FX初心者は絶対に知っておくべきFXのリスク10選

woman
「FXをはじめてみようかな。」
「FXで友達が稼いだいるらしい。」
「数日前に口座開設したばかり」
・・・

とFXをはじめるかはじめないか?検討している初心者の方は、まず「FXのリスク」を正確に知ることをおすすめします。資産運用というと、リスクがないように聞こえてしまいますが、FXは元本保証がされていない元本毀損のリスクがある投資家のです。リスクを知らずにFXトレードをすることが最大のリスクなのです。

FX初心者が知っておくべきFXのリスク

為替変動リスク

世界中で日々、通貨は売買されています。投資家も売買しますし、銀行や保険買いSなどの機関投資家も売買します。海外の企業と取引する輸出企業や海外の企業を買収したい日本の企業なども、ドルでないと取引ができないので、日本円をドルに変えるのです。海外旅行に行く個人も両替をします。

世界中でありとあらゆる人が通貨の売買を日常的に行っているのです。だからこそ、為替相場は常に変動しています。

「米ドル/円」だけで見ても

米ドル/円の為替レートの推移

2011年には「1ドル=80円」を切っていましたが、2007年や2015年には「1ドル=120円」にもなっていたのです。

  • ドルを買いたい人が売りたい人よりも増える → ドル高/円安
  • ドルを売りたい人が買いたい人よりも増える → ドル安/円高

ということになるので、この売買が日夜行われているからこそ、為替相場というのは変動するのです。

FXトレードは「為替差益」を狙う投資です。

「1ドル=80円」のときに1万ドル購入していて
「1ドル=120円」のときに1万ドル売却すれば

「40万円の儲け」です

しかし、

「1ドル=120円」のときに1万ドル購入していて
「1ドル=80円」のときに1万ドル売却すれば

「40万円の損失」です。

儲かる時もあれば、損をする時もあるのです。

為替レートの変動予測が上手くいかない時は、為替変動による損失「為替差損」が発生してしますことがFXトレードの最大のリスクと言っていいでしょう。

レバレッジリスク

FXトレードは「外国為替証拠金取引」という正式名称です。

「証拠金取引」というのは、FX会社に預託する資金「証拠金」が少なくても、その何倍もの取引ができることを言います。

日本の国内FX会社の場合は

  • 個人投資家:最大25倍のレバレッジ
  • 法人投資家:最大200倍のレバレッジ

まで設定可能です。

「1ドル=100円」のときに1万ドル購入したいとしたら

普通に銀行での両替(レバレッジ1倍)であれば「100万円」必要になります。

しかし、FXトレードであればレバレッジは最大25倍ですから

「1ドル=100円」のときに1万ドル購入したいとしたら、25分の1(4%)の「4万円」でトレードができるのです。

これはFXトレードの大きなメリットであり、醍醐味なのですが

「1ドル=100円」 → 「1ドル=96円」に変動した場合

レバレッジ1倍(両替、外貨預金)
man
「資金が100万円から96万円に減っちゃったね。4万円損しちゃったよ。」

ですが

レバレッジ25倍(FXトレード)
man
「預けた資金4万円が0円になってしまった。ゲームオーバーだ。」

となってしまいます。

レバレッジがあるからこそ、少額資金でも高額な取引が可能で、大きく儲けられるメリットがあるのですが、その分、少しの為替変動で投資資金がなくなってしまうリスクもあるのです。

強制ロスカット・追証リスク

FXトレードでは、レバレッジがあるため、少しの為替変動で投資資金がなくなってしまうリスクがあると解説しました。

例:4万円の資金でレバレッジ25倍で、1万ドルの取引をしていた場合

「1ドル=100円」 → 「1ドル=96円」に変動すると

  • 4万円分の損失 → 資金は0円

「1ドル=100円」 → 「1ドル=95円」に変動すると

  • 5万円分の損失 → 資金は-1万円

となってしまいます。

資金がマイナス1万円というようにマイナス残高になってしまうと、FX会社は顧客に損失補てんを求める「追証(おいしょう)」をしなければなりません。
consultant
口座残高がマイナスになっているだから、追加で払ってよ。」

というのが「追証(おいしょう)」です。

この追証の金額は、投資家の借金(債務)になってしまいます。

追証という制度があるため、預けた投資資金よりも損をする可能性があるのです。これも大きなFXトレードのリスクなのです。

追証はFXトレードにおける大きなリスクですので、それを回避するためにFX会社は証拠金が一定金額を割り込んだら、強制的に保有している通貨を売って(ポジションを解消して)、FXトレードをしていない状態に戻します。

