銀投資の攻略法と買い方。CFD・ETF比較。おすすめの証券会社

金と並ぶ安全資産として、最近では銀が注目されています。銀への投資を検討する方も多いのではないでしょうか。

銀投資をするなら、ぜひおすすめしたいのがCFDの銀です

CFDはFXや株式のように、提供する証券会社にて売買することが可能で、現物を保有する必要がなくいつでも簡単に取引できる商品です。さらに、CFDならレバレッジがかけれるので資金以上の銀を購入することができます。

teacher
そもそもCFDとは?と疑問に思う方もいますよね。

今回はCFDとは何なのかから始めて、CFDで銀を購入する方法や銀投資の特徴や攻略法などをわかりやすく解説していきます。ETFとの比較やCFD銀でおすすめの証券会社もご紹介しますので、ぜひ参考にして下さい。

CFDとは

CFDとは

いくつかの証券会社ではCFDを提供しています。CFDとはどんな商品なのでしょうか。

最初に、CFDとはどのような金融商品なのか簡単に見ていきましょう。

CFDとは

CFDとは差金決済取引という取引方法で、実際に市場で取引されている商品ではなく特定の商品の売買価格をやり取りする商品です。

差金決済は、証拠金取引とも呼ばれていて、証拠金として担保を入れることでレバレッジをかけて資金以上の取引ができる仕組みになっています。

FXと同じように、レバレッジをかけて「買い」か「売り」かどちらからでもポジションを持つことが可能です。売買差益から利益を得ることができます。

teacher
実は、FXも差金決済・証拠金取引の1つで、正確にはCFDに分類される金融商品なのです。
CFDのイメージ

海外の金融商品や様々なタイプの商品を取引したいと思っても、国内では業者や取引できる商品がごく限られてしまいますよね。

CFDなら取り扱う業者が比較的に多くなり、原油、金、銀、株価指数など世界中で取引されている金融商品に投資できることが魅力になっているのです。

CFDの種類

CFDの代表的な商品は、

  • METAL/貴金属 → 金、銀、プラチナ
  • ENERGY/エネルギー → WTI、Brent、天然ガス
  • 株価指数 → NYダウ、日経225、DAX
  • 外国株式 → 米国株式、欧州株式)
  • ETF → 米国、欧州などに上場するETF

などがあり、すべてのCFD商品は市場での取引価格が反映される仕組みなっています。業者によって取り扱うCFD商品が異なります。

teacher
CFDは実在する商品ではなく、売買価格をやり取りする取引方法と覚えておくとわかりやすいですよね。

GMOクリック証券ではCFD取引について詳しく解説していますので、こちらも合わせて参考にしてみて下さい。

CFDの銀とは

CFDの銀とは

欧州や米国など国際市場で実際に取引されている、銀のスポット・先物の売買価格を取引する商品です。

銀の価格の決まり方

銀はスポットや先物で世界中の市場で、FXのように24時間取引されています。

国内では、売買されている銀の価格は「1グラムあたり」で表示されていますが、ニューヨークや欧州では「1トロイオンス/約31gあたり」の取引価格が基準となっています。

田中貴金属の銀価格チャート
Nymex SI100/銀先物の価格チャート

「NYMEX」とはNYの商品取引所のことで、原油や貴金属などの先物商品が上場している代表的な取引所です。「SI100」とは銀先物の銘柄コードです。

teacher
実際に市場で取引されている銀の価格がCFDには反映される仕組みになっています。

実在する銀スポットや銀先物のように、リアルな取引ができることからもCFDは人気があるのです。

銀投資とは

銀投資とは

銀は、金と同じようにに紀元前からの古い歴史を持ちます。古代から価値があると見なされている貴金属の1つです。紀元前3000年頃からすでにエジプトでは銀が取引されていました。

当時は金よりも銀の方が入手が難しかったため、金の約2.5倍で取引された時代もあったようです。

紀元前700年あたりになると、リディア王国にて世界初の金貨や銀貨が製造され始めます。その後、ヨーロッパを中心に金や銀は通貨として流通していきました。

長い長い歴史を経て、銀は現在でも価値ある貴金属として見なされているのです。

銀投資の特徴

銀は金よりも安価で入手しやすいのが特徴で、工業への需要も高いことから思わぬ値上がりが期待できる貴金属です。貴金属の中では金と並ぶ人気の投資商品で、あえて銀を好む投資家も多いようです。

銀の値動きはほぼ金に連動する傾向にあり、株式やFX、不動産など市場が低迷した時に購入される傾向にあります。価値がなくなるかもしれない株式などの金融商品への不安が高まると、永久的な価値を持つ貴金属へと資金が流れるのです。

