FXで稼げるのはデイトレード?スキャルピング?スイングトレード?長期トレード?トレード手法を比較

FXのトレード手法には、デイトレードやスキャルピング、スイング、長期トレードなどいくつかのトレード手法があります。FXで稼げるのはどのトレード手法なのでしょうか。

毎日一定の利益が狙えるのは、デイトレードかスキャルピング。短期トレードは利益を得るまで待てない、という方に人気のトレード手法です。スキャルピングは高度なスキルを要するので、まずはデイトレードから挑戦するトレーダーが多いようです。

スイングトレードや長期トレードは時間がかかるけれども、大きな値幅が狙えるのが魅力です。

どのトレード手法にもメリット、デメリットがあり、それぞれに合った方法を選ぶことが大切です。FXをやるからには、効率よく稼げるトレード手法を覚えていきたいですよね。

teacher
今回は、FXで稼げるのはどのトレード手法なのか、デイトレードがやはりおすすめなのか、それとも他の手法なのかを徹底的に比較検討していきます。

FXトレードで稼げる手法は?

FXトレードで稼げる手法は?

FXには大まかに4つのトレード手法があります。どれくらいの期間で利益を狙うかによって、どのトレード手法がいいのか選ぶことができます。

  1. 長期トレード
  2. スイングトレード
  3. デイトレード
  4. スキャルピング

これら4つのトレード手法を最初にトレードの期間で見ていきましょう。

トレード期間で見るFXのトレード手法

1.長期トレードの期間は?

長期トレードは、中長期トレードとも呼ばれていて、どれくらいを長期と呼ぶのかはトレーダーによって異なります。

数週間~数か月で取引するのが一般的ですが、数年以上ポジションを保有する場合もあります。

2.スイングトレードの期間は?

スイングトレードは、中期トレードとも呼ばれるトレード手法で、数日から数週間で取引を行っていきます。

その時の相場の動きにも左右され、どれくらいの値幅を狙うのかによってもポジションを保有する期間に差が出てきます。

3.デイトレードの期間は?

デイトレードは文字通りに1日で売買を完結させる手法です。これもトレーダーによって期間は異なり、数十分~数時間で取引を行います。

1日に1,2回程度の場合もあれば、数回以上の取引を重ねる場合もあります。

4.スキャルピングの期間は?

スキャルピングはデイトレードをさらに細分化した取引手法で、数秒~数分間しかポジションを保有しないという特殊なトレード手法になります。

1日に数十回~100回以上の取引にて利益を得ていきます。

どれくらいの期間で稼げるのか

というように、利益を得るまでの期間が4つのトレード手法では大きく異なるのです。どれくらいの期間で利益を得たいのかによって、選ぶトレード手法も変わってきます。

毎日利益を得ていきたいのか、それとも長期間待って大きな利益を狙いたいのかなどによって、それぞれに合ったトレード手法を選ぶことができます。

teacher
効率よく稼げる方法はどの手法なのか、どのトレード手法が一番おすすめなのか、4つのトレード手法を比較してみましょう。

長期トレード

長期トレード

数週間から数か月の長期間に渡ってポジションを保有する長期トレードでは、為替差益とスワップポイントの双方から大きな利益を狙えるのが特徴です。

長期トレードの特徴は、月足や週足、日足チャートでの安値・高値が売買のポイントになり、長い目で投資を行っていきます。

長期トレードのイメージをチャートで見てみましょう。

チャートで見る長期トレードのイメージ

米ドル/円 日足チャート
米ドル/円 日足チャート

こちらのチャートは米ドル/円の日足チャートです。どれくらいの利益がどれくらいの期間で獲得できるのかシュミレーションしていきます。

3月26日 ドル円 → 104.60円

3月26日に、104円台の安値を更新した時に、これからの上昇を期待して「買い」でエントリーします。

5月26日 ドル円 → 111.23円

約2か月後、111.23円にドル円が値上がりしたので「売り」でエグジット、利益を確定します。この時点でドル円は約7円の値上がりをしました。(2か月で7円の値幅が狙える)

まだ、これから上昇すると思った場合はこのまま保有しておく方法もあります。

6月13日 ドル円 → 113.68円

5月の時点で売らずに、さらなる上昇を狙った場合は6月13日にはドル円は113.68円まで上昇します。約8円の値上がりです。(3か月で8円の値幅が狙える)

ここでも売らずに上昇を待つこともできます。

10月3日 ドル円 → 114.40円

3月から10月までポジションを保有したとすれば、大まかに104円から114円と約10円近く値上がりしたことになります。(半年で10円の値幅が狙える)

どれくらいの利益になる?

