セントラル短資FX/セントラルミラートレーダー

目次

セントラル短資FX/セントラルミラートレーダーとは

セントラル短資FXは、2001年に山根短資株式会社、日本短資株式会社、名古屋短資株式会社の3社が合併し設立された短資会社です。短期金融市場で銀行間取引の仲介を行う短資会社ですが、今ではFXのウェイトが大きくなっていいます。口座数は16万3748口座(2016/10時点)、証拠金残高657億9300万円(2016/10時点)を超え、規模の大きいFXサービスとなっています。

セントラル短資FX/セントラルミラートレーダーの特徴は「自動売買のミラートレーダーが利用できる」「約1700種類のストラテジーを選ぶことが可能」「1000通貨から取引可能」「『シストレ広場』という情報サイトで充実した情報提供」「ストラテジーはスクリーニングとランキングで選択可能」「週次成績メールで簡単に損益を把握できる」等があります。

システムトレードなのでスプレッドなどの開示はなく、スプレッドには投資助言報酬として1,000通貨)あたり1円(税込)のコストが加算されるなどトレードコストは高いのですが、それも含めて収益率の高いストラテジーを数多く用意しているため、自動売買をするのであればそれほど気になるポイントではありません。

ミラートレーダーを利用したい自動売買派の投資家におすすめできるFX会社となっています。

セントラル短資FX/セントラルミラートレーダーキャンペーン情報

セントラル短資FX/セントラルミラートレーダー口座概要

口座名セントラルミラートレーダー
トレードコスト
(米ドル/円)
(1万通貨)
-
スプレッド
(米ドル/円)
-
スプレッド
(ユーロ/円)
-
スプレッド(ユーロ/
米ドル)
-
スワップ金利
(米ドル/円)
40円
約定スピード-
執行率-
初回入金額規定なし
取引単位5千通貨(最低取引単位以上なら1000通貨単位で取引可能)

セントラル短資FX/セントラルミラートレーダーのメリット

  • システムトレードのミラートレーダーが利用できること
  • 約1700種類のストラテジーが用意されている
  • ランキングやスクリーニングでストラテジー選びが可能
  • 週次成績メールで簡単に損益を把握できる
  • 『シストレ広場』という情報サイトで充実した情報提供
  • ヘッジファンドストラテジーあり

セントラル短資FX/セントラルミラートレーダーのデメリット

  • 投資助言報酬なども含まれるためスプレッドは広い設定
  • スプレッド自体が公開されていない

セントラル短資FX/セントラルミラートレーダーのおすすめポイント

concierge

おすすめのポイントは「ストラテジーが約1700種類用意されている点」と「ヘッジファンドストラテジーが利用できる点」です。

ミラートレーダーは一時期人気があるシステムトレードのツールでしたが、最近は落ち着いてきていることもあり、提供しているFX会社自体が少ない中で、ミラートレーダーが利用できるということ自体が一つのメリットです。

ストラテジーも1700種類から検索できるので十分な選択肢があると言っていいでしょう。

また、そのストラテジーの一つに「ヘッジファンドストラテジー」というものがあります。ヘッジファンドというのは世界的な富裕層や機関投資家に対して、資産運用サービスを行っている投資会社です。年率20%を超える収益率を超えるヘッジファンドも多い反面、限られた方しか利用できないのですが、そのヘッジファンドが開発したストラテジーも利用できるということです。

世界の最前線で資産運用をしているヘッジファンドが開発したストラテジーは「収益性の高さ」と「安定性」を実現してくれる可能性が高いのです。

幅広い選択肢とヘッジファンドストラテジーなどの質の高いストラテジーがおすすめの理由です。

セントラル短資FX/セントラルミラートレーダーのおすすめできないポイント

concierge

投資助言報酬を含むスプレッドの広さが大きなデメリットです。

システムトレードの場合は、ストラテジーの開発者にもリターンをしなければなりません。そのため、スプレッドは開示されず、投資助言報酬分が上乗せされているのです。

これがデメリットであるのは間違えありませんが、その投資助言報酬を含めた上で収益性の高いストラテジーが多々あるので、運用方法さえ間違えなければ気にする必要はありません。