銀は金と同じように、安全資産・手堅い投資手段として、世界中で取引されています。
teacher
銀は安価なため、取引ロット数も大きくなりがちで、値動きが活発になりやすいメリットがあります。
工業需要への期待などから相場が上下しやすいことから、リスクはあるものの金よりも稼ぎやすいのです。

銀の価格

約1年間でチャートを見ると、銀の価格は1オウンスあたり、$23ドル前後~$27.5ドル前後で推移しています。2021年11月時点では$25台に突入しています。

10年間の長期では、2012年には$35ドルの高値をつけました。2020年のコロナショック時には$13~$14ドルまで落ち込んだこともあります。

銀投資の強み

銀の強みは、経済低迷時にはその他の市場同様に一旦は落ち込むものの、安全性の高さから回復が早いことが強みです。

市場が買いで活発になると貴金属の魅力が薄れるこもありますが、工業への需要向上からさらに値上がりすることも多々あります。

NYダウと銀の比較チャート

約2年間でNYダウと銀を比較すると、2020年のコロナショック時にはダウも銀も落ち込んでいます。しかし、銀はその後で著しい回復を見せていることがわかります。ダウが堅調に上昇する時にも価格が大きく上昇し続けています。

安全資産としての価値だけでなく、電子部材への需要とダブルの効果が期待できることが銀の最大の強みです。

銀投資の注意点

銀は安全性と成長がダブルで期待できる一方では、工業への需要が懸念されると価格が下がりやすい傾向にあります。経済低迷時においても、金よりも値下がり率が激しくなる可能性があります。

安全資産として見なされている銀ですが、市場の影響を若干受けやすいことが金とは異なる点です。金のように、完全なリスクヘッジ効果が期待できないこともあるので注意が必要です。

CFD 銀の買い方

CFD 銀の買い方

CFD銀は、貴金属CFDを扱う証券会社のCFD口座で取引することができます。

最大10~20倍のレバレッジをかけて「買い」か「売り」かでポジションが持てます。

CFD銀の買い方・始める手順は以下の流れです。

  1. CFD銀が取引できる業者・証券会社を調べる
  2. 条件に合った業者・証券会社を選ぶ
  3. 総合口座(メイン口座)を開設する
  4. CFD口座を開設する
  5. 取引計画に合わせて資金を入金する
  6. 取引機会を待つ・見つける
  7. 最初のポジションを買う
  8. 利益が出たら決済して利確
CFDの取引ツール

業者が提供する取引ツールを使って売買します。

CFDの注文方法

CFDの注文方法は、その業者が提供するFXと同じ機能が使えるのが一般的です。成行、指値・逆指値、トレール、IFD、OCOなど。「買い」と「売り」とどちらからでも入れます。

CFD銀を始める際の注意点

選ぶ業者によって、同じCFD銀でも取引条件が異なります。

公式サイトでは確認できないケースもありますので、問い合わせなどで聞いておきましょう。

  • 最大レバレッジ → 10倍~20倍(レバレッジ規制にて一律)
  • 手数料 → 無料の場合が多い(要確認)
  • スプレッド → 2.0~6.0
  • スワップ → 先物CFDはなし、現物CFDはスワップがある
  • 配当金 → 保有期間に応じて配当金がもらえる場合がある
  • 取引単位 → 1単元、または0.01ロット~が平均的
業者によっては、ポジションを持ち越した場合に、金利調整額・価格調整額がかかる場合がありますので必ず確認するようにして下さい。

銀投資 CFD・ETF比較

銀投資 CFD・ETF比較

銀投資は、CFD以外でもETFで取引する方法があります。

銀のETFにはどのような種類があるのか見てみましょう。

銀の国内・海外ETF

国内ETF
国内ETFは東証に上場している銘柄で、通常の株式取引口座で売買できます。
海外ETF
海外ETFは、海外株式・ETFが取引可能な証券会社にて売買できます。

CFD・ETF 比較一覧

金に投資する方法をCFD・ETF・投資信託とで比較してみました。

CFD 国内ETF 海外ETF
取引業者 比較的に多い 株式を扱う証券会社全般 海外ETFを扱う業者
取引時間 業者ごとに異なる 東証のオープン時間 海外市場のオープン時間
ポジション ロング ショート ロング ショート
(信用取引のみ)
ロング ショート
(信用取引のみ)
レバレッジ 最大20倍 最大3.3倍
(信用取引のみ)
最大3.3倍
(信用取引のみ)
取引単位 1単位~ 1株~ 少額から可能
手数料 無料の場合が多い 業者による
信託報酬がかかる
業者による
信託報酬がかかる
スプレッド 比較的に狭め 広め 広め
スワップ 現物のみスワップ なし なし
配当金 配当金はない 配当金がもらえる 配当金がもらえる
備考 市場価格が反映 連動型
価格は商品ごとに異なる
連動型
価格は商品ごとに異なる

