金投資の攻略法と買い方。CFD・ETF比較。おすすめの証券会社

昔から、金はいつでもどこでも換金可能な安全資産として世界中で保有され続けてきました。

市場が低迷した時は金の価格が上昇する傾向にあり、万が一に備えて金を購入しておくことで多額の損失を補えることが多々あります。

金に投資する方法は、現物を購入したりETFを購入したりと様々な方法がありますが、ぜひトライしてみたいのがCFDの金です。CFDの金ならレバレッジをかけることが可能で、取り扱いのある業者にて簡単に売買することができます。

teacher
今回は、これから金投資を検討している方のために、金投資の方法としてCFDの金をご紹介していきたいと思います。ぜひ、参考にしてみて下さい。

CFDとは

CFDとは

そもそもCFDとは、どのような金融商品なのか疑問に思う方も多いでしょう。

まずはCFDについてわかりやすく解説していきます。

CFDとは

CFDとは、差金決済取引という取引方法で、実際に市場で取引されている商品ではなく特定の商品の売買価格をやり取りする商品です。

差金決済は、証拠金取引とも呼ばれていて、証拠金として担保を入れることでレバレッジをかけて資金以上の取引ができる仕組みになっています。

FXと同じように、預け入れた証拠金とレバレッジにてCFD商品を売買していけます。「買い」「売り」とどちらからでもポジションを持つことが可能です。

FXも差金決済・証拠金取引の1つで、正確にはCFDに分類される金融商品なのです。

CFDのイメージ

海外の金融商品や様々なタイプの商品を取引したいと思っても、国内では業者や取引できる商品がごく限られているのが現状です。

CFDなら取り扱う業者が比較的に多くなり、原油、金、銀、株価指数など世界中で取引されている金融商品に投資できることが魅力となっています。

CFDの種類

CFDの代表的な商品は、

  • METAL/貴金属 → 金、銀、プラチナ
  • ENERGY/エネルギー → WTI、Brent、天然ガス
  • 株価指数 → NYダウ、日経225、DAX
  • 外国株式 → 米国株式、欧州株式)
  • ETF → 米国、欧州などに上場するETF

などがあり、すべてのCFD商品は市場での取引価格が反映される仕組みなっています。

取引できるCFD商品は業者によって様々です。

teacher
CFDは実在する商品ではなく、売買価格をやり取りする取引方法と覚えておくとわかりやすいですよね。

GMOクリック証券ではCFD取引について詳しく解説していますので、こちらも合わせて参考にしてみて下さい。

CFDの金とは

CFDの金とは

欧州や米国などの国際市場で実際に取引されている金の売買価格を取引する商品です。

金の価格の決まり方

金はスポットや先物で、世界中の市場にて基本的に24時間取引されています。

国内では、金の価格は「1グラムあたり」で表示されていますが、ニューヨークや欧州における「1トロイオンス/約31gあたり」の取引価格を目安に各業者が設定しています。

NYMEXの金先物チャート

上記はNYMEX(NY商品先物取引所)における金先物の5日間チャートです。

そして下記は、CFD金の5日間チャートです。

CFD金チャート
海外FXのCFD金チャート
CFDでは、時間帯によって欧州または米国の金「1トロイオンスあたりの取引価格」が反映される仕組みになっています。
teacher
実際に取引されているスポットや先物の価格で、リアルに売買できることがCFD金の魅力なのです。

金投資とは

金投資とは

ある日、コロナウイルスが勃初したり米国や中国でネガティブなニュースがあったりすると、世界の政治や経済への不安が高まり株式や債券などの価格が暴落します。何らかの不安要素から、あらゆる金融商品の価格が下がり続ける中、脚光を浴びるのが古代から取引されている金です。

金の歴史は非常に古く、その起源は遥か紀元前5000年~6000年あたりのメソポタミア・エジプト文明にまで遡ります。最初は物々交換などに使われていて、そのうち金の棒を輪切りにして使うようになり、紀元前670年には世界最古のコイン「エレクトラム金貨」が登場します。

21世紀の現在に至っても金の価値・役割はほとんど変わっていません。長い歴史と実績を持つ貴金属なのです

金投資の特徴

天然の鉱物である金は、発行国や発行企業を持たないため、国が財政破綻をしても企業が倒産したとしても価値がなくなることがありません。

金そのものが長い歴史に実証された価値を有していて、企業が倒産しようと国が壊滅しようと、経済恐慌が起きようと国や企業の経済情勢の影響を受けにくいことが大きな特徴です。