セントラル短資FX/セントラルミラートレーダーのスプレッド

システムトレードなのでスプレッドは公開されていません。また、投資助言報酬がスプレッドに含まれます。スプレッドは広い設定となっています。

売買手数料
(片道)
無料(5千通貨単位も無料)
トレードコスト
(米ドル/円)
(1万通貨)
-
スプレッド
(米ドル/円)
-
スプレッド
(ユーロ/円)
-
スプレッド
(英ポンド/円)
-
スプレッド
(豪ドル/円)
-
スプレッド
(NZドル/円)
-
スプレッド(ユーロ/
米ドル)
-

セントラル短資FX/セントラルミラートレーダーの約定力

システムトレードなので約定力に関する情報も公開されていません。

約定スピード-
執行率-

セントラル短資FX/セントラルミラートレーダーのスワップ金利

スワップ金利は低めの設定です。スワップ狙いで使うFXサービスではないのです。

スワップ金利
(米ドル/円)
40円
スワップ金利
(ユーロ/円)
0円
スワップ金利
(英ポンド/円)
10円
スワップ金利
(豪ドル/円)
40円
スワップ金利
(NZドル/円)
45円
スワップ金利
(南アフリカランド/円)
13円
スワップ金利
情報取得日
2017/9/27

セントラル短資FX/セントラルミラートレーダーの通貨ペア

取引できる通貨ペアは少ないです。ただし、メジャー通貨は取引可能です。

通貨ペア総数22通貨ペア
米ドル/円などメジャー通貨ペア
通貨ペア
(ユーロ/米ドル)
通貨ペア
(英ポンド/米ドル)
通貨ペア
(豪ドル/米ドル)
通貨ペア
(南アフリカランド/円)
通貨ペア
(トルコリラ/円)
×
通貨ペア
(中国元/円
×

セントラル短資FX/セントラルミラートレーダーの最低入金額、最小取引単位

初回入金額は0円からで、5000通貨からのトレードが可能です。システムトレードで5000通貨なので、強制ロスカットされないためには、ある程度の資金が必要だと考えましょう。

初回入金額規定なし
取引単位5千通貨(最低取引単位以上なら1000通貨単位で取引可能)
米ドル口座×
デモ口座

セントラル短資FX/セントラルミラートレーダー提供のFXニュース

FX WAVE×
GI24
Market Win24
ロイター×
ダウ・ジョーンズ×
その他
為替ニュース
独自その他
板情報×
相場情報
モバイル
メール配信
×

セントラル短資FX/セントラルミラートレーダーのトレードプラットフォーム

使用システムトレーデンシー系
ウェブブラウザ型/インストール型ウェブブラウザ型
Mac対応
売買シグナル
システムトレード

スマホ・モバイル対応

iPhone
Android
NTTドコモ
iモード
×
au
EZweb
×
SoftBank
Yahoo!ケータイ
×

利用可能な注文方法

逆指値
(ストップ注文)OCO,IFD,IFO注文
△(IFO、IFDなし)
トレール注文×

セントラル短資FX/セントラルミラートレーダーのロスカット、アラートメール

ロスカット
ロスカット
アラートメール
価格通知メール×
約定通知メール

セントラル短資FX/セントラルミラートレーダーの入出金方法

入金手数料
(日本円)
クイック入金サービスは無料
出金手数料
(日本円)
会社負担
クイック入金
オンライン出金

セントラル短資FX/セントラルミラートレーダーの実績、会社の信頼性

口座数16万7683口座(2017/08時点)[※セントラル短資FX合計]
証拠金残高631億4400万円(2017/08時点)[※セントラル短資FX合計]
自己資本規制比率756.9%(2017/06時点)
資本金13億1965万円(2017/08時点)
証拠金
信託先銀行
三井住友銀行
決算情報公開
上場-

セントラル短資FX/セントラルミラートレーダーの実績、会社の口コミ評判

セントラル短資FX/セントラルミラートレーダー

セントラル短資FX/セントラルミラートレーダー
6.8

約定力・約定スピード

6.0/10

スプレッド・手数料の安さ

6.0/10

取引ツール使いやすさ・機能

8.0/10

情報の質と数

7.5/10

サポートの質

6.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です