長期トレードの場合、時間をかけて約10円程度の値幅を期待することができます。10円の値幅が狙えるとすれば、どれくらいの利益が期待できるのか計算してみましょう。

為替差益による利益

  • 1,000通貨 × 10円 =10,000円
  • 5,000通貨 × 10円 =50,000円
  • 10,000通貨 × 10円 =100,000円
  • 50,000通貨 × 10円 =500,000円

スワップポイントによる利益

長期の場合は為替差益にプラス、スワップポイントもつきます。米ドル円のスワップポイントの平均が1,000通貨で1日/15円ぐらいです。

  • 60日 × 15円 = 900円(1,000通貨)
  • 90日 × 15円 = 1,350円(1,000通貨)
  • 120日 × 15円 = 1,800円(1,000通貨)
為替差益とスワップポイントにて1,000通貨でもある程度の利益が期待できます。ロット数が大きくなれば、利益もますます大きくなるのが長期トレードのメリットです。
エントリー、エグジットともにタイミングを逃すと、また待つ時間が長くなるかもしれないのがデメリットだといえるでしょう。

スイングトレード

スイングトレード

スイングトレードでは早ければ2,3日中、遅くとも2,3週間以内に利益を収穫できることが理想です。トレンドが勢いをつけて上昇、下降する時を狙って効率よく稼いでいけます。

スイングトレードで稼ぐ方法は、トレンドが切り替わる時を狙ってポジションを転々と移っていくのが特徴です。日足や3~4時間足、1時間足チャートの高値安値を狙って取引します。

では、スイングトレードで稼ぐイメージをチャートで見ていきましょう。

チャートで見るスイングトレードのイメージ

米ドル/円 4時間足チャート
米ドル/円 4時間足チャート

こちらのチャートは米ドル/円の4時間足チャートです。何日ぐらいでどれくらいの値幅で取引をするのかの一例です。

3月15日 ドル円 → 111.90円

数か月来の高値に達したので、これは下がり始めるかなと数日間の下降トレンドを予想して111.90円で「売り」エントリーします。

3月21日 ドル円 → 110.40円

予想通りに下がり始めたので、1週間待ってキリのいいところで110.40円で「買い」でエグジットできます。この時点では、1.50円下がりました。

さらに下がることを期待して、あと数日待ってみることもできます。

3月25日 ドル円 → 109.70円

また下がり始めて、25日には109.70円となり2円以上動いたので「買い」決済で利益を確定します。10日間で2円動きました。

同時に、この価格が近況での底値かなと判断した場合は、ここですぐに「買い」エントリーして利益を期待します。

4月1日 ドル円 → 111.40円

109.70円で「買い」から入ったドル円は1週間で111.40円、1.50円上がりました。ここで「売り」決済する方法もあるでしょう。

もう少し上がるかなと、数日待ってみることも可能です。

4月5日 ドル円 → 111.80円

数日待って111.80円まで上昇したので、そろそろまた下がるかもしれないと思い「売り」で利益確定をします。3月25日に買って12日間で約2円上昇しました。2円~3円程度の値動きを狙うのが一般的です。

どれくらいの利益になる?

スイングトレードはトレーダーによって、狙う値幅や利益は異なりますが、例えば2円の値動きを狙った場合はいくらぐらいの利益になるでしょうか。通貨取引量別で簡単に計算してみました。

  • 1,000通貨 × 2円 = 2,000円
  • 10,000通貨 × 2円 = 20,000円
  • 100,000通貨 × 2円 = 200,000円

2ドル程度の為替差益によって、以上のような金額を稼ぐことが可能です。

スイングトレードでは比較的に短い期間でもある程度の利益を狙うことができます。トレンドが急激に動く局面を狙うことで効率よく稼げるのがメリットです。
スワップポイントは数日~数週間なのでそんなに大きな金額にはなりません。相場が予想通りに動かなかった時や、売買タイミングを逃した時は損失を出しやすいリスクもあります。

デイトレード

デイトレード

デイトレードは数十分~数時間の取引を1日で1,2回~数回行います。デイトレードは長期やスイングとは大きく異なり、1日1日でその日のうちに利益が狙える手法です。

その日の値動きをある程度予想して、1日の高値・安値にて取引を行っていきます。相場の動きによってはごく短時間で稼げる場合もありますが、1日で動く値幅には限界があり、本格的に利益を得るには大きなロット数での取引が欠かせないといえます。

