サクソバンク証券/アクティブトレーダーコース

[saxobank_active_sum_mini]

目次

サクソバンク証券/アクティブトレーダーコースとは

サクソバンク証券は1992年に設立、2008年に日本支店を構えたグローバルな欧州の大手証券会社です。本社はデンマーク、国内では比較的に知名度が高い外資系の証券会社です。「アクティブトレーダーコース」とは、インターバンク市場に直接アクセスできるFX口座のことです。他にもスタンダードなFX口座となる「スタンダードコース」が選択できます。

サクソバンク証券/アクティブトレーダーコースの特徴は、「NDD方式で直接市場にアクセスできる」「手数料がかかる」「最小スプレッドはゼロ」「53種類の通貨ペア」「多彩なCFDと株式銘柄」「トレール注文など豊富な注文方法」「月曜早朝3時から取引可能」「高い約定力」「MT4が使える」などです。

世界中の金融商品に投資ができたり、高性能の取引ツールが使えるなどのメリットがある一方では、初心者にはやや馴染みづらいFXサービスです。中級者以上の投資家におすすめです。

実績、会社の信頼

口座数-
証拠金残高-
自己資本規制比率581.9%(2020/06時点)
資本金4億9000万円(2020/08時点)
証拠金の信託先日証金信託銀行
決算の公開あり
上場-

サクソバンク証券の親会社はデンマークが本社のサクソバンクA/S(サクソバンクグループ)で、設立は1992年で実績が長いオンライン証券会社です。世界170国にて80万人以上の顧客を持ち、信託保全も採用、信頼性が高いFXサービスを提供しています。

日本の顧客数はまだそれほど多いわけではありませんが、独自のサービスで一定の投資家層から指示されています。

キャンペーン情報

サクソバンク証券では定期的に新規口座開設などのキャンペーンを開催しています。キャンペーンの数はあまり多くはありません。

最近の口座開設キャンペーンでは、口座開設プラス取引量に応じて最大で31,000円のキャッシュバックがもらえる内容となっています。最低でも5万通貨以上で3,000円のキャッシュバックとなるので、ハードル的には低い方です。

口座概要

口座名アクティブトレーダーコース
往復総コスト(米ドル/円1万通貨取引時の最低コスト)-
スプレッド・米ドル/円-
スプレッド・ユーロ/円-
スプレッド・ユーロ/米ドル-
スワップ金利・米ドル/円-9円
通貨ペア総数53ペア
初回入金200,000円
取引単位1,000通貨(※トルコリラ/円は5,000通貨、南アランド/円は50,000通貨など通貨ペアによって異なる。最低取引単位以上なら1通貨単位で取引可能)

サクソバンク証券/アクティブトレーダーコースのメリット

  • 大手外資系の証券会社なので安心
  • インターバンク市場で直接売買できる
  • 最小スプレッドはゼロと狭い設定
  • 53種類と通貨ペアが多い
  • 日本株式CFDは1,500銘柄
  • 世界中のCFD6,000銘柄
  • 大口注文可能
  • 高機能のMT4や本格的な多様なツールが使える
  • 月曜早朝3時から注文可能
  • スキャルピング公認

サクソバンク証券/アクティブトレーダーコースのデメリット

  • 手数料がかかる(0.001%~0.003%)
  • スタンダードコースよりは通貨ペア数が少ない
  • サービスや取引ツールは中級者以上向け
  • 初回入金額は20万円でハードルが高い
  • 外国株式CFDの小口取引は手数料が高い

サクソバンク証券/アクティブトレーダーコースの総合評価

teacher
サクソバンク証券/アクティブトレーダーコースを総合的に評価すると、「高度な取引ツールやマーケット情報」「最狭スプレッド・約定力」など最適なトレード環境を求める中級者以上の投資家におすすめのFXサービスとなります。
取引ツールはMT4以外でもサクソバンク証券独自の高度な取引ツールが使えます。他にもチャートパターンが自動検出できるオートチャーティストや、TradingViewを使った取引も可能です。システムの強さに定評があり、NDD方式なので約定力も高いです。スキャルピングもOKで、マルチモニターで本格的な取引をしたい投資家に満足できるサービスを低居うしています。
アクティブトレーダーコースは最狭クラスのスプレッドで取引が可能となる分、手数料がかかる点が大きなデメリットとなります。手数料は月間の取引平均金額に応じて0.001%~0.003%が課される仕組みになっています。
[saxobank_active_sum_mini]