世界共通で永久不変の価値を持つ安全資産として、いつの時代にも手堅い投資法として注目されているのです。

金の価格

ここ1年の金の価格は1オウンス$1,750~$1,850あたりで推移しています。

10年の長期では安値の時で$1050ドル、高値の時で$1,900ドルの値をつけています。時期によって価格の変動はありますが、一定の高価格帯を維持しているのが金の特徴です。

金先物のリアルタイムチャートはこちらから

金投資の強み

金は、経済低迷時やインフレに強いことが強み。安全性の高さからリスク回避先として購入される傾向にあります。

NYダウと金の比較チャート(2年間)

リーマンショックやコロナショックなどで経済が低迷した時には、投資家は手持ちの株や債券を売却し金に走ります。市場が落ち込んだ時ほど金に資金が流入し、価格が上昇しやすいのです。

インフレ時には物価の上昇に合わせて金の価格も上がりやすいのが特徴です。

万が一の保険・リスクヘッジとして、金を保有しておく投資家も多いのです。

金投資の注意点

一方では、金投資は市場が買いモードで上昇に勢いがある時には価格が下がることも多いです。なぜなら、資金が通貨や株式・債券などに向かうからです。

ポジティブなニュースにあふれ市場が買いモードで活気づいている時には、安全資産である金は値上がりが期待しづらいのが特徴。

FXや株式投資などのリスクヘッジ分散投資の一環として金投資に取り組むことが成功のコツです。

CFD 金の買い方

CFD 金の買い方

CFD金は、貴金属CFDを扱う証券会社で取引することができます。

取り扱いがある証券会社のCFD口座を開設すれば、レバレッジをかけて「買い」か「売り」かでポジションが持てます。

CFD金の買い方・始める手順は以下の流れです。

  1. CFD金が取引できる業者・証券会社を調べる
  2. 条件に合った業者・証券会社を選ぶ
  3. 総合口座(メイン口座)を開設する
  4. CFD口座を開設する
  5. 取引計画に合わせて資金を入金する
  6. 取引機会を待つ・見つける
  7. 最初のポジションを買う
  8. 利益が出たら決済して利確
CFDの取引ツール

業者が提供する取引ツールを使って売買することができます。クリック株365の場合は、専用の取引ツールで売買します。

CFDの注文方法

CFDの注文方法は、その業者が提供するFXと同じ機能が使えるのが一般的です。成行、指値・逆指値、トレール、IFD、OCOなど。「買い」と「売り」とどちらからでも入れます。

CFD金を始める際の注意点

選ぶ業者によって、同じCFD金でも取引条件が異なります。

公式サイトでは確認できないケースもありますので、問い合わせなどで聞いておきましょう。

  • 最大レバレッジ → 10倍~20倍(レバレッジ規制にて一律)
  • 手数料 → 無料の場合が多い(要確認)
  • スプレッド → 2.0~6.0
  • スワップ → 先物CFDはなし、現物CFDはスワップがある
  • 配当金 → 保有期間に応じて配当金がもらえる場合がある
  • 取引単位 → 1単元、または0.01ロット~が平均的
業者によっては、ポジションを持ち越した場合に、金利調整額・価格調整額がかかる場合がありますので必ず確認するようにして下さい。

金投資 CFD・ETF比較

金投資 CFD・ETF比較

金投資をする方法は、CFD以外にETFや投資信託を購入する方法もあります。

金のETF・投資信託にはどんな種類があるのか見てみましょう。

金のETF・投資信託

ETF
国内ETFは東証に上場している銘柄で、通常の株式取引口座で売買できます。海外ETFは、海外株式・ETFが取引可能な証券会社にて売買できます。
投資信託
上場していない投資信託は、販売する銀行や証券会社から購入することができます。

CFD・ETF・投資信託 比較一覧

金に投資する方法をCFD・ETF・投資信託とで比較してみました。

CFD ETF 投資信託
取引業者 比較的に多い 国内・海外と種類が多い 種類が多い
取引時間 業者ごとに異なる 東証・海外市場のオープン時間 金融機関の営業時間
ポジション ロング ショート ロング ショート(信用取引) 不可
レバレッジ 最大20倍 最大3.3倍(信用取引) 不可
取引単位 1単位~ 1株~ 少額から可能
手数料 無料の場合が多い 業者による
信託報酬がかかる
業者による
信託報酬がかかる
スプレッド 比較的に狭め 広め 広め
スワップ 現物はあり、先物はなし なし なし
配当金 配当金はない 配当金がもらえる 配当金がもらえる
備考 市場価格が反映 連動しやすいが価格はまちまち 取引価額が若干曖昧

CFD金のメリット・デメリット

CFD金は市場の取引価格がダイレクトに反映される点が大きなメリット。世界で取引されている金がそのまま取引できるので、投資家としてのモチベーションが高まります。さらに手数料無料・レバレッジがかけれるなどの利点もあります。

