イギリス株投資の攻略法と買い方。CFD・ETF比較。おすすめの証券会社

海外株式を取り扱う業者が増えている中、イギリス株はどうなのか、国内でも投資できるのかと気になっている方は結構多いのではないでしょうか。

イギリスは、米国・中国・EUと並んで何かと話題になることが多い経済大国の1つです。もし、可能であればチャレンジしたいですよね。

正直なところ、国内では現物のイギリス株への投資は条件的に難しいのが現状です。ごく一部の証券会社で取引可能ですが手数料が高く、オンラインでは取引できないケースもあります。

そこで、おすすめしたいのがイギリス株のCFDです。CFDなら手数料は比較的安価で、レバレッジもかけることが可能です。

CFDでイギリス株が取引きできるとはどういうことなのでしょうか。

teacher
今回は、イギリス株に投資する方法としてイギリス株CFDについて詳しく解説していきます。どうぞ海外投資計画の参考にしてみて下さい。

CFDとは?

CFDとは?

CFDとは

CFDとは

英語のContract for Differenceを略したもので、日本語では差金決済取引と訳されている金融商品のことです。

差金決済とは、株式や株価指数、先物など金融商品の売買価格を取引するもの。将来的な値上がりや値下がりによる価格差から利益を得る方法のことです。市場に実在する金融商品の現物を取引するわけではないのがCFDの特徴です。

例えば、FXも実際に通貨を売買するわけではなく、売買価格をやり取りしますよね。FXもCFD商品の1つ。通貨ペア以外のCFD商品でも、FXと同じようにレバレッジをかけて「買い」か「売り」かでポジションが持てます。

CFDのイメージ

海外の商品に投資がしたくても、国内では限界があります。CFDであれば世界中の金融商品が比較的容易に取引できるようになります。海外投資をする方法として最近注目されているのです。

CFDの種類

代表的なCFDの商品は、

  • METAL/貴金属 → 金、銀、プラチナ
  • ENERGY/エネルギー → WTI、Brent、天然ガス
  • 株価指数 → NYダウ、日経225、DAX
  • 外国株式 → 米国株式、欧州株式
  • ETF → 米国、欧州などに上場するETF

などがあり、すべてのCFD商品は市場での取引価格が反映される仕組みなっています。

とくに国内で取り扱いが多いのが、原油NYダウ日経平均などのCFDですが、イギリス株を取り扱う業者もあります。
teacher
CFDは実在する商品ではなく、商品の売買価格をやり取りするものと覚えておけばわかりやすいですよね。

GMOクリック証券ではCFD取引について詳しく解説しています。こちらも合わせて参考にしてみて下さい。

イギリス株CFDとは?

イギリス株CFDとは?

イギリス株CFDとは

イギリスの証券取引所に上場している株式の売買価格が取引できる商品です。
通常、株式取引では実際に企業の株式を保有しますが、CFDの場合は現物の株式ではなく、株価を売買していきます。

ロンドン証券取引所

イギリスの株式は、世界最大規模の金融市場ロンドンにあるロンドン証券取引所にて売買されています。

ロンドン証券取引所は、NY証券取引所、東京証券取引所と並ぶ世界三大証券取引所の1つです。ロンドン証券取引所の歴史は古く、1698年に「ジョナサンのコーヒーハウス」として始まりました。

ロンドン証券取引所の公式サイトはこちら

小さなコーヒーハウスにロンドンやヨーロッパの投資家・資産家たちが集まるようになり、当時始まったばかりの株式や保険などの証券が売買されるようになったのです。

teacher
ロンドン証券取引所は現代の株式取引のベーシックな仕組みを作った偉大な取引所なのです。

CFDではロンドン証券取引所での売買価格がそのまま反映される仕組みになっています。

イギリス株投資とは

イギリス株投資とは

EU離脱を実現し、独立した国として独り立ちしたイギリス。一時は、Brexitによるイギリス経済の低迷が懸念されていましたが、むしろ今後のよりグローバルな展開が期待されています。

