FX初心者は要チェック。取引時間別の世界の為替市場の為替レート変動の傾向と対策

woman
「FXって24時間取引可能なんでしょ?為替取引をしている現場の人は24時間体制なの?」

と疑問を感じたことのあるFX初心者の方もいるかも知れません。今回は「世界の為替市場の取引時間とFXトレード・為替レート変動の傾向」について解説します。

FXは24時間取引可能

FX会社のウェブサイトには、必ずと言っていいほど

FXは24時間取引可能

というようなうたい文句が並んでいます。

FX初心者の方は、これを見れば

woman
「為替売買は24時間体制で行われているんだ。」
「15時に終わってしまう株式市場よりも、頑張っているんだな。」

と、思ってしまうかもしれませんが、これは間違えです。

  • 東京の株式取引市場(東京証券取引所):9時~15時
  • 東京の外国為替取引市場:9時~17時

です。

若干、外国為替取引市場の方が終わるのが遅いのですが、それでも「9時5時」しか取引は行われないのです。

concierge
当然、外国為替取引市場の主要プレイヤーは金融機関ですから、銀行が15時に窓口の営業が終わるのに、24時間も仕事するはずがないのです。
woman
「じゃあ、なんでFXは24時間取引可能なの?」
concierge
外国為替取引市場は、世界中にあるからです。

日本株の売買は、日本の取引所「東京証券取引所」でなければ売買することはできません。

しかし、外国為替、つまり通貨の売買は、日本であっても、アメリカであっても、同じようにできるのです。

日本人から見た日本円も、
アメリカ人から見た日本円も、
インド人から見た日本円も、

まったく同じものです。

通貨は、世界中で同じものが流通するのですから、世界中の外国為替取引市場で24時間どこかで通貨の売買が行われているのです。

さまざまな国において
その国の生活時間に応じて
さまざまな市場参加者が
外国為替取引市場で通貨の売買をしている

ので、時差を追いかけていけば

24時間どこかの国の外国為替取引市場で通貨の売買ができるから、FXは24時間トレードが可能になるのです。

世界の為替取引市場

日付変更線をまたいで

  1. ニュージーランド/ウェリントン市場
  2. 豪州/シドニー市場
  3. 日本/東京市場
  4. 中国/香港市場
  5. シンガポール市場
  6. 中東/バーレーン市場
  7. ロシア市場
  8. ドイツ/フランクフルト市場
  9. スイス/チューリッヒ市場
  10. フランス/パリ市場
  11. 英国/ロンドン市場
  12. 米国/ニューヨーク市場


(次の日)

  1. ニュージーランド/ウェリントン市場

と続いていくため

月曜日5時(夏時間:4時)のニュージーランド/ウェリントン市場から
土曜日7時(夏時間:6時)の米国/ニューヨーク市場まで

続けてFXトレードができるのです。

月曜日朝4時から取引できるFX会社は少ない

この流れで言えば、本来は月曜日4時(夏時間:5時)からFXトレードができるはずなのですが、日本のFX会社は営業時間が「朝7時~」というところがほとんどです。

一部外資系の証券会社のみ

  • サクソバンク証券:「朝4時~」取引可能
  • IG証券:「朝5時~」取引可能

となっていますが

  • ほとんどのFX会社が「朝7時~」取引可能
  • 一部のFX会社が「朝6時~」取引可能

になっています。

もし、「朝4時から取引をして、流動性の低い時間帯を逆手にとって儲けたい」という方の場合は

サクソバンク証券
IG証券

をおすすめします。

初心者の方や月曜日朝一で取引をする必要がない方は、7時から営業開始のFX会社を選んでも問題ありません。

主要な外国為替取引市場の取引時間

冬時間

夏時間(サマータイム)

夏時間(サマータイム)とは

1年のうちの夏を中心とする時期に、太陽が出ている時間帯を有効に活用するために標準時間を1時間早める制度のこと

ヨーロッパ大陸、カナダ、オーストラリアなどで採用されています。

  • ニュージーランド:10月第1日曜日~3月第3日曜日
  • 豪州:10月最終日曜日~3月最終日曜日
  • 欧州、ロシア:3月最終日曜日~10月最終日曜日
  • 米国:4月第1日曜日午前2時~10月最終日曜日午前2時