CFD銀のメリット・デメリット

CFD銀は欧州や米国市場の取引価格がダイレクトに反映されますので、投資家としてのモチベーションが高まります。さらに手数料無料・レバレッジがかけれるのが嬉しい。

CFD銀のデメリットは、ETFとは違って配当金は支給されないことです。また、ショートでポジションを持ち越した場合に調整額が差し引かれる場合があります。

ETFのメリット・デメリット

ETFの場合は、多彩な種類の商品から選べることや定期的に配当金がもらえることがメリットです。国内ETFなら株式口座をすでに利用されてる方は即取引できて便利です。

ETF・投資信託のデメリットは、あくまでも金の市場価格に連動するファンドであって、実際の金の価格で取引できるわけではないことです。ファンドごとに価格や相場動向も変わってきます。

teacher
CFD銀は若干のデメリットもあるのですが、ダイレクトに国際市場の価格が反映される点が最大の魅力です。

リアルに銀取引をしたいなら、CFD銀の方がおすすめです。レバレッジが10倍・20倍とかけれる点でも投資家には有利です。

CFD 銀の攻略法

CFD 銀の攻略法

銀投資で成功するためのコツは何なのか?

ここでは、銀投資の攻略法を解説していきます。

攻略法1.市場が落ち込んだ時が仕込みのチャンス!

金や銀などの貴金属は安全資産として名高い商品。景気が低迷した時こそ大活躍してくれます。経済への不安が高まると、市場は貴金属に注目し始めます。

何らかのネガティブな要因から、金融市場が落ち込んだ時が買いのチャンスです。

ネガティブの要因から市場が急激に落ち込んだ時は、金や銀も一旦は価格が落ち込みます。しかし、すぐに資金が流入し始めて上昇に向かう傾向にあります。

リーマンショックやコロナショックのように大きいショックはそうそうはないでしょうから、短期トレードの場合はネガティブな出来事があって銀の価格が落ち込んだ時に購入するようにしましょう。

市場に買いモードが戻った時でも、銀が需要への期待から上昇することも期待できます。

ダウ急落時・回復後 銀価格比較チャート

2021年9月28日に、米国連邦政府の債務不履行の可能性が持ち上がりNYダウは600近く急落しました。その時には上図チャートのように銀はかなり落ち込みました。

このタイミングで購入したならば、その後ダウの回復に合わせて銀の価格は上昇へと向かってますので、利益がゲットできることになりますよね。

攻略法2.銀の工業への需要を抑えておこう!

次に抑えておきたいのが銀の需要です。銀は電子部材などに欠かせない金属です。どんなものに使われているのかを知ることで、相場を読む材料を得ることができます。

取引にあたって、工業における銀の具体的な需要を抑えておきましょう。

銀の主な需要

銀は金属の中でも、とくに電気・熱エネルギーの伝導性に優れた素材です。多くの電子部材に銀が使われています。加えて、銀には抗菌作用もあるため他の金属では代用できないこともあり、銀の需要を高めているのです。
工業における需要
  • ハードディスクの素材(CD、CDROM)
  • 電池の材料(アルカリ電池、リチウムイオン電池)
  • 自動車・EV部品(トランクのドア、パワー装置、半導体)
  • 太陽光発電(パネルの素材、半導体)
  • エンジン部品(自動車、航空機)
  • 3Dプリンター(プリンタースクリーン)
  • 抗菌コート(研究ラボ、病院)
  • 浄水装置(ろ過装置)
  • 特殊プラスチック(航空機、PCのキーボード)
  • 気象制御装置(人口降雨機)

などが代表的な銀の用途です。他にも、衣料や医薬品、装飾品などにも銀が使われています。

とくに、パリ協定・地球温暖化対策の流れから今後は電池や太陽光発電、EV関連へ銀の需要が高まることが予想されています。

今後の銀相場の動向は、いかにこれらの業種からの需要が期待できるかが重要なポイントとなります。工業では、どんな素材が注目されているのか定期的にチェックするといいですよね。

攻略法3.売り時を見極めよう!

銀は安全資産として永久不変の価値を有した貴金属ですが、一方では景気に敏感な部分もあるので値動きが激しくなりがちです。

ある程度価格が上昇したら、タイミングを見て早めに売却するのが成功のコツです。
銀の価格チャート(20年)
銀の価格チャート(20年)

約20年間の高値は2011年の$50、以来2016年の$13までは価格が下がり続けています。もし、2011年の高値に達した時に売りそびれてしまったら後は延々と損失が拡大していくことになります。

銀はもともとの単価が安い分、ロット数も大きくなりがちです。数ドルの値動きでもダメージが大きくなりやすいので注意して下さい。

チャートを見てもわかるように、最近の場合だと売り時は$30あたり。ただ、今後の需要次第では$30を突破し$50に向かう可能性もあります。さらに、$50ドル突破はないとは言い切れないところです。先のことは誰にもわかりません。