イギリスの経済規模・GDPは世界5位。産業革命発祥の国として18世紀から20世紀にかけて世界産業をリードしてきたことで有名です。現代社会の基盤となっている、大生産システム、鉄道、航空機、通信技術などがイギリスから生まれたのです。

かつては大英帝国として世界最大の領地を誇り、英ポンドが貿易の主軸通貨だった時代もあります。

現在のイギリスは、産業よりも長い歴史と実績を誇る投資・資産運用などの金融サービスが経済の重要な位置を占めていて、金融セクターの規模はNYと世界トップを競う規模にあります。FXが最も取引されているのもイギリスです。

イギリス株の特徴

まずイギリスの企業と聞いも具体的にイメージしづらいかもしれませんが、意外と日本人でも知っている企業があるのです。

一般的に国内で認知度が高いイギリス企業は、

  • BURBERRY/バーバリー(BRBY)
  • VODAFONE/ボーダフォン(VOD)
  • ROLLS ROYCE/ロールス・ロイス(RR.)

ビジネススーツやトレンチコートのBURBERRY、スマホのVODAFONE、重厚な高級クラシックカーのロールス・ロイスなどがよく知られています。

他にも意外と日本人でも馴染みのある企業がありますので、代表的なイギリス株をいくつか見てみましょう。

銘柄 企業名 時価総額(GBP/Billion) 業種
AZN ASTRAZENECA/アストラゼネカ 1372,99 医薬品
ULVR UNIRIVER/ユニリーバ 995,39 日用品
HSBA HSBC HD/エイチエスビーシーHD 88,804 金融・銀行
DGE DIAGEO/ディアジオ 84,071 飲料
RDSA ROYAL DUTCH SHELL A
/ロイヤル・ダッチ・シェルA
72,025 石油・ガス
BP BP/ビー・ピー 71,130 石油・ガス
GSK GLAXOSMITHKLINE
/グラクソスミスクライン
70,987 化学
RDSB ROYAL DUTCH SHELL B
/ロイヤル・ダッチ・シェル B
64,509 石油・ガス
BATS BRITISH AMERICAN TOBACCO
/ブリティッシュアメリカンタバコ
59,638 タバコ
RIO RIO TINTO/リオティント 58,014 鉱業
GLEN GLENCORE/グレンコア 48,877 鉱山・商品取引
REL RELX /レックス 43,525 通信・サービス
LSEG LONDON STOCK EXCHANGE G
/ロンドン証券取引所
40,919 金融
BHP BHP GROUP/ビーエイチピー・グループ 40,729 鉱業
PRU PRUDENTIAL/プルデンシャル 39,836 保険

イギリス株の銘柄はこちらから

ユニリーバのシャンプーやボディウォッシュのDOVEシリーズ、ブリティッシュアメリカンタバコのダンヒル・ケント・ラッキーストライクなどは国内でも普段よく目にする商品ですね。

貴金属のリオ・ティント、昭和シェルでお馴染みのロイヤル・ダッチ・シェル、石油・ガス大手のBPなどはコモディティ関連を取引する方はよく知っている企業でしょう。

イギリス株には、鉱業、資源・エネルギー、金融などの景気に敏感なセクターが多いことが特徴です。コモディティー・金融系のトレーダーが集まりやすいので、ある意味イギリス株式市場は、市場のリスクオンの状況を知るバロメーターになるといわれています。

イギリス株の強み1.バックに王室がついている

イギリスといえば、エレガントなテイラー仕立てのイギリス紳士をイメージさせるように、イギリスには昔ながらの地主貴族・資産家が多いことが経済の強みです。

多くの資産家の財産は、主にタックスヘイブンで名高いイギリス領のオフショアに資金が流れているので実質の資産高は謎に包まれているとのこと。

中でも、最高峰にある資産家はエリザベス女王陛下(ロイヤルファミリー)で、不動産王室の家宝を合わせた総資産額は算出不可能だといわれています。(不動産だけでも軽く100兆円は超えるといわれている)
これらの謎に包まれた資産家たちがバックについているイギリス株は、投資や運営資金・事業拡大などで支援を得やすい環境にあり、万が一の時にも財政面での安定が期待できます。

