【FXチャートの見方】トレードで勝つためにどこのポイントを見れば良いのか?

FXで勝つためにはどうすればいい?これは、FXトレーダーの誰もが抱える疑問です。トレードで勝つためにFXチャートの分析をしたりファンダメンタル分析を行ったりとあります。でも絶対に勝てる方法というものはありません。

ただ、FXチャート分析を徹底して行えば勝率は確実に上がっていきます。

FXで勝つためにはチャートのどこのポイントを見ればいいのでしょうか。

teacher
今回はFXで稼いでいくために活用できるFXチャートの見方を徹底的に解説していきます。チャート分析を覚えて、FXでしっかり稼いでいきましょう。

FXトレードで勝つためには?

FXトレードで勝つためには?
woman
FXでどうやったら勝てるようになる?
staff
ずっと損失が続いている。どうしよう・・・
student
これからFXトレードを始める。勝てるコツを教えて!
teacher
などと初心者の方も経験者の方もFXの攻略法を探している人は多いのではないでしょうか?

FXで勝つための分析方法

FXで勝つためには、すでにご存じの方も多いでしょうがまずは2つの分析方法があります。ここで改めてFXの分析方法を確認していきましょう。

ファンダメンタル分析

FXの分析方法の1つはファンダメンタル分析です。

ファンダメンタル分析は、

通貨の根本的な価値を国の財政状況、成長率・経営収支などから計り、将来の価格を分析していく方法です。

例えば為替相場に大きな影響を与える指標は、

  • GDP成長率
  • 雇用統計
  • 消費者物価指数
  • 貿易収支
  • 製造業(非製造業)景気指数

などがありますよね。

数値が高ければ上昇、数値が低ければ下降につながるのは当然ながら、これらの統計に市場はある程度の予測をつけます。その予測を上回ると急上昇、下回ると休暇楽する傾向にあります。

チャート・テクニカル分析

そして、もう1つのFXの分析方法がチャート分析・テクニカル分析と呼ばれるものです。

テクニカル分析とは、

過去の通貨の価格を表わしたチャートを使って、そこからトレンドやパターンを見出して相場動向を予測していく方法です。

テクニカル分析にも色々な方法があって、

  • ローソク足
  • トレンド
  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表
  • MACD
  • RSI

などが一般的なテクニカル分析になります。

他にも、パラボリック、ストキャスティック、エリオット波動など様々な分析方法があります。上級トレーダーの中にはそれぞれの手法を組み合わせてより厳密な相場予測を行う人もいます。

FXはチャート分析が重要

FXはチャート分析が重要

FXトレーダーとくに初心者の中には、FXを当たるか外れるかを賭けるギャンブルのように考える方も少なくありません。なぜなら、簡単に稼げるという誇大広告や情報が多いからです。

それを鵜呑みにしてFXを始めてしまうと、市場の厳しさや複雑さを知り後悔することになります。

現在、稼いでいるFXトレーダーの多くは日々ファンダメンタル分析やテクニカル分析に多くの時間を費やしているのです。つまり、努力して利益を得ているわけです。

teacher
どうしても勝てない。なぜか損失ばかり、と悩むトレーダーはここでしっかりとチャートの見方を覚えていきましょう。

チャート分析で何がわかる?

為替相場を予測する方法はトレーダーによって色々です。チャート分析に徹する人もいれば、ファンダメンタルを中心に取引する人もいます。どちらの要素も相場予測には欠かせないものです。トレーダーそれぞれの手法にもよりますが、やはり両方の視点から分析していくことで勝率は高くなるといえるでしょう。

ここでは、チャート分析・テクニカル分析に集中して解説していきます。

teacher
でも実際にチャート分析を行うことで何がわかるのでしょうか。

チャート分析が教えてくれるもの

チャート分析が教えてくれるものは、

  • トレンドの方向性
  • 売買のタイミング

大きくこの2つ。

man
米ドルはこれから上がる?下がる?
woman
いつ売るべき?いつ買うべき?
teacher
などと、FX取引において最も重要な2つの疑問に答えてくれます。

トレンドのパターン

ではチャート分析を行う上で基本となる3つのパターンを確認しておきましょう。

トレンドのパターン

FXや株式、様々な金融商品がありますが、それらの価格は大きく上昇トレンド、横ばいトレンド、下降トレンドの3つのパターンから成り立っています。価格は上昇したり、動かなかったり、下降したりと繰り返していきます。