サクソバンク証券/アクティブトレーダーコースの口コミ・評判

teacher
サクソバンク証券/アクティブトレーダーコースの口コミ・評判をTwitterからいくつかご紹介します。

良い評判

teacher
良い評判では、最近人気のETFがサクソバンク証券でしか買えないらしくて、12月(2020年)に入ってから「口座開設する!」「口座開設した!」というツイートが非常に多かったです。外国銘柄などが購入できることが魅力になっているようでした。あとは、サクソバンク証券の取引ツールを高く評価するツイートが目立ちました。

悪い評判

teacher
悪い評判では、株式に関して特定口座がなくて確定申告が必要だという声が目立ちました。他には、口座開設に時間がかかる、取引ツールが使いづらい、注文を間違えたなどの意見があるようでした。

サクソバンク証券/アクティブトレーダーコースの取引ルール

サクソバンク証券/アクティブトレーダーコースの取引ルールは以下のようになります。

通貨ペア

通貨ペアは53種類、平均水準よりも多いことがメリットです。

通貨ペア総数53ペア
米ドル/円など基本7通貨ペア
ユーロ/米ドル
英ポンド/米ドル
豪ドル/米ドル
南アフリカランド/円
トルコリラ/円
中国元/円×

レバレッジ、最低入金額、最小取引単位

最低レバレッジは25倍、最低入金額は20万円とハードルは高めです。

最大レバレッジ25倍
初回入金200,000円
取引単位1,000通貨(※トルコリラ/円は5,000通貨、南アランド/円は50,000通貨など通貨ペアによって異なる。最低取引単位以上なら1通貨単位で取引可能)

ロスカット、アラートメール

ロスカット基準 = 証拠金維持率100%(証拠金使用率100%)
ロスカット
ロスカットアラートメール
価格通知メール○(モバイル含む)
約定通知メール×

入出金方法

入出金の手数料は無料。クイック入金以外は手数料がかかります。出金は月3回まで無料です。

日本円の入金手数料クイック入金サービスは無料
日本円の出金手数料会社負担(月3回まで)
クイック入金
ネットで出金
米ドルを証拠金にできる×

規約違反

サクソバンク証券は両建てOK、ただし「両建てモード」「FIFOモード」と両建ての決済方法を設定しおく必要があります。スキャルピングは公式サイトにて「歓迎」と明言しています。堂々と安心してスキャルピングに取り組める数少ない証券会社の1つです。

サクソバンク証券/アクティブトレーダーコースのスプレッド

スプレッドは最小ゼロスプレッドで狭めの設定になっています。アクティブトレーダーコースでは、別途手数料が取引金額の0.001~0.003%が課されますので注意して下さい。

売買手数料(1万通貨・片道)32円(1,000通貨単位は3円)(約定金額の0.003%・米ドル/円=106円で算出)
往復総コスト(米ドル/円1万通貨取引時の最低コスト)-
スプレッド・米ドル/円-
スプレッド・ユーロ/円-
スプレッド・英ポンド/円-
スプレッド・豪ドル/円-
スプレッド・NZドル/円-
スプレッド・ユーロ/米ドル-

サクソバンク証券/アクティブトレーダーコースの約定力

基本的にNDD方式を採用していますので、約定拒否はありません。外資系であるため提携先の金融機関も多いため有利な価格で約定しやすいメリットがあります。スリッページも少なく、大口の注文でも約定しやすいのが強みになっています。サクソバンクは約定力に力をいれている証券会社です。

カバー先SAXOBANK

サクソバンク証券/アクティブトレーダーコースのスワップポイント

スワップポイントは業界平均水準よりも低めの設定です。通貨ペアによっては他社より高めのスワップポイントが付与されることもあります。

スワップ金利・米ドル/円-9円
スワップ金利・ユーロ/円-35円
スワップ金利・英ポンド/円-28円
スワップ金利・豪ドル/円-13円
スワップ金利・NZドル/円-11円
スワップ金利・南アフリカランド/円6円
スワップ金利・情報取得日2020/08/18

サクソバンク証券/アクティブトレーダーコースの取引ツール

サクソバンク証券では自社の取引ツールに加えて多種多様な取引ツールが利用できることが最大のメリットです。それぞれの投資スタイルに合わせて使い勝手がよいものを選べます。

  • 自社ツール →SaxoTraderGo(ブラウザー版)
  • 自社ツール →SaxoTraderPRO(インストール版)
  • MT4 (インストール版)
  • TradingView(ブラウザー版)
  • マルチチャート(自動売買専用取引ツール)
  • Saxo API(投資家独自の取引ツールにデータを提供)
  • オートチャーティスト(相場予想ツール)
使用システムSAXO系
ウェブブラウザ型/インストール型両方
Mac対応○(ブラウザ型のみ)
売買シグナル
システムトレード(リピート系発注機能を含む)×
デモトレード・バーチャルトレード

