレッドが広がる
  • 通貨ペアが少ない
  • スワップ金利は低めの設定
  • 約定力やスリッページなどの情報公開が少ない

SBI FXトレードのおすすめポイント

concierge

おすすめのポイントは「米ドル/円で0.27銭の原則固定スプレッド」と「1通貨から取引が可能」「質の高い情報コンテンツ」の3点です。

大手証券会社は「米ドル/円で0.3銭の原則固定スプレッド」という会社が多いのですが、SBI FXトレードでは1万通貨まで0.27銭、50万通貨まで0.29銭ですので、大手証券会社と比較しても狭いスプレッドの設定となっています。

スキャルピングトレードやデイトレードなどトレード回数が増える投資スタイルの場合は、0.01銭の違いでも積み上がれば大きな差になってくるのです。狭いスプレッドのため、約定力が気になるところですが、それほど約定力も悪くない印象です。

また、1通貨からでも取引が可能で、インターバンクの現役ディーラーのトレード日記は非常にわかりやすく、参考になることが多い情報コンテンツです。

取引量の多い投資家にも、初心者の投資家にも、おすすめできる海外FX業者です。

SBI FXトレードのおすすめできないポイント

concierge

SBIグループのFX会社と言っても、まだまだ規模感は小さいFX会社です。そのため、スリッページ、約定スピードなどの情報公開が不足している印象です。

約定力にこだわる中級者以上の投資家にはおすすめできません。

SBI FXトレードのスプレッド

業界1位、2位を争う狭いスプレッドを提供しています。ただし、SBI FXトレードのスプレッドは取引量に応じてスプレッドの設定が異なるので、50万通貨を超える取引をする方にはおすすめできません。

売買手数料(1万通貨・片道)無料(1通貨単位も無料)
往復総コスト(米ドル/円1万通貨取引時の最低コスト)17円
スプレッド・米ドル/円0.17銭(ただし、取引数量によって変化)
~12/21までのキャンペーン
スプレッド・ユーロ/円0.49銭(ただし、取引数量によって変化)
スプレッド・英ポンド/円0.99銭(ただし、取引数量によって変化)
スプレッド・豪ドル/円0.69銭(ただし、取引数量によって変化)
スプレッド・NZドル/円1.19銭(ただし、取引数量によって変化)
スプレッド・ユーロ/米ドル0.38pips(ただし、取引数量によって変化)

SBI FXトレードの約定力

約定力に関する情報は不足しているため、判断がしにくいところです。体感ではそれほど約定力が低いとは思えません。

カバー先SBIリクイディティ・マーケット株式会社、バークレイズ・バンク・ピーエルシー

SBI FXトレードのスワップ金利

スワップ金利は低めの設定です。スワップ狙いのFX会社として不向きです。

スワップ金利・米ドル/円50円
スワップ金利・ユーロ/円-9円
スワップ金利・英ポンド/円29円
スワップ金利・豪ドル/円17円
スワップ金利・NZドル/円17円
スワップ金利・南アフリカランド/円11円
スワップ金利・情報取得日2019/11/19

SBI FXトレードの通貨ペア

取引できる通貨ペアは少ないです。ただし、メジャー通貨は取引可能です。

通貨ペア総数26ペア
米ドル/円
ユーロ/米ドル
英ポンド/米ドル
豪ドル/米ドル
南アフリカランド/円
トルコリラ/円
中国元/円

SBI FXトレードの最低入金額、最小取引単位

初回入金額は0円からで、1通貨からのトレードが可能です。1通貨からトレードができるので、初心者も安心してトレードをすることができます。

初回入金規定なし
取引単位1通貨

SBI FXトレード提供のFXニュース

FXi24
Market Win24
フィスコ×
ロイター×
ダウ・ジョーンズ×
その他独自
ロスカット
ロスカットアラートメー

SBI FXトレードのトレードプラットフォーム

使用システム独自
ウェブブラウザ型/インストール型両方
Mac対応×
売買シグナル
システムトレード(リピート系発注機能を含む)×
デモトレード・バーチャルトレード×

スマホ・モバイル対応

iPhone
Android
NTTドコモiモード
auEZweb
SoftBankYahooケータ

利用可能な注文方法

現受け×
通逆指値(ストップ)OCO,IFD,IFO注文
トレール注文

SBI FXトレードのロスカット、アラートメール

ロスカット
ロスカットアラートメー
価格通知メール○(モバイル含む)
約定通知メール

SBI FXトレードの入出金方法

日本円の入金手数料クイック入金サービスは無料
日本円の出金手数料会社負担
クイック入金
ネットで出金
米ドルを証拠金にできる×

SBI FXトレードの実績、会社の信頼性

口座数23万4937口座(2018/03時点)
証拠金残高577億552万4千円(2018/03時点)
自己資本規制比率1,563.7%(2019/09時点)
資本金4億8000万円(2019/11時点)
証拠金の信託先三井住友銀行、FXクリアリング信託株式会社
決算の公開あり
上場SBIホールディングス株式会社(東証1部【8473】)