まずはこの3つのトレンドを読むことで、

  • これから相場は上昇するのか
  • これから相場は下降するのか
  • 買いはどこか
  • 売りはどこか

というように、概ねの目安をつけることができます。

勝つためのポイントは、

  • 上昇トレンドが始まる前に購入する
  • 横ばい圏の安値・高値で売買する
  • 下降トレンドが始まる前に売却する

チャート分析の基本

チャート分析の基本

FXで利益を出していくためには、

  • 上昇トレンドがはじまるのはいつか
  • 横ばい圏から上昇、下降がはじまるいつか
  • 下降トレンドがはじまるのはいつか
teacher
大まかにこの3つのポイントを知ることで、勝率が高いトレードが実現できるのです。この3つのポイントを知るために、チャート分析を行っていきます。

まず最初に覚えておきたいのがレジスタンスラインとサポートラインの役割です。

この2本の線はトレンドラインと呼ばれたり抵抗線と呼ばれたり色々な呼び方があります。

この2つのラインとは、一定の方向に向かっている相場の高値・安値を2本の線でむすんだものです。上のラインをレジスタンスライン、下のラインをサポートラインといいます。

上昇トレンドのレジスタンスラインとサポートライン
上昇トレンドのレジスタンスラインとサポートライン
下降トレンドのレジスタンスラインとサポートライン
下降トレンドのレジスタンスラインとサポートライン
横ばいトレンドのレジスタンスラインとサポートライン
横ばいトレンドのレジスタンスラインとサポートライン

レジスタンスライン

では、チャート分析におけるレジスタンラインの役割を見ていきましょう。

レジスタンスラインとは、

ある1つのトレンドで動いている為替相場において、超えることはないだろうと思われる高値の価格帯のことです。

チャートを見ているとわかるように、上昇時でも下降時でもある価格帯にくると下がり、ある価格帯に触れると上るなどと繰り返しているのがわかります。

レジスタンスラインにある価格は高値の上限と推定されています。上昇しているからと思って購入したのに、価格が下がるのはレジスタンスラインで売却するトレーダーが多いからです。

teacher
レジスタンスラインは売却タイミングを読む上で役に立ちます。レジスタンスラインに来た時に売却することで収益率を上げていけます。

サポートライン

全く逆の意味を持つのがサポートラインです。サポートラインの役割を見ていきましょう。

サポートラインとは、

一定のトレンドで動いている為替相場において、これ以上は下がらないだろうと思われる安値の価格帯のことです。

サポートラインに相場が振れると、価格が反発しレジスタンスラインに向けて上昇する傾向にあります。サポートラインとレジスタンスラインを交互に繰り返して相場は動いていきます。

下がったと思って売却した後に価格が上昇するのは、サポートラインを狙っているトレーダーが多いからです。

teacher
サポートラインは購入タイミングを図る時に役に立ちます。サポートラインに来るのを狙って購入することで、上昇を期待することができます。

2つのラインを使って売買する例

では実際にレジスタンスラインとサポートラインを活用して売買する例をチャートで見ておきましょう。

2つのラインを使って売買する例

以上のようなタイミングで売買すれば3回に渡って利益が出せることになります。あるいは最初の「買い」から最後の「売り」のタイミングで売買する方法もあります。

勝つためのポイントは、

サポートラインの下限ぎりぎりで購入しておいて、レジスタンスラインを超えそうなところで売却することです。

teacher
ところが人の心理として、下降している時には下がりそうだから買いたくない、上昇すればまだ上がるかもしれないから売りたくない、となってしまうのが現状です。クールに判断していくのが難しくもあります。

ブレークポイント

レジスタンスラインとサポートラインについて理解できたら、次に覚えておきたいのがブレークポイントです。

ブレークポイントとは、

レジスタンスラインやサポートラインを超えて、新しいトレンドへと移行し始めるポイントのことをいいます。

ブレークポイントには2つのタイプがあります。それぞれどのような役割をしているのか見ていきましょう。

レジスタンスラインのブレークポイント

レジスタンスラインのブレークポイントとは、

高値の上限を飛び越えて一気に価格がジャンプするポイントのことをいいます。

相場がレジスタンスラインを完全に超えると、これまでレジスタンスラインだった線がサポートラインに切り替わります。もう一段上の価格帯に新しいレジスタンスラインが作られていきます。

レジスタンスラインのブレークポイント

上図のように、ブレイクポイントを超えるとこれまでレジスタンスラインだった価格帯が「買い」のポイント、新しいレジスタンスラインに価格帯が「売り」のポイントとなります。

新しいレジスタンスラインがどの辺りなるのか目安を付けておくことが大切です。

レジスタンスラインでブレークした時には、価格が著しく上昇する傾向にあります。ラインを超えたことでトレーダーの注目が集まるからです。

ただ、こちらのチャートを見てもわかるように、トレンドは常に切替わっていきます。新しい上昇トレンドを作ったこの相場はしばらくすると急落して下降トレンドに入っていきます。