FXトレード・為替レート変動の傾向

24時間FX取引が可能と言っても、前述した通りで、1日の中で10回以上は取引する市場(国)が移動していくのです。

FX会社のトレード画面の中では24時間違いはないのですが、中身は

  1. 1日で取引市場は10回以上変わる
  2. 取引市場が変われば市場参加者も変わる
  3. 市場参加者が変われば為替レートの動きも変わる

と、大きく違いが出ているのです。

  • 日本時間:5時にFXトレードをするとき
  • 日本時間:12時にFXトレードをするとき
  • 日本時間:22時にFXトレードをするとき

とでは、市場が違うのですから、市場参加者も変わってしまい、為替レートの動きの傾向も変わってしまうのです。

当然、

取引市場に合わせたFXトレードをする必要がある

ということを意味しています。

woman
「取引している市場が変わっているんだ。へぇー」

で済ましてはいけないのです。

オセアニア市場の傾向と対策

傾向

月曜日の朝は、まずウェリントン市場から取引が始まることになります。世界で最も早く為替取引がはじまるのですから、まだ市場参加者の数は少なく、取引が活発ではないのです。

取引が活発でないからこそ、為替レートは少しの取引でも、大きく動くことを意味します。

とくに取引がない土日に大きな事件や経済的なニュースがリリースされていたら

大きな窓が空き、為替レートが大きく飛ぶことになります。

しかし、火曜日から金曜日の平日の朝の場合は、ニューヨーク市場の終了時間と重なっているため、取引も通常の流動性を保持したまま推移するので、それほど大きな特徴はありません。

対策

週またぎでポジションを持ち越すのは危険

前述した通りで、月曜日の朝は流動性が低い為、大きく為替レートが動く可能性があります。とくに土日に主要な経済ニュースや事件があれば、さらに大きく為替レートが動くのです。

土曜日に持ったポジションがあった場合など、月曜日朝の大きな為替変動のせいで、ストップロスなどが狩られてし合うケースも多いからです。

デイトレード、スキャルピングトレードであれば、週またぎでポジションを持ち越すのは避けた方が安全です。

「窓埋め」を狙う

月曜日朝の流動性の低い状態で、大きくレートが飛ぶと、徐々に市場参加者が増えるにつれて、流動性は取り戻され、次第に以前のレートに戻る傾向があります。

これを利用したトレード手法に「窓埋め」というものがあります。

土曜日の朝の為替レートと月曜日朝のはじまり時点の為替レートに大きな差「窓」が発生していた場合、「窓」が閉まる方向に為替レートが動く可能性が高いことを利用したトレード手法です。

アジア市場の傾向と対策

傾向

アジア市場というのは、東京市場、香港市場、シンガポール市場が該当します。

東京市場は、世界の金融業界の中では、あまり重視されていないのが現状です。

なぜならば、ヘッジファンドや外国銀行などは

東京ではなく、シンガポールにアジア市場開拓の拠点を設けることが多いからです。

東京は物価も高いし
シンガポールは英語が通じるし

フラットに見たときには、東京よりも、シンガポールの方がビジネスとして成立させやすいと考える外国の金融機関が多いということを意味しています。

市場参加者は

  • 東京市場:「円」関連の取引が多い
  • 香港市場:個人投資家が多い
  • シンガポール市場:大口取引が多い

という特徴があります。

アジア市場の場合は、欧米の市場とは違って、大きな仕掛けをしてくる猛者がいないため

素直に為替レートが動く落ち着いた為替相場になりやすい

特徴があります。

テクニカル分析などのパターンがそれなりに通用しやすい相場

とも言えます。

これは、東京のニュースが世界の為替レートを動かす影響力が低いことも要因と言えます。

東京、日本の存在感が急速になくなっていることに危機感は感じてしまうものの、初心者のFX投資家にはトレードがしやすい時間帯と考えて良いでしょう。

ただし、急激な為替変動も起こりにくいのでボラティリティはおさえめになります。

対策

テクニカル分析で素直にトレード

テクニカル分析が通用しやすい相場です。

素直に採用しているテクニカル手法をそのまま利用すれば、大きく外すことは少ない時間帯なのです。

変わったことをせず、通常のトレード手法を着実に実行しましょう。

ヨーロッパ市場の傾向と対策

傾向

ヨーロッパ市場というのは

  • ロシア市場
  • ドイツ/フランクフルト市場
  • スイス/チューリッヒ市場
  • フランス/パリ市場
  • 英国/ロンドン市場

などのグループが該当しますが

ほとんど「英国/ロンドン市場」の一強と考えて構いません。

ロンドン市場が強いので

  • 「対ユーロ」
  • 「対ポンド」

の取引が活発に行われる時間帯なのです。

アジア市場の流れとは大きく潮目が変わるポイントでもあります。

日本時間:17時(冬時間)