これを「強制ロスカット」と言います。

「強制ロスカット」は「追証」を発生させないための措置です。

証拠金が一定金額を割り込んだらの割合のことを「ロスカットレベル」と言います。

ロスカットレベル0%のFX会社の場合

証拠金維持率が0%を割り込んだら、強制ロスカットされる

前述の例では

4万円で1万ドルの通貨を保有 → 1ドル「100円 → 96円」になったら強制ロスカット

証拠金維持率 : 0円 / 必要証拠金4万円 = 0%

ロスカットレベル50%のFX会社の場合

証拠金維持率が50%を割り込んだら、強制ロスカットされる

前述の例では

4万円で1万ドルの通貨を保有 → 1ドル「100円 → 98円」になったら強制ロスカット

証拠金維持率 : 2万円 / 必要証拠金4万円 = 50%

つまり、ロスカットレベルの高いFX会社の場合は、資金が0円になる前に強制ロスカットされてしまうのです。自分のタイミングではないときに強制的にポジションを解消されてしまうリスクがあります。

金利変動リスク

man
「FXなのに金利??」

と思う初心者の方も多いかと思いますが、FXトレードで儲ける方法には「為替差益」だけでなく、「スワップ金利(スワップポイント)」と呼ばれる金利も含まれるのです。

スワップ金利とは

為替売買での2国間の金利差によって得られる利益のこと

を言います。

「豪ドル/日本円」で「買い」のFXトレードをするとなれば

金利が高い「金利1.5%」の豪ドルを
金利が低い「金利0.1%」の日本円で購入する

のですから

金利差 = 1.5% - 0.1% = 1.4%

です。

この年率1.4%の利息が、FXトレードでも受け取れるのです。
man
「ちょっとまって、国の金利って何?銀行の預金金利ならわかるんだけど・・・」

という方も多いかとと思います。

国の金利 = 世界各国の政策金利のこと

を意味します。

政策金利とは

中央銀行(日本で言えば日銀)が、民間銀行に融資する際の金利

のことです。

個人が民間銀行に預金するときの金利は、この政策金利に連動するのです。

政策金利が高金利だったら、民間銀行は日銀から借りるのではなく、個人から少し低い金利で調達した方が良いからです。

政策金利 ≒ 民間銀行への預金金利

ですので、FXトレードで、日本のような低金利通貨から、豪ドルやトルコリラのような高金利通貨を買うと2国間の金利差分の利息が受け取れるのです。

各国の政策金利一覧

※2017年5月時点

man
「じゃあ、メリットであってリスクじゃないじゃん。」

と思ってしまいますが、FXトレードは「買い」から入ることもできますが、「売り」から入ることもできるのです。

豪ドル/日本円の「買い」だったら

  • 金利差 年率1.4%分のスワップ金利がもらえる

豪ドル/日本円の「売り」だったら

  • 金利差 年率1.4%分のスワップ金利を支払う

ことになります。

スワップ金利は、プラスの時もあれば、マイナスの時もあるのです。スワップ金利がマイナスの通貨ペアでFXトレードをつづけた場合、「為替差益」「為替差損」とは別のところで、資金が目減りしていってしまうのです。これもFXトレードで知っておくべきリスクと言えます。

流動性リスク

為替に限らず「売買」というのは「売りたい人」と「買いたい人」がいて、成立するものです。

「売りたい人」100人と「買いたい人」0人なら、売買は成立しません。

「米ドル」「日本円」「ユーロ」など、世界中で影響を与えるメジャー通貨であれば、常に買いたい人も、売りたい人も、何百万人、何千万人、といるので売買が成立しないということは、ほとんど起こりえません。

この状態を「流動性が高い」と表現します。

しかし、「南アフリカランド」「ニュージーランド・ドル」というようなマイナー通貨は、「売りたい人」も「買いたい人」も、メジャー通貨と比較して圧倒的に少ないのです。

この状態を「流動性が低い」と表現します。

流動性が低い通貨ペアでトレードをしていると

man
「買いたい価格で注文したのに・・・買えた価格はちょっと高い価格になっていた。」

ということが往々に起こるのです。

他にも

  • 新規注文できない
  • 決済注文できない
  • 為替レートが提示されていない
  • 取引制限措置が取られる

ということも起こりうるのです。

取引できないという状態はマイナー通貨であっても、めったに起きませんが、流動性が低い通貨ペアでトレードをしていると、小さな経済ニュースがあったり、大口の注文が入ったりするだけで、暴落、急騰が起こりやすいのです。