サポートラインのブレークポイント

サポートラインのブレークポイントとは、

この価格まで下がると反発するはずだったラインを超えて、新しい下降トレンドを作り始めるポイントのことをいいます。

これまでサポートラインだった線は次のトレンドではレジスタンスラインになってしまいます。

サポートラインのブレークポイント

サポートラインを超えて下がってしまった時は、さらに下がり始める可能性があるため早めに見極めて売却することが大切です。

このチャートでは下がりきった後は、新しいサポートラインが作られまた上昇し始めています。

新しいサポートラインができるまで待つ方法もありますが、どこまで下がり続けるのか見えないことも多々あります。
teacher
早めに回復するケースもありますが、サポートラインを下回った時には注意が必要です。

トレンドラインを引く方法

では次にトレンドラインを自分で引く方法を解説していきます。

1.サポートラインを引く

たいていのトレードツールにてチャートにトレンドラインが書き込めるようになっています。まずは、サポートラインを引いてみましょう。

1.サポートラインを引く

ジグザグになっているグラフの下値を線で結びます。あえてわかりやすいチャートを選びましたが、最初は大まかにあたりをつける感じです。後で修正もできますので大まかなトレンド動向を見ていきます。

2.レジスタンスラインを引く

次に高値の位置を大まかに確認してレジスタンスラインを引きます。

2.レジスタンスラインを引く

これで、この上昇トレンドのレジスタンスラインとサポートラインが分かりました。

このチャートでいけば、現在はちょうどサポートラインから反発したところで、今後の上昇が見込めそうです。今この時点で購入して次のレジスタンスラインで売却すれば利益になりますよね。

teacher
ちなみにこのように高値が3回レジスタンスラインに触れている場合、トリプルトップといって次にブレークポイントを超える可能性が高くなります。チャート分析だけを考慮すれば今が「買い」です。

3.売買タイミングを計る

これらのトレンドラインから、相場予測をして売買のタイミングを図ることができます。

買いのタイミングはサポートラインの延長線上に目安を付けます。売りのタイミングはレジスタンスラインの延長線上で判断することができます。

3.売買タイミングを計る
teacher
もちろん必ず100%予測通りにいくというわけではありませんが、ある程度の目安にすることが可能です。何となく高い・安いで売買するよりは確実な方法です。

また、トレンドラインとチャネルラインとを分けて分析していく方法もあります。下記のテクニカル分析を参考にしてみて下さい。

様々なタイプのチャートがある

チャートと一言でいっても様々なチャートのパターンがあり、単純明快なものから複雑に変動するものなど色々です。どのようなトレンドラインの引き方があるのか参考までにいくつかご紹介しておきます。

合わせて上昇・下降のブレイクポイントも確認しておきましょう。

フラッグタイプ(上昇)
フラッグタイプ(上昇)

フラッグタイプは旗のような形をつくるチャートのことをいいます。上昇してきた相場が旗のような形を作る時はブレイクするサインです。

逆さフラッグタイプ(下降)
逆さフラッグタイプ(下降)

上記のように、下降してきたため旗が逆さまになる時は3回目のサポートラインに来た時には、下降するリスクがあります。

上昇パターン例
上昇パターン例

上記のパターンは安値、高値を3回繰り返した後でブレイクするチャートです。下降してきたものが上昇すると、山が逆さになったような形をするチャートのことです。上記のような形を作った時にブレイクする可能性があります。

下降パターン例
下降パターン例

反対に下から上昇してきたものが、上記のような山の形を作り、3、4回目の安値で反発しなかった場合そのまま急落していく恐れがあります。

teacher
チャートにトレンドライン、レジスタンスライン、サポートラインを引いて相場予測の練習をしてみましょう。

また、トレンドラインはどこからどこまでを繋ぐのか視点によって線の引き方が違ってきます。下記ではトレンドラインの引き方が詳しくご覧になれます。

FXチャート分析で勝つためにポイント

FXチャート分析で勝つためにポイント

それでは最後にFXチャート分析で勝つためのポイントをご紹介しておきます。

勝率を高めるポイント5選!