例えば、退役大尉が集めたコロナウイルス開発寄付金はあっという間に47億円。エリザベス女王陛下はイギリス国内外の風力発電をはじめとするクリーンエネルギー開発に大型投資を行っています。

イギリス株の強み2.イギリス連邦(コーマンウェルス)の存在がある

もう1つのイギリス株の強みは、イギリスは大英帝国時代からの巨大なイギリス連邦のネットワークを有していることです。

イギリス連邦の加盟国は、

カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、インド、バハマ、バルバドス、ベリーズ、ジャマイカ、グレナダ、ケニア、ザンビア、マレーシア、シンガポールなどの54か国です。

イギリス連邦の加盟国一覧

EU離脱後は、イギリス連邦国との提携が強化され新たな経済発展につながると予想されています。
teacher
とくに、イギリス連邦国での展開として期待したいのが、COP26と呼ばれるカーボンニュートラルに向けての国際機関です。

COP26では、おもに新興国への国・企業の投資が推進されていて、イギリス企業の連邦国での展開が期待できます。

イギリス株の強み3.金融・投資のゆるぎない基盤がある

国際金融都市として、イギリス・ロンドンは17世紀からの長い歴史を有しています。2020年度の国際金融センターランキングでは2位、世界の主要市場としてはNYにトップの座を譲りつつあるものの、EU離脱やコロナのダメージから回復した金融セクターの底堅さを見せています。

経済のデジタル化が進む中、イギリスは2010年からすでに行政を巻き込んだ金融サービスのデジタル化が促進されていて、FCAとロンドンさらにイングランド銀行も一環となって、企業における金融システムのデジタル化を支援しています。

長い年月をかけて、蓄積されてきた金融インフラにおける技術やノウハウがイギリス経済の最強の強みです。

大手企業はもちろんのこと、中小規模の企業においてもよりイノベーティブな金融システムへと移行する動きが見られています。時代を先導する、国際的な商品・サービスが期待できるでしょう。

イギリス株投資の注意点

イギリスのEU離脱はPost Brexitといって、まだ北アイルランド問題フランスとの漁業海域問題などで課題が残っています。

今後のEUとの交渉次第では、イギリス経済の低迷が懸念されイギリス株の急落・暴落が見られる局面もあるかもしれません。

株価の変動が激しくなる可能性があるので、慎重なリスク管理を怠らないよう注意しましょう。

イギリス株CFDの買い方

海外投資が難しい日本ですが、一部の証券会社にてかろうじてイギリス株がCFDで購入できます。

イギリス株CFDの買い方・始める手順を見ておきましょう。

  1. イギリス株CFDが取引できる業者・証券会社を調べる(実際のところ2社程度)
  2. 条件に合った業者・証券会社を選ぶ
  3. 総合口座(メイン口座)を開設する
  4. CFD口座を開設する
  5. 取引計画に合わせて資金を入金する
  6. 取引機会を待つ・見つける
  7. 最初のポジションを買う
  8. 利益が出たら決済して利確
CFDの取引ツール

業者が提供する専用の取引ツールを使って売買します。

CFDの注文方法

CFDの注文方法は、その業者が提供するFXと同じ機能が使えるのが一般的です。成行、指値・逆指値、トレール、IFD、OCOなど。「買い」と「売り」とどちらからでも入れます。

イギリス株CFDを始める際の注意点

選ぶ業者によってイギリス株CFDの取引条件が異なります。

公式サイトでは確認できないケースもありますので、問い合わせなどで聞いておきましょう。

  • 最大レバレッジ → 5倍(レバレッジ規制にて一律)
  • 手数料 → 8.0~11.0ポンド/1取引、(要確認)
  • スプレッド → 比較的に広め
  • 配当金 → 保有期間に応じて配当金がもらえる場合がある
  • 取引単位 → 1単元、または0.01ロット~が平均的
業者・銘柄によっては価格調整額やその他コストがかかる場合があります。必ず事前に確認するようにして下さい。

