初心者におすすめする「少額取引」のやり方・稼ぎ方・注意点。「少額取引」ができるFX会社も紹介

FXで億単位で稼いでいる!? なんて話を聞くとFXを始めたくて慌てて資金を用意する人もいるでしょう。しかし、FXは大きな利益が狙える反面、それだけに損失のリスクも大きい投資方法です。FX初心者はまずは少額取引から始めるのがおすすめです。

少額からコツコツと取引を重ねて、上手に稼いでいくトレード手法を学んでいくことが大切です。どんなに経験を積んだ熟練のFXトレーダーであっても時には大きな損失を出してしまうものです。

今回は、Fx初心者におすすめの少額取引のやり方や稼ぎ方、注意点などを解説していきます。最後に少額取引が可能なFX会社もご紹介いたします。ぜひ参考にしてみて下さい。

FX初心者は少額取引がおすすめ?

FX初心者は少額取引がおすすめ?

少額で取引しても大きく稼げないのでは?と疑問に思う人もいるかもしれませんが、FX取引には大きな損失のリスクがあることを理解しておくことが重要です。

teacher
まず最初に、FX取引のリスクや初心者に少額取引がおすすめな理由を解説していきます。

FX取引のリスクは?

FXは少額の資金を証拠金として設定することでレバレッジにて数倍の取引を行うことが可能です。通貨の取引量が多くなればなる程、もちろん大きな利益が期待できます。しかし同時にFXでは多額の損失を抱えるリスクがあります。

損失を出してしまうケースとはどんなケースなのか具体的に見ていきましょう。

レバレッジによって損失も数倍に!

国内のFX会社は、どの業者でも一律でレバレッジを最大25倍まで設定することができます。

25倍ということは・・・

  • 10,000円×25倍=25,000円
  • 100,000円×25倍=2,500,000円
  • 200,000円×25倍=5,000,000円

手元の資金が25倍に増えるということは、こんなに大きな金額の取引が可能です。本来1,000円の利益になるところを2,5000円、250,000円、500,000円と数倍で得ることができます。

しかし、FXでは必ず100%利益が出るという保証はありません。損失も同時に数倍になって増えていきます。本来1,000円の損失で済んだところを、2,5000円、250,000円、500,000円と損失も数倍になって跳ね返ってきます。

teacher
500,000円の損失を、たったの1回の取引で作ってしまったらどうしますか?ショックで立ち直れないですよね。

ロスカットが適用される

teacher
さらに注意しなければならないのが、多くのFX会社では多額の損失が発生するのを防ぐためにロスカットという制度があることです。
ロスカットとは?
ロスカットとは、為替レートの変動によって証拠金維持率が50~100%になった時点で強制決済される仕組みのことをいいます。従って、どんなに失敗したとしても証拠金以上の大きな損失を出すことは滅多にありません。ただし、その時の相場動向によっては急激な価格変動で証拠金全額を失ってしまうリスクはあります。
稀にですが、ロスカットが間に合わずに証拠金がマイナスになる可能性があるので注意が必要です。
証拠金が少ないほどロスカットされてもダメージは小さい

ロスカットはレバレッジをかけた取引金額ではなく、証拠金に対して適用されるシステムです。ですから証拠金が少ない程、ロスカットが適用される確率が高くなっていきます。

  • 5000円の証拠金→ 2500円~5000円の損失でロスカット
  • 10,000の証拠金→ 5,000円~10,000円の損失でロスカット

ただ、証拠金が少なければロスカットに合う確率は高くはなるものの、全額失ったとしても少額なら立ち直れますよね。

少ない証拠金でレバレッジを大きくした場合は、わずかな損益でロスカットされてしまうことがあるので注意しましょう。

初心者に少額取引がおすすめな理由

初心者に少額取引がおすすめな理由は、

  • プレッシャーを感じずに手軽に取引ができる
  • 損をしても少額で済む
  • 失敗を恐れずに取引の練習ができる
  • 低リスクで一定の利益が期待できる

などを挙げることができます。

FX初心者が初期の取引で目指すこと

FX初心者に最初の取引で目指してほしいのは、利益を得ることよりも、失敗を極力抑えながら取引に馴れることです。

初期段階ではまずは以下の2つに集中することが大切です。

  1. ツールの操作方法、注文方法に馴れる
  2. チャート分析や情報配信を活用して相場を読む練習
staff
緊張しちゃって、思ったように注文ができない!
man
数字の入力を間違えてしまった!
woman
相場予測をしたいけど、チャート分析、ファンダメンタル分析がまだよくわかっていないみたい。
teacher
などと、どんなに基礎的なことを勉強してFXトレードに臨んだとしても、理想と現実のギャップに悩む人は少なくありません。従って、リアルな為替市場での取引に馴れるためにも少額取引による練習が不可欠なのです。

始めてのFX取引はいくらがベスト?