勝率を高めるポイントを5つ解説していきます。

1.テクニカル分析に集中する

FXの分析方法は、ファンダメンタル分析とテクニカル分析があることを最初にお伝えしました。テクニカル分析を行いながらも、その他のファンダメンタルな要素が気になってくるものです。

確かに、両方の要素を考慮して分析を行うことが大切ですが、それは最終的な段階で総合的にどうなのかを考えていきます。

チャートを見る時には、チャートが与えてくれる情報がすべてです。トレーダーの中にはファンダメンタルは一切考慮しないというテクニカル分析の熟練者もいます。

チャートの分析を行う時には100%チャートだけに専念することで鋭利で冷静な分析が可能となります。

2.時間足を変えて分析

次にチャート分析で大切なのが、時間足を分足から月足などと幅広い視野で見ていくことです。30分足で見たチャートと月足でチャートは全く動きが異なります。

日足で見るとレジスタンスラインに接している相場でも1時間足で見るとちょうどサポートラインに触れたところかもしれません。

それぞれのトレード手法に合わせて、あらゆる時間足を比較しながら優先するチャートを選ぶようにしましょう。

3.トレンドが変わるタイミングを読む

チャートは大きく3つのトレンドから構成されることを解説しました。

上昇トレンドにあっても、いつ下降トレンドに切り替わるかはわかりません。反対に下降トレンドにあってもある日突然上昇トレンドへと切り替わる可能性があります。

トレンドが変わるタイミングを素早くキャッチする人が勝利を収めることになります。トレンドの切替わりを読むにあたって、今回解説したトレンドラインが大きく役に立ちます。ブレイクポイントを逃さないように注意しましょう。

4.ロウソク足で市場心理を読む

チャート分析をする中で判断に迷うことも度々あるでしょう。そんな時に活用できるのがローソク足の分析です。

1本1本のローソクには複雑で繊細な市場の心理がそのまま反映されます。大きなトレンドの流れを掴むことも大切ですが、細部におけるローソク足の意味を探ることも非常に重要なポイントになります。

ローソク足が持つ意味を知ることで、相場への期待や不安がどれくらい強いのか計る目安になるでしょう。
ローソク足の見方は以下のサイトから詳しくご覧になれます。参考にしてみて下さい。

5.その他のテクニカル分析を学ぶ

テクニカル分析には様々な種類があります。代表的なテクニカル分析をいくつか見ておきましょう。

移動平均線

移動平均線は、一定期間における価格の平均値を折れ線グラフで表したものです。5日線、25日線、13週線、26週線など算出する期間は異なります。長期移動平均線に短期移動平均線が下から交差してくることをゴールデンクロスといって上昇のサインといわれています。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、相場の変動値(標準偏差)を一定期間で測定したものです。ボリンジャーバンドは移動平均線とその上下に記された標準偏差で構成されています。ボリンジャーバンド内に価格が収まっているか、または各線との開きなどから今後の相場を予測します。

一目均衡表

一目均衡表は、売り手と買い手のバランスによって将来の相場を予測していく方法です。バランスが崩れることによってどちらかの方向に相場が動いていくという考え方です。いつ相場が変わるのか、いつ目標の価格に達するのかなど売買タイミングを計る上で活用されています。

RSI

RSIは相場における買われすぎ・売られすぎ、を判断する分析方法です。一定期間の価格の上げ幅の合計と下げ幅の合計数にて数値が算出されます。一般的に、数値が70%を超えると買われすぎ、30%以下だと売られすぎだと判断されています。

MACD

MACDは移動平均線を活用した分析方法です。長期・短期の2つの移動平均線の平均の差を1本の折れ線グラフです。このMACDの数値をさらに一定期間で平均値を出したシグナルラインと2本で表示されます。MACDがシグナルラインを下から超えると買い、上から超えると売りのサインになります。

teacher
本格的にテクニカル分析を学んでいきたい方は、どうぞこちらを参考にして下さい。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はFXで勝つためのチャートの見方を解説していきました。チャートをしっかりと分析すれば、売買のタイミングがつかめて勝率が高い取引が可能になることがわかりました。

ただ、どのような高度なテクニカル分析・ファンダメンタル分析を行ったとしても完全ではありません。5分先、数日先、数か月先の相場がどうなるのかを100%知ることは不可能です。しかしわからないからこそ、買った時の喜びも大きいのです。

teacher
様々な分析方法がある中、これはといえる独自の手法をトレーダー自身で見つけていくことが大切です。独自の攻略法は様々な分析方法にて試行錯誤することで生まれてきます。

ぜひ、まずは今回ご紹介したトレンドライン、レジスタンスライン、サポートライン、ブレイクポイントで取引を実践してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mi001you

投資信託、株式投資、外貨預金、FX、金、プラチナ、不動産投資などのバランス投資を副業として5年目。自己流の金融ライターが投資や資産運用をわかりやすく解説します! これまでの経験を活かした節約・お得な金融情報なども公開しています。 職歴:飲食関連、IT業界、住宅設備等の営業職を経て、独学にて投資を学び個人投資家・金融ライターとして独立。