CFD金のデメリットは、ETF・投資信託と違って配当金は支給されないことです。また、ショートでポジションを持ち越した場合に調整額が差し引かれる場合があります。

ETF・投資信託のメリット・デメリット

ETF・投資信託の場合は、多彩な種類の商品から選べることや定期的に配当金がもらえることがメリットです。ETFなら株式口座をすでに利用されてる方は即取引できて便利です。

ETF・投資信託のデメリットは、あくまでも金の市場価格に連動するファンドであって、実際の金の価格で取引できるわけではないことです。ファンドごとに価格や相場動向も変わってきます。

teacher
というように、CFD金は若干のデメリットもあるのですが、ダイレクトに国際市場で取引されている金の価格が取引できることがETF・投資信託と大きく異なります。

リアルに金を取引していきたい方には、CFD金の方がおすすめです。レバレッジが最大20倍かけれる点でも、投資家には有利です。

CFD金の攻略法

CFD金の攻略法

金投資で成功するにはどうすればよい?

ここでは、金投資の攻略法を解説していきます。

攻略法1.株式市場が落ち込んだ時がチャンス!

リーマンショックやコロナショックなど、不安要素が大きくなると株式や通貨、債券などが売られて市場は守りの体制に入りリスクを回避します。リスク回避先として注目されるのが金で、メイン市場で売りモードが優位になると、金が上昇する傾向にあります。

株式などのメイン市場が落ち込んだ時が、金で稼げるチャンスです。

市場が買いモードなのか売りモードなのか、市場の心理状況を読む方法をいくつかご紹介しておきましょう。

市場の心理状況を読む方法

市場の心理状態を読む方法は、

などを目安にすることができます。

金先物とNYダウの価格

例えば、2020年の3月はコロナウイルスショックでNYダウは記録的に暴落しました。この時、一旦は金の価格も下落しているのですが、下落率も限定されているのがわかります。

その後、すぐに買いが集中して上昇に向かっています。ダウ平均がコロナショック前のレベルに回復するまでの間は、堅調な上昇を維持しています。

teacher
先行きが不透明でNYダウなどメインの金融商品が低迷している時は、金が大きく上昇する可能性が高いのです。NYダウが落ち込んだ時を狙って、金でしっかり稼いでいきましょう。

攻略法2.インフレが進む時を狙う!

インフレーションが進むと通貨の価値が下がり、安全資産の金が買われる傾向にあります。金は、通貨の価値が下がったとしても価値が無くならない安全資産だからです。

主要国のインフレが加速してきたら、金を仕込んでおきましょう。

各国のインフレーション・レートは、消費者物価指数/CPIをもとに計算されていて、毎月発表されています。

国際的な水準として、先進国の場合は年間で約2.0%の物価上昇が健全な状態だといわれています。
米国のCPI

米国のCPI・インフレ率は、コロナの影響から2021年の3月以降は急速に上昇していて、米国では2021年3月~5月、そして10月・11月に数十年来の高インフレを記録しています。

高インフレを記録した時は、CPI発表のタイミングに合わせて金の価格も上昇する傾向にあります。

XAU/USDのチャート
XAU/USDのチャート
teacher
インフレ率が2.0%を超えると、過度な物価上昇が起きているサインです。インフレ率が4.0%、5.0%と高くなるほど通貨の価値が減少していきます。

インフレ率が高くなりぎると経済への危惧が高まり、金を購入する投資家が増えるため上昇が期待できるのです。

攻略法3.米国の債券・金利動向を抑えておく!

高インフレが金上昇の要因となり得ますが、高インフレから金利上昇が期待された時は、金利がつかない金が売られる要因となることがあります。とくに米国の金利に敏感に反応しやすいのが特徴です。

米国の債券・金利動向から金相場のヒントを得ることができます。

金相場に影響を与える米国金利は

  • FRBの政策金利
  • 市場の米国金利の予想
  • 米国債券の金利

などです。

実際に金利の引き下げや引き上げが実施されないとしても、米国金利への市場予想や思惑などからも金相場が左右されることが多いようです。

金相場と米国の金利 比較チャート
teacher
米国長期債券の金利の上昇は債券価格の低下を意味しています。米国金利とは逆相関、米国債券とは相関すると見ることができます。