にヨーロッパ市場がはじまるため、

ここからは「対ユーロ」「対ポンド」が主役になり、取引の傾向も一気に変わる可能性があります。

  • アジア市場の市場参加者のストップ狩りを狙う取引
  • ヨーロッパの主要経済ニュースに応じた取引

が行われるため、大きく流れが変わるのです。

対策

潮目が変わるタイミングなので一旦様子見

アジア市場の素直な流れでポジションを持っているのであれば、ポジションを一旦解消するのも一つの方法です。

他の方のポジション状況などもチェックしながら、ポジションを崩す方向に為替レートが動いたら、それに乗っかるような動きも一つの方法と言えます。

また、ヨーロッパの主要経済ニュースにも目を光らせておく必要があります。

ニューヨーク市場の傾向と対策

傾向

ニューヨーク市場の午前中、日本時間:23時~午前3時(冬時間)は

「ニューヨーク市場」「ロンドン市場」の営業時間が重なるタイミングです。

FXトレードの中で最も、流動性が高くなる時間帯と言っていいでしょう。

先ほど、

  • ヨーロッパの市場参加者「ファンド筋」はアジアの市場参加者のロスカット注文を狩る

と言いましたが、今度はさらに強者である

  • ニューヨーク市場の市場参加者「ファンド筋」がヨーロッパの市場参加者のロスカット注文を狩る

動きがあります。

「ファンド筋」などの大口投資家の取引が最も活発化する時間帯ですので、為替レートの変動も大きい反面、予期しない為替レートの動き(テクニカル分析などのサインとは別の動き)も大きくなってしまう傾向があります。

また、米国の経済ニュース、経済指標は世界的に注目されているため、これに左右されて大きく為替レートが動くタイミングでもあります。

初心者ほど波に乗るのが時間帯となってしまうのです。

対策

ファンド筋などの大口投資家の心理を読む

先ほど

「ファンド筋」は市場参加者のロスカット注文を狩る

と言いましたが

「ファンド筋」は市場参加者のロスカット注文を狩るとは

どういうことかというと

個人投資家などがポジションを持つときには、多くの方がストップロス注文を入れて、損失を限定することが多いのです。

多くの投資家が「買い」ポジションを持っていて、50pips下にストップロス注文を入れていたら

ファンド筋は、大金を投入して「売り」エントリーをし、無理やり50pips下げる動きを取るのです。多くの投資家の50pips下のストップロス注文に実勢レートを引き下げることに成功したら、ストップロス注文が発動し、「売られる」のでさらに為替レートは下降します。

ここでファンド筋は一旦儲けを出して、今度はその資金を「買い」に入れて、元に戻す動きに出るのです。

大金を動かせるファンド筋だからできる鉄板のトレード戦略ですが、市場が変わったときに前の市場参加者のポジションが狙われることが多いのです。

  • ヨーロッパのファンド筋 → アジア市場参加者のストップロスを狩る
  • ニューヨークのファンド筋 → ヨーロッパ市場参加者のストップロスを狩る

となるので、ゲームで例えれば

  • アジア:村人
  • ヨーロッパ市場:中ボス
  • ニューヨーク市場:ラスボス

のような関係になってしまうのです。

とくにラスボスが暴れまわるニューヨーク市場では、ファンド筋が仕掛けてきたなと思えば、通常のトレード手法とは違う動きでも、それに乗っかるような柔軟なトレードが求められるのです。

まとめ

FXは24時間取引可能

なのは間違えありませんが

FX会社のトレード画面には何の違いもないのですが、その中身は

  1. ニュージーランド/ウェリントン
  2. 豪州/シドニー
  3. 日本/東京
  4. 中国/香港
  5. シンガポール
  6. 中東/バーレーン
  7. ロシア
  8. ドイツ/フランクフルト
  9. スイス/チューリッヒ
  10. フランス/パリ
  11. 英国/ロンドン
  12. 米国/ニューヨーク

と取引している市場が移動していくのです。

ただ、市場が変わるだけということではなく

  • 市場が変われば市場参加者が変わる
  • 市場参加者が変われば為替レートの動きも変わる

ので

  • 取引時間
  • 今どこの取引市場でトレードが行われているのか?
  • その取引市場の市場参加者は誰なのか?
  • その取引市場の市場参加者のトレードの傾向はどうなのか?

を抑えることで、FXトレードの勝率も上げることができるのです。

concierge
よりFXトレードのスキルを上げるためには、ここは避けて通れないところです。世界視点でFXを捉えることがFXスキルの向上に必要不可欠なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です