銀がいくらになったら売るのか、それぞれの戦略にもよりますが売りそびれないようにしましょう。

CFD銀 おすすめの証券会社

それでは最後に、CFD銀でおすすめの証券会社をご紹介します。

短期で勝負するなら「GMOクリック証券」

口座名FXネオ
売買手数料(1万通貨・片道)無料
往復総コスト(米ドル/円1万通貨取引時の最低コスト)20円
スワップ金利・米ドル/円7円
通貨ペア総数20ペア
初回入金規定なし
取引単位10,000通貨(※南アランド/円など2通貨ペアは100,000通貨)
売買手数料(1万通貨・片道)スプレッド・米ドル/円スプレッド・ユーロ/円スプレッド・英ポンド/円スプレッド・豪ドル/円スプレッド・NZドル/円スプレッド・ユーロ/米ドル
無料0.2銭0.5銭1.0銭0.7銭1.2銭0.4pips

  • CFD銀の最大レバレッジ:20倍
  • 手数料無料
  • スキャルピングOK

GMO証券は、業界最狭レベルのスプレッドスリッページなしの高い約定力で人気の証券会社。約定力やスプレッドにこだわる短期トレーダーにおすすめです。口座数は国内ナンバーワンを連続で維持していて、東証一部上場のGMOインターネット株式会社のグループ会社なので安心して利用できます。

株式、FX、投資信託など幅広い商品を取り扱っています。CFDは、貴金属だけでなく原油やガス、株価指数や株式・ETFなど多彩な商品が取引できます。

GMOクリック証券の口座開設はこちらから

海外CFDに興味がある方は「IG証券」

海外CFDに興味がある方は「IG証券」
  • CFD銀の最大レバレッジ:20倍
  • 手数料無料
  • 17,000以上のCFD商品

CFD商品の数が圧倒的に多いのがIG証券です。IG証券は外資系の大手証券会社でロンドンに本社があり、日本にも支社を構えています。手数料も無料で、世界中の様々なCFD商品が17,000以上取引できます。(株式など一部商品は手数料がかかります)

貴金属CFDは、金・銀・プラチナ・パラジウム・銅・鉛・鉄鋼・アルミニウムと10種類も取引できます。他にも、株価指数や株式など米国・欧州・英国・中国など世界中の商品が揃っています。

IG証券の口座開設はこちらから

現物の海外株式も多い!「サクソバンク証券」

現物の海外株式も多い!「サクソバンク証券」
  • 株価指数CFDの最大レバレッジ:12.5倍
  • 手数料無料
  • 世界中の株価指数・株式が豊富

CFD商品だけでなく、世界中の株式が現物でも取引可能なのがサクソバンク証券の強みです。サクソバンク証券は、デンマークに本社を構える銀行系のオンライン証券でグローバルに展開している大手です。

貴金属CFDは、金・銀・プラチナ・パラジウム・銅が取引できます。FX、株式、CFD、ETFと現物も含めた国内・海外の商品が豊富です。本格的に海外投資を行いたい方に見逃せない証券会社です。

サクソバンク証券の口座開設はこちらから

teacher
ちなみに、以下の記事では世界経済の指標となる、ウォールストリート株価指数(NYダウ)とナスダック100について詳しく解説しています。

こちらも合わせて参考にして下さい。

まとめ

まとめ

2011年、まだリーマンショックの名残りがある中、銀は激しい勢いで50ドル寸前まで高騰しました。しかし、記録的な高値をつけた途端に銀の価格は物凄いスピードで下落していったのです。

銀バブルが崩壊した理由として、価格高騰による手じまい売りが殺到したからだといわれています。ヘッジファンドなどの大口の売りがっきかけとなって、パニック売りを引き起こしたとのことです。

それから約5年間という長い間、銀の価格は下がり続けていったわけですが、2019年に入ってから銀相場は流れを変え始めています。

2020年3月に落ち込んだ銀相場は、コロナショックの不安とカーボンゼロへの期待から、一気に注目を集め価格を押し上げていきました。

どんな相場にも共通していることですが、急激に損失が拡大することもあれば見る見る間に利益が倍増していくこともあるということです。

teacher
銀の価格が下がりきった時に買っておいて、みんなが買い始めて価格が上り詰めたら売る、このサイクルが銀投資では肝心なポイントとなるでしょう。ぜひ、今回の記事をCFDの銀投資にお役立て下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

個人投資家、ライター、アナリスト。海外メディアを駆使した市場リサーチが強み。副業トレーダーを経て、フリーランスとして独立。 株式投資、FX、金プラチナ、債券、外貨預金、ETF・投資信託、不動産などの分散投資を得意とする。