CFD金 おすすめの証券会社

それでは最後に、CFD金でおすすめの証券会社をご紹介します。

初心者に安心の「DMM.com証券」

口座名DMM FX
売買手数料(1万通貨・片道)無料
往復総コスト(米ドル/円1万通貨取引時の最低コスト)20円
スワップ金利・米ドル/円7円
通貨ペア総数20ペア
初回入金規定なし
取引単位10,000通貨
売買手数料(1万通貨・片道)スプレッド・米ドル/円スプレッド・ユーロ/円スプレッド・英ポンド/円スプレッド・豪ドル/円スプレッド・NZドル/円スプレッド・ユーロ/米ドル
無料0.2銭0.5銭
原則固定
1.0銭
原則固定
0.7銭
原則固定
1.2銭
原則固定
0.4pips
原則固定

  • CFD金の最大レバレッジ:20倍
  • 手数料無料
  • 24時間フリーダイヤルでサポート

CFD初心者におすすめなのが、シンプルでわかりやすいサービスと充実したサポート体制の「DMM」です。DMMのフリーダイヤルは24時間、携帯からもかけれます。何かと戸惑いがちな初めてのCFDでも安心です。メール、チャット、LINEでも問い合わせ可能。

DMMでは、株価指数が4種類、貴金属2種類、原油1種類がCFDで取引できます。スプレッドは若干広めの設定でも手数料は無料です。ただ、ロングもショートもマイナススワップなので注意が必要です。

DMM.com証券の口座開設はこちらから

約定力にこだわる方には「GMOクリック証券」

口座名FXネオ
売買手数料(1万通貨・片道)無料
往復総コスト(米ドル/円1万通貨取引時の最低コスト)20円
スワップ金利・米ドル/円7円
通貨ペア総数20ペア
初回入金規定なし
取引単位10,000通貨(※南アランド/円など2通貨ペアは100,000通貨)
売買手数料(1万通貨・片道)スプレッド・米ドル/円スプレッド・ユーロ/円スプレッド・英ポンド/円スプレッド・豪ドル/円スプレッド・NZドル/円スプレッド・ユーロ/米ドル
無料0.2銭0.5銭1.0銭0.7銭1.2銭0.4pips

  • CFD金の最大レバレッジ:10倍
  • 手数料無料
  • スキャルピングOK

約定力やスプレッドにこだわる短期トレーダーには「GMOクリック証券」がおすすめ。業界最狭レベルのスプレッドスリッページなしの高い約定力で人気の証券会社です。株式、FX、投資信託、ETFと取り扱う商品も豊富で、CFDはデモでも試してみることができます。

貴金属CFDに加えて、株価指数や海外株式・ETFもCFDで取引できます。国内の証券会社の中では、金・原油・ガスなど商品CFDが揃っている希少な存在です。

GMOクリック証券の口座開設はこちら

CFDの多さで選ぶ「IG証券」

CFDの多さで選ぶ「IG証券」
  • CFD金の最大レバレッジ:20倍
  • 手数料無料
  • 17,000種類のCFD商品

CFD商品の数の多さで国内1位を飾るのは「IG証券」です。17,000種類の世界中のCFD商品を取り扱っています。金だけでなくあらゆるCFD商品を取引したい方に大満足の証券会社です。IG証券はロンドンを本拠地にもつ外資系大手で、実績も長いので安心して利用できます。

貴金属CFDは金以外でも銀、プラチナ、パラジウムがあり、他にも原油や天然ガス、小麦など多彩な銘柄があります。通貨ペアは100種類、株式CFDは16,000種類と圧倒的な数が揃っているのが魅力です。

IG証券の口座開設はこちらから

teacher
ちなみに、金の相場動向のヒントになるダウ平均/ウォールストリート株価指数について詳しく解説しています。合わせて参考にして下さい。

まとめ

まとめ

投資にはリスクはつきもの。損失リスクなしに利益を狙うことはできません。リーマンショックやコロナショックほどの大きな打撃はそう滅多にないにしても、しばしば何らかのネガティブな要因からあらゆる商品が急落することがあります。

投資している商品がことごとく下落に向かう中、持っていて助かったと思えるのが金なのです。

もちろん、株式などのメイン市場が打撃を受けた時には金も一時的に急落します。しかし、その後多くの投資機関・投資家が金に目を向けるため、すぐに回復に向かう傾向にあります。

絶対に100%金なら大丈夫だと言い切ることはできませんが、金が下がりきった時に購入しておけば、万が一の時には保険のような役割を果たしてくれる可能性が高いです。
teacher
金はリスクヘッジ・分散投資の一環として活用するのがおすすめです。ぜひ、この機会に万が一の時に備えてCFDで金取引を始めてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

個人投資家、ライター、アナリスト。海外メディアを駆使した市場リサーチが強み。副業トレーダーを経て、フリーランスとして独立。 株式投資、FX、金プラチナ、債券、外貨預金、ETF・投資信託、不動産などの分散投資を得意とする。