始めてのFX取引はいくらがベスト?

では、実際に初めてのFX取引はいくらぐらいがベストなのでしょうか。少なすぎてもFX取引の現実味に欠けてしまいますし、多すぎても損失が心配です。

それぞれの状況に応じて妥当な金額を判断

FXでは最悪の場合は全額を失ってしまうことも考えられます。まずは全額失ったと仮定して、あきらめのつく金額を考えてみましょう。

あきらめのつく金額でありながらも、実際に損失の打撃が実感できる金額が望ましいです。

いくらぐらいなら少額と呼ぶのか、それぞれ貯蓄や収入の金額によって異なります。投資資金の判断の目安としては、概ねで余剰資金の10%以下が理想的です。その投資資金の中からさらに少額のみを練習用に使うようにしましょう。

teacher
生活費やローンの返済など、毎月必要なお金には絶対に手をつけないように注意して下さい。それぞれで無理のない金額、かつ取引として妥当な金額を決めることが大切です。

投資金額や少額取引用の資金を決める例を挙げると・・・

  • 貯蓄金額100万円 → 投資金額/10万円以下 → FX少額取引/3万円以下
  • 貯蓄金額50万円 → 投資資金/5万円以下 → FX少額取引/1万円以下
  • 貯蓄金額10万円 → 投資資金/1万円以下 → FX少額取引/3,000円以下
  • 貯蓄金額1万円 → 投資資金/千円以下 → FX少額取引/500以下

などと目安をつけることができます。

FX初心者の少額取引のやり方

FX初心者の少額取引のやり方
teacher
それでは、FX初心者のための少額取引のやり方を解説していきます。

最小取引単位を確認

少額取引にてFXを始めるためには、FX口座開設の際に取引単位を確認しておく必要があります。取引単位によって少額取引でも最低必要な金額が異なります。

最低取引単位は、ごく稀に1通貨・100通貨からできるFX口座もあります。一般的には1,000~10,000通貨の取引単位が多いです。

取引単位によって、証拠金をいくら必要かレバレッジを何倍にするのか変わってきます。それぞれの資金額に合わせて極力、レバレッジを低めに設定できる取引単位のFX口座を選ぶのが少額取引のコツです。
teacher
取引単位ごとに、概ねいくらぐらい必要なのか見ていきましょう。

1通貨単位の場合

米ドルの1通貨は1ドルです。1通貨の取引が可能であれば、為替レートにもよりますがレバレッジなしでも100円程度から取引が可能です。レバレッジを25倍にすれば、1ドル/100円の場合4円程度の証拠金で1ドル購入できます。

100通貨単位の場合

取引単位が100通貨の場合は米ドルで100ドル、約10,000円~12,000円程度です(為替レートによる)。1ドル/100円だとすれば、レバレッジが25倍の設定なら約400円程度でも取引が可能です。

1,000通貨単位の場合

では、最低取引単位が1,000通貨だった場合、米ドルだといくら必要でしょうか。

米ドルの1通貨:1ドル

1ドル×1,000通貨=1,000ドル

1ドル100円の為替レートだった場合、1,000ドル購入するためには本来なら100,000円必要です。最大25倍のレバレッジにすれば4,000円程度で取引できます。

  • 1万円の証拠金→ レバレッジ10倍
  • 2万円の証拠金→ レバレッジ5倍
  • 3万円の証拠金→ レバレッジ約3.34倍
  • 5万円の証拠金→ レバレッジ2倍

といった設定で1,000通貨の取引が可能です。

10,000通貨の場合

最低取引単位が10,000通貨の場合、どれくらいの資金で取引が可能でしょうか。こちらも米ドル/円の通貨ペア、1ドル/100円の場合で見ていきましょう。

米ドルの5,000通貨は10,000ドル。1ドル/100円で計算した場合に日本円で1,000,000円です。25倍のレバレッジをつける場合でも、最低で4万円程度必要です。

  • 4万円の証拠金→レバレッジ25倍
  • 5万円の証拠金→レバレッジ20倍
  • 10万円の証拠金→レバレッジ10倍

以上のような証拠金で取引が可能です。

証拠金があまりにも少額で25倍のレバレッジをかけた場合、わずかな為替変動でもロスカットを受ける可能性があるので注意しましょう。

FX初心者の稼ぎ方と注意点

FX初心者の稼ぎ方と注意点

初めてのFX取引では失敗する可能性の方が高いものの、初心者でも十分に稼げるチャンスはあります。1万円程度の少額取引でもそこそこの利益を狙うことは可能です。

teacher
では、ここではFX初心者が少額取引にて稼ぐ方法や注意点を解説していきます。

FX初心者はどうやって稼ぐ?