SBI FXトレードの実績、会社の口コミ評判

SBI FXトレード

7.6

約定力・約定スピード

8.1/10

スプレッド・手数料の安さ

8.3/10

取引ツール使いやすさ・機能

8.0/10

情報の質と数

6.9/10

サポートの質

6.8/10

202 件の口コミ

  • 約定力・約定スピード

    6.00

    スプレッド・手数料の安さ

    10.00

    取引ツール使いやすさ・機能

    7.00

    情報の質と数

    6.00

    サポートの質

    6.00

    総合評価
    7点/10点
    満足

    FXトレード歴:3年~5年未満
    FX取引頻度:1日1回
    FX取引損益:10万円~20万円未満の損失
    取引ツールを利用するデバイス:スマホ/タブレット
    FX運用額:50万円~100万円未満

    あなたのトレードスタイルに該当するものを選んでください。

    スイングトレード

    FX会社を選んだ理由

    スプレッドが狭いから
    スワップ金利が高金利設定だから

    選択したFX会社を利用していて良かった点・満足しているところ

    私のトレードスタイルからオススメの理由を書きます。①1通貨からトレード可能。②スワップ金利が高め。の2点です。この会社に変えた一番の理由は、1通貨から取引が可能ということです。このことによってトレードの利益を細かく運用に回せるので収益をあげやすいです。2019年ではレバレッジは25倍なので大凡5円ほどあれば1ポジション持つことが可能です。1ポジションと言うと人によっては少なく感じると思いますが、それを1年、2年、5年と続けていくと必ず大きな差が生まれます。次に、スワップ金利が他の業者より高めだということです。このことからポジションにもよりますが、スイングトレードなどで長期間保有していてもマイナスになりにくく決済時にはトレードの収益の他にスワップ金利ももらえるのでそこもプラスに感じます。

    選択したFX会社を利用していて悪かった点・不満

    主にスマホやタブレットを利用してトレードをいているのでその観点から書きます。結論から言うと、現時点で大きな不満点などはありません。どの業者でもそうですが、ツールの操作や画面の見方などはある程度慣れが必要だと考えます。ですが、今まで利用してきた業者の中には、煮ても焼いても食えないようなモノもありました。それらと比べると、この会社のツールは遥かにマトモかと思います。次に、私のスタイルはスイングトレードなのでスリッページなどは気にしたことがないので分かりませんが、1pipsを争うようなスキャルピングなどメインにしている方にとってはどうなのかな?とは思う程度です。最後にお金を下ろす時に制限の廃止と掛かる日数が短ければいいなくらいでしょうか。

  • 約定力・約定スピード

    10.00

    スプレッド・手数料の安さ

    10.00

    取引ツール使いやすさ・機能

    8.00

    情報の質と数

    5.00

    サポートの質

    10.00

    総合評価
    8.6点/10点
    とても満足

    FXトレード歴:1年~2年未満
    FX取引頻度:1日1回
    FX取引損益:10万円未満の利益
    取引ツールを利用するデバイス:スマホ/タブレット
    FX運用額:10万円未満

    あなたのトレードスタイルに該当するものを選んでください。

    デイトレード

    FX会社を選んだ理由

    スプレッドが狭いから
    会社知名度が高く、信頼できるから

    選択したFX会社を利用していて良かった点・満足しているところ

    SBIFXトレードを利用していますが、一番良かったところは、1万円未満で始められた事です。株でいうところの、ミニ株です。1万円からのスタートなので、負けたら悔しいですけど、ゼロになってもマイナス1万円なので、自分のおこずかい内で始められました。精神的にも負担が少なく始めることができました。次に良かったと思えたところは、口座開設までがすぐに出来たところです。口座開設はスマートフォンのみで出来ました。少し話が逸れますが、始めは投資信託を始めようと思い、口座を開設しました。投資信託の運用実績を確認するためにサイトを確認していたところ、NISAや株、FXの申し込みができることが分かり、FXに興味を持ち始めることになりました。金融商品をトータルで扱っているところも満足しています。

    選択したFX会社を利用していて悪かった点・不満

    SBIFXトレードの不満な点としては、本当にやり始めの初心者には操作しずらく、サポートをもっとして欲しいと思いました。勉強してこいよ。と言われるかもしれませんが、初心者なので、用語がほとんど分かりません。例えば、私がそうでしたが、スワップやスプレッドの意味さえ分からない状態で始める方もいらっしゃると思います。そういった方にも分かるように、その用語をタップしたら説明する画面に移動するとか、「メニュー」内に用語説明のアイコンを設ける等のサービスが欲しいです。あとは、実際の使用する画面を使ってのボタン操作の説明も欲しいです。初心者はすべてが初めてなので、これでいいのか、ドキドキしながらボタンを押します。ただのワガママかもしれませんが、初心者に優しいサービスが欲しいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    おく先生

    FX(海外FX中心)・バイナリーオプション・不動産投資など、投資歴10年、ほぼ投資だけでご飯を食べています。FXを中心として、様々な投資関連の情報を実際に実行しながら発信します。1000万円単位の失敗投資もたくさんしています。 FX資産額:3,000万円 保有不動産:2億円・7戸(戸建て中心) 借金:0円