取引している人が少ないので、為替レートの変動も急激に変動しやすい(ボラティリティが高い)状態になってしまいます。これもFX初心者の方には大きなリスクと言えます。

スリッページリスク

FXトレードでは「スリッページ」というものが発生する可能性があります。

スリッページとは

注文した価格と実際に約定された価格が違っていること

を言います。

「1ドル=100.555」のときに「買い」の注文をしたのに、実際に約定されたのは「1ドル=100.575」だった。

というときに「スリッページが発生した。」「すべった。」と表現されるのです。

このケースでは購入した価格が注文時よりも割高になっているのですから、損をしています。

スリッページが発生する要因は

  • FX会社のサーバーが弱くて、注文から約定にタイムラグがあった。
  • 指標発表時など顧客の注文が集中し、処理できなかった。

などが考えられます。

為替レートはミリ秒単位で変動しているため、コンマ1秒でも、約定の処理が遅れると価格がずれてしまうのです。
concierge
FXトレードで安定した勝率を出すためには、自分の買いたい価格で買える、売りたい価格で売れることが重要になり、「スリッページが起こりにくいFX会社(約定力の高いFX会社)」が重宝されているのです。

システム障害リスク

FXトレードでは、パソコン、スマホ、タブレットを利用してトレードをします。以前は証券会社の担当者に電話で注文する時代もあったのですが、現在はほぼインターネットでの取引と言っていいでしょう。

  • パソコン、スマホ、タブレットが壊れた。
  • パソコン、スマホ、タブレットの通信手段(光回線やwifi)が途絶えた。

など、ネット環境やデバイスに障害が起きてしまったら

  • 新規注文はできない
  • 決済注文もできない
  • 現在のポジションの状況も確認できない

ということになりかねないのです。

しかも、システム障害の発生個所は「投資家」のネット環境だけではありません。

  • FX会社の利用しているサーバーがダウンした。
  • FX会社が提供している取引ツールのシステムが壊れた。

など、FX会社側のシステム障害によって、FXトレードができなくなるケースもかなりあるのです。

man
「本当は○○円で売却したかったのに。システムダウンしてトレードができず損失が出てしまった。」

ということも起こり得るのです。

システム傷害リスクも、FX初心者は考慮しておく必要があります。複数のFX会社の口座を持っておくことや自分のデバイスもPCとスマホを併用する等、万が一の時でもトレードが継続できる方法を準備しておく必要があります。

資産保全リスク・FX会社の信頼性リスク

consultant
FX会社が倒産したら、顧客資金はどうなってしまうのでしょうか?
FX会社の経営が悪化していて、顧客資金がFX会社の損失の補てんに使われていたらどうなってしまうのでしょうか?

FXトレードでは、FX会社の信頼性も重要な要素となります。

幸い、日本では2010年から「信託保全」がすべてのFX会社に義務付けられました。

信託保全とは

FX会社の経営にかかる資金と顧客が預託している資金は分けて、顧客資金wを信託銀行に預けます。万が一、FX会社が倒産した場合には、信託銀行が顧客へ投資資金を全額返金してくれる資金保全方法のこと

を言います。

concierge

日本のFX会社であれば、資産保全リスクについては問題ないと考えましょう。

ただし、海外FX会社などの場合は、信託保全は義務付けられておらず、FX会社の独自の基準に基づいて行われているため、注意が必要です。

まとめ

FX初心者が知っておくべきFXのリスクには

  1. 為替変動リスク
  2. レバレッジリスク
  3. 強制ロスカット
  4. 追証リスク
  5. 金利変動リスク
  6. 流動性リスク
  7. スリッページリスク
  8. システム障害リスク
  9. 資産保全リスク
  10. FX会社の信頼性リスク

があります。

concierge
これらのリスクを理解したうえで、リスクを軽減・回避しながら、儲けるのがFXトレードです。FX初心者の方は、まずは「FXトレードにはこんなリスクがあるんだ。」ということを理解したうえで、個別に回避策や軽減策を身につけていくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です