FX初心者が少額取引にて稼ぐための重要なポイントを抑えておきましょう。

チャートの大きなトレンドを掴む

為替レートは常に動いています。上昇に向かうかなと思っていても逆方向に進んでしまうことも度々あります。まずは、相場の大きなトレンドを把握するようにして下さい。

  • 上昇トレンドなのか
  • 下降トレンドなのか

為替レートは一定のサイクルで上昇トレンドと下降トレンドを繰り返しています。

チャートをしっかりと分析して、まずはどちらの方向に向かっているのかチェックしておきましょう。大きなトレンドの流れに乗れれば初心者でも稼ぐことは可能です。

例えば、何か重大なニュースがあってレートが激しく変動する時は初心者には危険です。経済ニュースをまめにチェックして、インパクトが強いニュースが合った時はトレードを控えるようにしましょう。

小さな利益を積み重ねる

為替レートの大きなトレンドが掴めた場合でも、先のことは誰にもわかりません。時に何かの要因によって期待を大きく裏切られることも度々あります。

初心者は仮に数百円の利益だったとしても、まずはこまめに決済するようにして下さい。このまま上昇に向かうと信じていたのに、ある日暴落してしまう可能性もあるのです。

小さな利益をコツコツと貯めていくようにしましょう。

最初のうちは大きく稼ごうと思わないことが成功のコツです。

損切ラインを決めておく

FX初心者は小さく稼いでいくことが大切ですが、同時に小さく負けていくことも非常に重要です。

FXでは、多少の損失が出た場合でも待つことで利益に替えれたりもします。しかし、待つべきかどうかを判断することは初心者には難しいことです。

相場動向を読むのに馴れるまでは損切ラインを小さめに設定しておいた方が安全です。

ただし、損切りを繰り返すと結局はトータルの損失額は大きくなります。損切りが続いた時は、しばらく取引を休んで様子をみましょう。

相場予想の根拠を探そう

相場が上がったり下がったりするのには、必ず何かの理由があります。初心者には、その理由が何なのか見出すことは難しいかもしれません。それでも自分なりに根拠を持つことが、今後のトレードにおいて非常に大切です。

相場を100%確実に読むことは、どんなに経験を積んだプロのトレーダーにも不可能ですが、100%に近い確率で相場予想ができることもあります。

なぜ上がると思うのか、なぜ下がると思うのか理由を探す練習をしていきましょう。予想が当たった時程、トレーダーとして嬉しいことはありませんし、自信にもつながりますよね。

最初は判断を間違っても当然です。失敗を恐れずに少額取引にて経験を積むことが大切です。
teacher
FX初心者が簡単に学べるチャート分析方法がこちらからご覧になれます。参考にしてみて下さい。

少額取引ができるFX会社・FX口座

teacher
それでは最後に少額取引ができるFX会社・FX口座をご紹介していきましょう。取引単位が小さい順にご紹介します。

 SBI FXトレード

1通貨からFX取引ができる!

口座名-
売買手数料(1万通貨・片道)無料(1通貨単位も無料)
往復総コスト(米ドル/円1万通貨取引時の最低コスト)17円
スワップ金利・米ドル/円8円
通貨ペア総数34ペア
初回入金規定なし
取引単位1通貨
売買手数料(1万通貨・片道)スプレッド・米ドル/円スプレッド・ユーロ/円スプレッド・英ポンド/円スプレッド・豪ドル/円スプレッド・NZドル/円スプレッド・ユーロ/米ドル
無料(1通貨単位も無料)0.17~0.27銭(ただし、取引数量によって変化)0.49銭(ただし、取引数量によって変化)0.99銭(ただし、取引数量によって変化)0.69銭(ただし、取引数量によって変化)1.19銭(ただし、取引数量によって変化)0.38~
0.63pips(ただし、取引数量によって変化)

SBI FXトレードは、株式取引のSBI証券で有名なSBIグループが運営しているFX専門のサイトです。たったの1通貨から取引が可能なので、それぞれの予算に応じてFX投資計画が立てやすいFX会社です。

SBI FXトレードの特徴

SBI FXトレードでは、すべての通貨ペアにおいて1通貨単位からの取引が手数料無料にて可能です。スプレッドも業界最狭レベルとなっています。米ドル/円のスプレッドは0.17~0.27銭で、初心者でもリスクを抑えながら利益が出しやすいのが大きな特徴です。キャンペーンなどで1000通貨まではさらにスプレッドが小さくできるのが初心者には魅力です。

取り扱う通貨ペアは34種と豊富で、スワップポイントも比較的高めなので初心者から上級者まで幅広く利用されています。提携先の銀行が380社もありますので、手持ちの銀行口座で対応できる人も多いでしょう。経済ニュースの配信や学習コンテンツが少ないのがデメリットかもしれません。

マネーパートナーズ:FX nano

100通貨からFX取引ができる!