デイトレードで稼ぐイメージをチャートで見てみましょう。

チャートで見るデイトレードのイメージ

英ポンド/円 30分足チャート
英ポンド/円 30分足チャート

こちらは英ポンド/円の30分足チャートです。1日の取引でどれくらいの値動きがあるのか取引例を解説していきます。

16:30 ポンド円 133.70円

英ポンドが133.70円まで下がった時に「買い」でエントリーすることにしました。その後、一気に上昇し始めたのでまだ上昇するな、と思ってしばらく保有することにします。

0:00 ポンド円 134.90円

深夜0時になるとポンド円は134.90円、8時間で1円以上動きました。1日で1円以上動くことはそう頻繁にないので、ここで「売り」で利益を確定します。

もし、深夜にから朝にかけて起きている方であればそのまま朝まで保有する方法もあります。

9:00 ポンド円 135.35円

夕方から朝までの間にポンド円は155pips上昇したことになります。これはデイトレードの中では最長のパターンで1日に1回の取引の例です。

21:00 ポンド円 134.90円

デイトレードでも短めに取引する場合は、21:00にポンド円が反発の気配を見せた時に134.90円で買っておいて、1時間後には135.75円で売るという方法も可能です。

この場合1時間で85pipsも動いています。

これは英ポンド/円の通貨ペア特有の現象で、米ドル/円、ユーロ/円になるとここまでの値幅は見られないでしょう。取引量が多い通貨ペアの場合、概ねのデイトレードの値幅は30~50pips程度が平均的です。多い時で80pipsぐらいでしょうか。

どれくらいの利益になる?

では、デイトレードでどれくらいの利益が期待できるのかシュミレーションをしていきましょう。

1pipsあたりの価格はロット数によって異なります。

  • 1,000通貨 → 1pips = 10円
  • 10,000通貨 → 1pips = 100円
  • 100,000通貨 → 1pips  = 1,000円
  • 1,000,000通貨 → 1pips  = 10,000円です。

10,000通貨の場合

10,000通貨の取引だった場合の実質の利益額は、pips数に応じて以下のようになります。

  • 30pips × 100円 = 3,000円
  • 50pips × 100円 = 5,000円
  • 100pips × 100円 = 10,000円

というように、1日の収益としては十分に満足できる金額だといえるでしょう。しかし、1,000通貨など小ロットになると数百円の利益しか狙うことができません。

デイトレードでは1日に一定の利益を得ることが可能となるため、副業や専業として取り組めることが最大の魅力です。
その日その日の相場が対象となるため、日々のチャート分析やニュースなどの情報収集に追われてしまうのが難点だといえるでしょう。

スキャルピング

スキャルピングはデイトレードを極端に短くしたトレード手法で、数秒~数分単位の小さな取引を重ねて一定の利益を狙います。

瞬足的に売買を繰り返していくので、ある程度の分析スキル、相場予想スキル、さらに迅速な決断力がスキャルピングには求められてしまいます。デイトレードで実績を出しているトレーダーが最後にたどり着くトレード手法だともいえます。

スキャルピングの取引をチャートを見ながら解説していきます。

チャートで見るスキャルピングのイメージ

英ポンド/円 1分足チャート
英ポンド/円 1分足チャート

こちらは英ポンド/円の1分足チャートです。スキャルピングではわずか10pips程度の値幅を狙って取引を行っていきます。英ポンド/円のように取引量が多く、流動性が高い通貨ペアであれば、例えば上記のように16:30から19:30の3時間の間でも十分なトレード機会を見つけることができます。

分単位で相場が上下していくタイミングを狙って、10pips程度の利益を重ねることで1日にまとまった利益を出すことが可能です。

どれくらいの利益になる?

10pipsの利益はロット数ごとに以下のようになります。

  • 1,000通貨 → 10pips = 100円
  • 10,000通貨 → 10pips = 1,000円
  • 100,000通貨 → 10pips = 10,000円
  • 1,000,000通貨 → 10pips = 100,000円

10,000通貨の場合

10,000通貨の場合、10pipsは1,000円の利益となり、それを10回繰り返せば1日で10,000円を稼ぐことができます。100,000通貨もあれば、わずか10pipsでも10,000円の利益が出せるのです。

小刻みに売買を繰り返すスキャルピングでは、利確・損切りの目安も小さくなります。損切りルールさえ守れるならばリスクを最小限に抑えて大きく稼ぐことが可能です。
分速での分析や決断は非常難しく、多くのトレーダーにとってハードルが高いトレード手法だといえます。利確・損切りルールを徹底するスキルが求められます。

おすすめの手法はデイトレード?