イギリス株 CFD・ETF比較

イギリス株 CFD・ETF比較

イギリス株はETFでも比較的容易に購入できます。ETFとCFDはどちらの方がおすすめなのでしょうか。

まずは簡単にイギリス株ETFにはどんな種類があるか見てみましょう。

イギリス株ETF

国内ETF
種類は少ないのですが国内ETFであれば東証に上場していますので、株式口座で簡単に売買できます。
海外ETF
海外ETFは、海外株式・ETFを扱う証券会社で売買可能です。

CFD・ETF 比較一覧

イギリス株投資をCFDとETFで比較してみましょう。

CFD 国内ETF 海外ETF
取引業者 業者の数は少ない ほとんどの証券会社で可能 海外ETFを扱う業者のみ
取引時間 米国市場の時間 東証のオープン時間 海外市場のオープン時間
ポジション ロング ショート ロング ショート
(信用取引のみ)
ロング ショート
(信用取引のみ)
レバレッジ 最大5倍 最大3.3倍
(信用取引のみ)
最大3.3倍
(信用取引のみ)
取引単位 1単位~ 1株~ 1株から可能
手数料 2000円前後 業者による
信託報酬がかかる
業者による
信託報酬がかかる
スプレッド 広め 広め 広め
スワップ あり なし なし
配当金 配当金あり 配当金あり 配当金あり
価格 市場価格が反映 連動型
価格は商品ごとに異なる
連動型
価格は商品ごとに異なる

イギリス株CFDのメリット・デメリット

イギリス株CFDのメリットは、特定の銘柄が市場価格で取引できる点です。手数料も比較的に安価で、レバレッジ最大5倍と少額からでも始めやすい条件になっています。

一方、デメリットはポジションを持ち越した場合に、スワップや調整額が差し引かれるケースがあること。事前の確認が欠かせません。

イギリス株ETFのメリット・デメリット

イギリス株ETFのメリットは株式口座で株式のように容易に売買できることです。さらに、複数の株式にまとめて投資できる点でも便利です。

しかしETFはあくまでも複数の株式を組み合わせたファンドです。価格もファンドごとに様々で、運用会社任せる部分も多く株式とはちょっと異なる方法となります。

teacher
やはり、個別の銘柄に投資できることが株式の魅力。CFDの方がよりリアルな取引が可能で、モチベーションも高まる投資方法だといえるでしょう。

イギリス株の攻略法

イギリス株の攻略法

イギリス株CFDで勝つためのコツは何でしょうか。

ここでは、イギリス株投資の攻略法を解説していきます。

攻略法1.イギリス株の取引き時間を確認しよう!

株式の場合はFXとは異なり、その銘柄が上場している取引所がオープンしている時にしか取引できません。また、業者ごとに取引時間が若干異なる場合があります。

イギリス株の取引き時間を事前に確認しておきましょう。

ロンドン証券取引所の時間帯

  • 現地時間: 8時00分~16時30分
  • 日本時間: 冬時間/17時00分~翌1時30分 夏時間/16時00分~翌0時30分
イギリス株はNYSEに上場している場合もありますので、NYSEとロンドンとどちらなのかを確認する必要があります。
NYSE・米国取引所の時間帯(現地時間: 9時30分~16時)

日本時間: 冬時間/23時30分~翌6:00 夏時間/22時30分~翌5:00

攻略法2.イギリスの経済動向をチェックしよう!