口座名パートナーズFX nano
売買手数料(1万通貨・片道)無料(100通貨単位も無料)
往復総コスト(米ドル/円1万通貨取引時の最低コスト)40円
スワップ金利・米ドル/円1円
通貨ペア総数18ペア
初回入金規定なし
取引単位100通貨
売買手数料(1万通貨・片道)スプレッド・米ドル/円スプレッド・ユーロ/円スプレッド・英ポンド/円スプレッド・豪ドル/円スプレッド・NZドル/円スプレッド・ユーロ/米ドル
無料(100通貨単位も無料)0.4銭
原則固定
0.7銭
原則固定
-0.9銭
原則固定
1.8銭
原則固定
0.8pips
原則固定

マネーパートナーズのFX nano口座なら米ドルだと100ドルからの購入が可能です。nano口座では他にもユーロ、豪ドルなど18種類の通貨ペアの取り扱いがあります。

マネーパートナーズ:FXnano口座の特徴

FXnano口座は手数料が無料で、スプレッドは業界でトップクラスの狭さで、スワップポイントも高めです。米ドル/円のスプレッドはたったの0.4銭なので少額取引でも利益が出しやすいです。約定力は7年連続で100%を記録している点でも高く評価されているFX会社です。外貨出金や空港での外貨受取サービスも充実していますので、海外に行かれる方にはとくおすすめです。

FX取引に関する情報が多彩で初心者に学べるコンテンツが豊富です。ただサイトの情報が多すぎてやや見にくいと思われる方もいるかもしれません。

外為オンライン:miniコース

1,000通貨からFX取引ができる!

口座名外為オンラインFX
売買手数料(1万通貨・片道)無料(1,000通貨単位も無料)(※注文方法によっては有料だが、9/30までキャンペーンで新規口座開設日から90日間無料、口座保有者は決済手数料無料)
往復総コスト(米ドル/円1万通貨取引時の最低コスト)100円
スワップ金利・米ドル/円5円
通貨ペア総数26ペア
初回入金5,000円
取引単位1,000通貨(※南アランド/円など2通貨ペアは10,000通貨)
売買手数料(1万通貨・片道)スプレッド・米ドル/円スプレッド・ユーロ/円スプレッド・英ポンド/円スプレッド・豪ドル/円スプレッド・NZドル/円スプレッド・ユーロ/米ドル
無料(1,000通貨単位も無料)(※注文方法によっては有料だが、9/30までキャンペーンで新規口座開設日から90日間無料、口座保有者は決済手数料無料)1.0銭
原則固定
2.0銭
原則固定
4.0銭
原則固定
3.0銭
原則固定
6.0銭
原則固定
1.0pips
原則固定

1,000通貨から取引できるFX会社は割と多いのですが、サイトの見やすさやツールの使いやすさでは初心者におすすめです。

外為オンラインの特徴

外為オンラインの通常の取引通貨単位は10,000通貨になるのですが、少額取引向けにminiコースが提供されています。米ドルの場合1,000ドルからの取引が可能です。全国規模で開催されているセミナーの受講ができたり、1からFXを学びたい初心者向けのコンテンツが非常に充実しているのが大きな特徴です。

ただ、スプレッドは米ドル/円の場合でも1銭と業界では高めの設定になっているのが難点で、マイペースで余裕を持って取引したい方におすすめです。

まとめ

teacher
いかがでしたでしょうか。今回は初心者におすすめの少額取引について解説していきました。初めてのFX取引でも最小限にリスクを抑えながらコツコツと利益が狙えるのが少額取引です。

FXを始めるのが不安な方でも練習を兼ねた少額投資なら安心ですね。

FXの少額取引にて、ロスカットに合わないよう注意する練習も必要です。ロスカットの仕組みを少額取引で学びながら、本格的な取引を始めるようにして下さい。

100円からでも少額取引なら可能です。ただし、現実味に欠けるためやはり1万円~3万円程度の資金で始めてみるのが理想的です。それでも不安な方は数千円から始めてみてもいいでしょう。

本番の市場の緊張感や売買タイミング、チャート分析、FXの仕組みなどをしっかり学びながら、まずは少額取引にて小さいながらも利益を出していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

個人投資家、ライター、アナリスト。海外メディアを駆使した市場リサーチが強み。副業トレーダーを経て、フリーランスとして独立。 株式投資、FX、金プラチナ、債券、外貨預金、ETF・投資信託、不動産などの分散投資を得意とする。