おすすめの手法はデイトレード?

FXの4つのトレード手法の見ていきました。どの手法がおすすめなのかは、それぞれのトレード目的によるといえます。

  • 長期的に時間をかけて大きく稼ぎたいなら長期トレード
  • もっと短期間で効率よく稼ぎたい方はスイングトレード
  • 1日である程度の利益を得たいならデイトレード
  • 短時間で確実に稼ぎたいならスキャルピング

以上のように、どれくらいの期間でどれくらいの金額を狙うのかによって変わってくるのですが、安定した収入を得る方法としてFXトレードを考えるならばデイトレードが実は一番おすすめなのです。

どうしてデイトレードなのか

どうしてデイトレードが一番おすすめなのでしょうか。いくつかデイトレードならではのメリットを見ておきましょう。

  • 毎日、一定の利益を得ることが可能
  • 急激な為替変動による影響を受けづらい
  • ライフスタイルに合わせて取引時間が調整できる
  • トレードの経験が一気に増えてスキルの向上が期待できる
  • 副業や専業など生計を立てる方法としての道が開ける
  • ONとOFFの切り替えが容易で精神的な負担が軽減できる
teacher
デイトレードは長期やスイングのように大きな利益を狙うことは難しいかもしれません。しかし、毎日数千円~数万円の利益を得たならば、長期的には結局は長期やスイングよりも大きな金額を稼いでいることになります。
スキャルピングも毎日の利益が期待できるトレード手法ですが、難易度が高くなるため、デイトレードにて稼げるようになってから取り組む方がよいでしょう。
teacher
デイトレードが初心者におすすめな理由を、以下の記事でもっと詳しく解説しています。合わせてご覧下さい。

注意点・対策

FXデイトレードは確かにおすすめで稼げるトレード手法ですが、いざデイトレードを始めるにあたっては注意点があります。最後にデイトレードの注意点と対策をご紹介しておきましょう。

  • デイトレードを始めてすぐに稼げるようになるわけではない
  • 損切りのペースが速くなるため、短期間でも大きな損失を出す可能性がある
  • 日々のチャート分析や情報収集が必須となる
  • 1日で動く値幅は限られている
  • 10,000通貨以上の取引でないと、まとまった利益となりづらい
  • 時間をかけて相場が動くのを待つことができない
FXデイトレードを始める対策
  • デイトレードの準備期間・練習期間を設ける
  • 最初は少額取引にて小さな利益を得ていく
  • 損切りしそびれた時のために、中長期に変換できるポジションを選んでおく
  • 取引量が多い通貨ペアや時間帯を狙う
  • 得意な分析・相場予想のスキルを身に付ける

というように、「いきなりデイトレードで稼ぐ!」というよりは段階を踏んで計画的に「デイトレードで稼げるようになる!」ことが成功のコツだといえるでしょう。

teacher
以下の記事では、FXデイトレードで勝つための手法を徹底的に解説しています。ぜひ、デイトレードを始める時の参考にして下さい。

まとめ

まとめ

今回は、FXのトレード手法の中でどの方法が一番稼げるのかを解説していきました。

確実に稼げて、かつ長期的にもトータルで大きく稼いでいけるのはデイトレードという結論に至りました。1日で数千円~数万円を確実に手にすることができるならば、1か月である程度の収入になります。それこそ仕事としてFXトレードが成り立ちます。

副業トレーダーや専業トレーダーへの道が開けるという点でも、デイトレードはぜひ挑戦していきたいトレード手法です。

急いで大きく稼ごうとは思わずに、コツコツと勉強・練習を重ねていくことが大切です。地道に努力していけば、きっと安定してデイトレードで稼げるようになります。

teacher
FXトレードが毎月の収入を得る方法として成り立つのであれば、こんなに嬉しいことはないですよね。早速今日から、FXデイトレードの準備・勉強を始めていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

mi001you

投資信託、株式投資、外貨預金、FX、金、プラチナ、不動産投資などのバランス投資を副業として5年目。自己流の金融ライターが投資や資産運用をわかりやすく解説します!これまでの経験を活かした節約・お得な金融情報なども公開しています。職歴:飲食関連、IT業界、住宅設備等の営業職を経て、独学にて投資を学び個人投資家・金融ライターとして独立。