イギリス株を取引きするなら、イギリスの経済動向を把握しておくことが大切。

イギリスの重要な経済指標はチェックしておきましょう。

イギリスは金融セクターの影響を受けやすいので、とくにサービス・不動産金融政策などの情報は要チェックです。

抑えておきたいイギリスの経済指標

サービス業GDP
住宅価格指数
政策金利
  • GDP成長率
  • 雇用率・失業率
  • 消費者物価指数CPI
  • インフレ率
  • 消費者信頼感指数
  • 景況感指数

など

イギリスの各種データはこちらから

イギリスFTSE
teacher
イギリスの代表的な株式で構成されたイギリス株価指数(FTSE100)の動きに連動することも多いです。

イギリス株価指数について、以下で詳しく解説していますので、合わせてこちらも覧下さい。

攻略法3.イギリス株関連の情報ツールをゲットしよう!

イギリス株関連の情報をいかに手早く入手するかによって、勝負も左右されていきます。

あらかじめ、イギリス株関連の情報ツールを用意しておきましょう。

欧州関連のニュースにて、英国の情報を得ることもできます。

イギリス株関連の情報サイト・ツール

など活用してみて下さい。

また、この機会に英語版に挑戦してみてもいいですよね。

特定の銘柄の情報を調べたい時は、直接、企業名で検索してみましょう。大手企業の場合は、日本語版で公式サイトが見れるものも結構あります。

イギリス株CFDでおすすめの証券会社

イギリス株CFDでおすすめの証券会社

イギリス株が3000銘柄以上!「IG証券」

イギリス株が3000銘柄以上!「IG証券」
  • 株式CFDの最大レバレッジ:5倍
  • 手数料:11.0ポンド~/1取引
  • 17,000以上のCFD商品

IG証券では、イギリス株の銘柄が3000種類とかなり豊富です。大型株だけでなく中小型の銘柄も選ぶことができます。IG証券は、ロンドン証券取引所にも上場している大手外資系、世界中のCFD商品が17,000以上も取引できます。

欧州株はドイツ、フランス、ベルギー、オランダ、スペイン、スイス、デンマーク、オーストリア、アイルランドなど一通り揃っています。他にも、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなど他社では探せない商品が豊富です。株式CFDを取引したい方には大満足ですね。

IG証券の公式サイト・口座開設はこちらから

現物株式や先物も取引可能!「サクソバンク証券」

現物株式や先物も取引可能!「サクソバンク証券」
  • 株式CFDの最大レバレッジ:5倍
  • 手数料:8.0ポンド~/1取引
  • 世界中の株価指数・株式が豊富

サクソバンク証券では世界中の豊富なCFD商品に加えて、現物の外国株式の取り扱いが充実しているのが大きな特徴。デンマークに本社を構える銀行系の大手オンライン証券です。プロ仕様の高度な取引ツールが利用できます。

世界15か所の取引所に上場する商品があり、株式CFDは8,000銘柄、現物の海外株式は12,000銘柄が取引できます。海外ETFもCFDと現物の取引き可能。本格的にCFD以外でも海外投資を展開していきたい方におすすめです。

サクソバンク証券の口座開設はこちら

teacher
CFDの人気商品である、米国株価指数や日経株価指数について以下の記事で解説しています。ぜひこちらもご覧下さい。

まとめ

まとめ

イギリス株を代表する銘柄の1つにHSBCという銀行株があり、名前を知っていいる方は多いと思います。HSBCはFTSE100の構成銘柄でもある世界的に有名な国際銀行です。世界87か国に約7500か所に支店を構えています。

HSBCは正式名称を「The Hongkong and Shanghai Banking Corporation Limited/香港上海銀行」といって、本社拠点は英国となりますが、もともとはスコットランド人が1864年に香港に設立した銀行なのです。

設立者である、Thomas Sutherland/トーマス・サザーランドはヨーロッパとアジア間で拡大する貿易・取引に着目して、グローバルに資金移動が可能な国際銀行の需要が高まることを予見。とくに香港周辺のアジア諸国での事業開拓に注力してきました。

近年、中国や香港、インドの経済成長にはめざましいものがあり、HSBCのさらなる展開・経済規模の拡大が期待されています。
teacher
HSBCはイギリスでもちょっと異例の存在ではありますが、イギリスが得意とする金融セクターの事例として見ることができるでしょう。

これから、イギリス株の物色を始めるにあたって、ぜひ参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です