FX自動売買の種類。種類別の特徴・メリットデメリット

最近では自動売買を提供するFX会社が増えてきました。FX自動売買は、シンプルに注文の設定をして自動でトレードするものや、上級トレーダーのストラテジーが選択できるものなど様々な種類があります。それぞれのレベルや目的・要望に合わせて、自動売買を活用していけます。

自動売買にはどのような種類があるのか、どんな自動売買が自分には合っているのか疑問に思う方は多いでしょう。

teacher
今回は自動売買の種類を紹介しながら、特徴やメリット・デメリット、どんな人におすすめなのかなどをわかりやす解説していきます。自動売買をこれから始めたい方はぜひ参考にして下さい。

FX自動売買の種類

FX自動売買の種類

FX自動売買には様々なタイプがあることから、いざ使ってみたいと思った時にどんな種類を選べばよいのか戸惑ってしまいますよね。

自動売買は5つの種類に分けることができます。

  1. リピート型
  2. 選択型
  3. MT4・MT5選択型
  4. 設定型
  5. プログラム型

どのように自動売買を活用したいのか、トレードのレベル、それぞれの目的・要望によって使いやすくて最適な自動売買が異なります。

teacher
まずは、FXトレードのレベルごとに選ぶ目安を簡単に見ておきましょう。
☆あまり経験がない初心者

あまり経験がない初心者の方は、チャート分析が苦手な初心者、なかなか勝てない初心者の方は選ぶだけでトレードしてくれる選択型がおすすめです。

☆裁量トレードの経験がある初心者~中級者

裁量トレードの経験がある初心者や中級者の方は、一定の条件で注文を繰り返してくれるリピート型がおすすめ。注文の手間を省くために活用することができます。

☆MT4が操作できる中級者~

MT4をすでに使っている方や、トレードに慣れている中級者の方にはMT4選択型を活用する方法もあります。

☆経験豊富な中級者~上級者

自分でトレードの条件を設定したい経験豊富な中級者~上級者の方は設定型が便利です。独自のトレード戦略に沿ってストラテジーがプログラミングなしで作成できます。

☆プログラミングがわかる上級者

プログラミングの知識がある上級者は、プログラミング型自動売買で自分でストラテジーを自由自在に作成することが可能です。

共通するメリット・デメリット

5種類の自動売買は仕組みや用途、使い方が異なるのですが、どのようなタイプであっても共通するメリット・デメリットがあります。

メリット

  • 24時間自動で取引してくれる
  • 放置していても稼ぐことができる
  • レンジ相場に強い

デメリット

  • 必ず勝てるわけではない
  • 完全に放置するのは危険
  • ファンダメンタルが考慮できない
teacher
それでは、5種類の自動売買の特徴やメリット・デメリットをそれぞれ詳しく解説していきます。

リピート型 自動売買

リピート型 自動売買

リピート型の自動売買とは、

相場が上下する特性を活かして、一定の値幅で売買を繰り返していくリピート注文機能のことです。リピート型の自動売買は、リピート発注、リピート注文などとも呼ばれている自動売買です。

リピート型の特徴

通貨ペアの種類に限らず、為替レートは上昇したり下降したりと上下しながら動いていきます。一気に上昇・下降に向かうこともあれば、一定の価格帯の中で上下を繰り返すレンジ相場も少なくありません。

レンジ相場では大きな値幅が狙いづらいものの、上昇や下降の転換ポイントが読みやすくなります。一定の価格帯の中で売買をこまめに繰り返すことで、まとまった利益を得ることが可能ですよね。

レンジ相場でのトレードに最適なのがリピート型自動売買なのです。リピート型では「30pips」「20pips」など値幅を設定することで、相場が上下する波に沿って売買を自動で繰り返すことができます。
例えば、上図のようにドル円が100.40円と100.00円の間で上下して推移しているとします。確実に触れると思われるレートが「100.30円」と「100.20円」で、値幅は「10pips」あたりです。そこで、「10pips」の値幅を設定しておけば、「100.30円で売り」「100.20円で買い」を繰り返してくれるのです。
代表的なリピート型には、
などがあります。iサイクル2のようにリピート型は自動売買の口座を開設しなくても、注文機能として使える場合もあります。

リピート型のメリット

  • 相場は基本的に上下する傾向にあり利益が狙いやすい
  • レンジ相場でも売買を繰り返すことで大きな利益になる
  • 裁量トレードの補足ツールとしても使える

リピート型のデメリット

  • 急激な上昇・下降の局面には弱い
  • トレンド相場では効率が悪い
  • 手数料が高いFX会社もある
teacher
レンジ相場にて、わざわざ1回1回の注文を手動で行わななくとも自動で寝ている間も稼げることがメリット。一方では全面的にリピート注文のみに依存するのは、効率が悪くなる可能性もあります。レンジ相場への対応策として裁量トレードの補足ツールとして使うのがおすすめです。