SaxoTraderPRO

SaxoTraderPRO

https://www.home.saxo/ja-jp/platforms/saxotraderpro

「SaxoTraderPRO」はマルチディスプレイ対応のパワフルな取引ツールです。マルチディスプレイでより多くの情報を得ながら取引する本格派におすすめです。

50種類以上のインジケーター、描画やテキスト入力、板情報、豊富なマーケット情報にて絶好の取引チャンスを逃しません。

MT4

MT4

https://www.home.saxo/ja-jp/campaigns/mt4

「MT4」はメタトレーダー4とも呼ばれる、海外FXでは主流の取引ツールです。MT4を取り扱う国内のFX会社はほとんどないため、MT4が使いたくて口座開設する投資家も少なくないようです。

すでにインストールされているインジケーターは60種類ぐらい。さらに、世界中の投資家のEAやインジケーターの挿入も可能で、チャートのカスタマイズ性や拡張機能にも優れています。MT4はそれこそ無限の可能性を秘めた取引ツールだといえます。

teacher
サクソバンク証券では、複数のデバイスやマルチディスプレイなどで、性能にこだわりたい投資家に満足できる高度な取引ツールが用意されています。デモトレードで試してみることも可能なので、使い勝手を見てみるといいでしょう。

オートチャーティスト

オートチャーティスト

https://www.home.saxo/-/media/documents

「オートチャーティスト」は国内のFX会社では今のところ採用しているところがありません。高性能の相場予想ツールで、海外でもまだ数えるほどのFX会社でしか導入されていない最新の分析ツールです。

トライアングルやウェッジなど16種類のチャートパターン、レジスタンスラインなどの主要ライン、さらに6種類のフィボナッチパターンを自動検出してくれる優れものです。

サクソバンク証券/アクティブトレーダーコースの取引アプリ

スマホやタブレットでも便利に取引アプリ「SaxoTraderGo」や「MT4」が使えます。iOS、Androidと双方に対応しています。

iPhone
Android
NTTドコモiモード×
auEZweb×
SoftBankYahooケータ×

SaxoTraderGo

SaxoTraderGo

https://www.home.saxo/ja-jp/platforms/saxotradergo

「SaxoTraderGo」はスマホやタブレットでも優れたテクニカル分析が可能な万能の取引ツールです。その他のツールに比べるとシンプルな仕様になっていて操作しやすいのが特徴です。オートチャーティストを搭載しています。使い方ガイドも公式ページから確認できます。

teacher
小さな画面に多機能が集約されているため、若干見づらい感があるのは否めません。PCの取引ツールの補足用として使うのがおすすめです。

サクソバンク証券/アクティブトレーダーコースのFXニュース・セミナー

サクソバンクではFXニュースの配信やセミナー、教育コンテンツなどはあまり充実していません。

FXニュースはFXi24と自社情報が配信されます。無料セミナーは最近になって開催され始めたようですが、今のところ株式CFDに関する内容となっています。ニュースや教育コンテンツ、マーケット情報などは各自で準備する必要があります。

FXi24
Market Win24×
フィスコ×
ロイター×
ダウ・ジョーンズ×
その他その他
teacher
サクソバンク証券は、その他多くのFX会社のように、初心者でも1から学べますよといったFXサービスではありません。そのかわり、圧倒的な商品数と機能に優れた各種取引ツール・分析ツールが提供されています。

アクティブトレーダーは手数料がかかるものの、最狭スプレッドと高い約定力と短期トレードに有利な条件が揃っています。スキャルピングなど中級者以上の短期トレーダーに満足できるFX会社でしょう。

[saxobank_active_sum_mini]

サクソバンク証券/アクティブトレーダーコース

7

約定力・約定スピード

7.0/10

スプレッド・手数料の安さ

7.0/10

取引ツール使いやすさ・機能

7.0/10

情報の質と数

7.0/10

サポートの質

7.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

FX(海外FX中心)・バイナリーオプション・不動産投資など、投資歴10年、ほぼ投資だけでご飯を食べています。FXを中心として、様々な投資関連の情報を実際に実行しながら発信します。1000万円単位の失敗投資もたくさんしています。 FX資産額:3,000万円 保有不動産:2億円・7戸(戸建て中心) 借金:0円