選択型 自動売買

選択型 自動売買

選択型の自動売買とは、

数あるプログラムやストラテジーの中から、利用したいものを選択するだけで自動売買トレードができるものをいいます。リストから各ストラテジーの取引履歴や過去の成績、フォロワー数などが確認できるようになっています。

選択型の特徴

選択型は、プログラムを自分で組み込んだり、トレード条件を設定したりしなくても、ストラテジーを選ぶだけで簡単に自動売買トレード始めることができます。FX会社ごとにストラテジーのリストが用意されていて、ユーザーはリストからストラテジーを検索して条件に合ったもの・成績が良いものが選べる仕組みになっています。

成績ランキングやフォロワー数ランキングから選ぶこともできます。気になるストラテジー名をクリックすると、詳細が確認できるようになっています。詳細を確認した上で選択できるので安心です。

自動売買ストラテジーを提供しているトレーダーの多くは、トレード実績がある上級トレーダーです。トレードに自信がない初心者でも、選択するだけで上級レベルのトレードが実現できることが大きなメリットです。
選択型の特徴

ストラテジー名をクリックすると、通貨ペア、取引履歴、成績グラフ、ストラテジータイプ、最大損失額などの詳細が表示されます。利用したいストラテジーが決まったら、「フォロー」「追加」ボタンを押して、起動させます。

代表的な選択型の自動売買には、

などがあります。

選択型のメリット

  • 初心者でも選択するだけで上級レベルのトレードができる
  • 数100種類の多彩なストラテジーから選べる
  • ストラテジーを参考に学ぶことができる

選択型のデメリット

  • 過去のデータは確認できても将来の成績は保証されない
  • 手数料が高いFX会社もある
  • 最低取引量が大きめのFX会社もある
teacher
トレード経験がない初心者や、なかなか勝てないと悩んでいる中級者でも、比較的に簡単な設定で上級レベルのトレードが始められるメリットがあります。ただし、絶対に勝てるとの保証はないため、定期的に運用状況を確認して見直しが必要です。

MT4・MT5選択型 自動売買

MT4・MT5選択型 自動売買

MT4・MT5選択型の自動売買とは、

トレードプラットフォームMT4・MT5で利用できる自動売買/EAのことです。MT4・MT5では無料・有料のEAをインストールして使うことができます。

MT4・MT5選択型の特徴

選択型でも中級者以上におすすめなのがMT4・MT5の自動売買です。MT4・MT5は海外で主流となっているFXトレードプラットフォームで、優れた機能と性能の高さで国内でも人気があります。国内でMT4・MT5が利用できるFX会社はごく限られていますが、外資系FX会社・楽天など複数のFX業者にて提供されています。

MT4・MT5ではEA(Expert Adviser/エキスパート・アドバイザー)と呼ばれる自動売買が標準搭載されています。MT4・MT5を提供するFX会社の口座を開設するとダウンロードして使えるようになります。

無料・有料と100種類以上の多彩なEAが用意されていて、好きなものを選択してインストールすることが可能です。世界中のEAからグレードが高いもの、人気があるものを選択して自動売買が開始できます。

MT4・MT5のマーケットにてEAを探すことができます。検索欄に「無料」「人気」などとキーワードを入力して探すこともできます。気になるEAのアイコンをクリックすると成績やレビューなどの詳細が確認できます。バックテスト機能を使ってシミュレーションすることも可能、まずはデモ版や無料版で試してみるのがおすすめです。

口座開設しなくともMT4・MT5のダウンロードは可能です。

MT4・MT5を提供するFX会社は、

MT4・MT5選択型のメリット

  • 高性能のMT4・MT5で自動売買ができる
  • 多彩な種類のEAから選択できる
  • 無料版やデモ版、バックテスト機能で試してみることができる

MT4・MT5選択型のデメリット

  • MT4・MT5を提供するFX会社は少ない
  • MT4・MT5の操作方法が複雑で難しい
  • 人気のEAほど高額になる傾向
teacher
MT4・MT5をすでに使っている方や、中級者以上でトレードプラットフォームの扱いに慣れている方におすすめです。MT4・MT5の操作自体がやや複雑となるため、初心者の方にはおすすめできません。

設定型 自動売買

設定型 自動売買

設定型の自動売買とは、

プログラミングが不要で、オリジナルのストラテジーが作成できる自動売買のことです。このタイプは選択型やリピート型に比べると難易度が高くなるため提供しているFX会社が少なくなります。

設定型の特徴

設定型は、それぞれのトレード戦略に合わせて自分でトレード条件やロジックが設定できるのが特徴です。プログラミングの知識がなくとも、専用のツールにてクリック操作で各種設定を行うことで自動売買プログラムが完成します。

テクニカル指標や各種ラインなどを目安に売買を行ったり、値幅設定やレートの設定、注文方法の指定も可能。複数の取引が同時に組み込めるタイプの設定型もあります。

リピート型では物足りない、十分ではないという中級者以上の投資家に使われています。裁量トレードの手間や時間を省いて、効率よく稼ぐことができます。

例えば、移動平均線やボリンジャーバンド、CCI、MACDなどの主要インジケーターを目安に売買注文を設定することが可能です。「発注開始」と「停止」の切り替えが簡単にできますので、裁量トレードと併用して活用することができます。

代表的な設定型の自動売買には、

などがあります。

設定型のメリット

  • トレード戦略に合わせてストラテジーが作成できる
  • プログラミングの知識が必要ない
  • 裁量トレードと併用して活用していける

設定型のデメリット

  • FX会社によって設定可能な項目が異なる
  • テクニカル分析など一定以上のスキルが必要
  • 利用できるFX会社は少ない
teacher
初心者にはハードルが高い自動売買となり、テクニカル分析の知識があり独自のトレード手法が確立している中級者以上の投資家におすすめです。裁量トレードと併用することでトレードの幅が拡がります。

プログラム型 自動売買

プログラム型 自動売買

プログラム型の自動売買は、

自分で自動売買のストラテジーをプログラミングで1から作成する方法をいいます。一般的に国内FXでは自作の自動売買を利用することができません。MT4・MT5など、ごく限られたトレードプラットフォームで利用可能となる自動売買です。

プログラム型の特徴

MT4・MT5やごく一部のトレードプラットフォームでは、自作の自動売買が利用可能です。最もよく知られている方法が、MT4・MT5のプログラム言語を使って作成する方法です。MT4・MT5では、自動売買やインジケーターシグナルなどが作成できる専用のプログラミングツールを使うことができます。

MT4では「MQL4」、MT5では「MQL5」と呼ばれるプログラム言語があります。MT4・MT5をすでに使っている場合はご存知の方も多いと思いますが、MT4・MT5をインストールするど自動的に「MQL4・MQL5/Meta Editor」もインストールされます。

自由自在に全くの1からストラテジーの作成が可能で、100%オリジナルの自動売買が実現できます。プロバイダーとして有料・無料で提供することも可能です。

「MQL4・MQL5」の公式サイト、コードベースのページにてプログラム言語や自動売買作成について学ぶことができます。トピックを選択すると、詳細が表示され具体的なコードが確認できます。日本語版も利用できるので、プログラミングの参考にすることができます。

MQL5の公式サイトはこちらから

MT4・MT5が使えるFX会社

MT4・MT5以外でも、IG証券のトレードプラットフォーム「ProRealtimeチャート」でも、専用のプログラム言語を用いた自動売買作成が可能です。

プログラム型のメリット

  • 完全に100%オリジナルの自動売買が作成できる
  • インジケーターシグナルなど独自のシグナルも開発できる
  • プロバイターとして有料で提供することも可能

プログラム型のデメリット

  • プログラミングの知識がないと難しい
  • ツールごとにプログラム言語が異なる
  • 利用できるFX会社は限られている
teacher
上級レベルのトレードスキル、かつプログラミングの知識がある方におすすめの自動売買です。一般の投資家にはハードルが高く、ごく一部の投資家層にニーズがある方法だといえます。
teacher
以下の記事でもFX自動売買の仕組みや特徴について、詳しく解説しています。
teacher
また、以下の記事では自動売買では老舗クラスで人気のFX会社、インヴァスト証券の詳細がご覧になれます。

まとめ

FX自動売買の種類は、

  • リピート型
  • 選択型
  • MT4・MT5選択型
  • 設定型
  • プログラミング型

と5種類に分けることができます。

teacher
自動売買の種類によって、できることできないこと、メリット・デメリットが異なります。それぞれのレベル目的や要望に合わせて最適な自動売買を選ぶことで、より有益なFXトレードが実現できます。ぜひ、参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

投資信託、株式投資、外貨預金、FX、金、プラチナ、不動産投資などのバランス投資を副業として5年目。自己流の金融ライターが投資や資産運用をわかりやすく解説します! これまでの経験を活かした節約・お得な金融情報なども公開しています。 職歴:飲食関連、IT業界、住宅設備等の営業職を経て、独学にて投資を学び個人投資家・金融ライターとして独立。