【保存版】FXデイトレードで勝つためのコツを徹底解説

FXデイトレードで勝つためのコツをつかめずに悩んでいますか?FXデイトレードで勝つためには、なぜ負けたのかを振り返ることが大切です。負けた理由がわかれば、ではどうすれば勝てていたのか導き出すことができます。

FXデイトレードは、中長期やスイングとは異なり1日の相場の流れを読まねばならない難しさがあり、毎日のチャート分析や情報収集力が勝負を左右してきます。短時間で利確・損切りを決意していくのは容易ではありませんよね。

負けた時には、損失を取り返そうとムキになってしまうものですが、時にはそれぞれのトレード手法をじっくりと振り返り、手を休めることも必要です。

teacher
今回は、FXデイトレードでどうすれば勝てるのだろうかと悩むトレーダーを対象に、FXデイトレードで勝つためのコツを徹底的に解説していきます。どうぞ参考にしてみて下さい。

FXデイトレード手法と仕組み

FXデイトレード手法と仕組み

FXデイトレードで勝つためのコツを掴むには、デイトレードの仕組みをしっかりと理解しておくことが大切です。まずは、そもそもFXデイトレードとはどのようなトレード手法になるのかを改めて確認していきましょう。

FXデイトレードとは?

FXデイトレードとは

1日で売買を完結させる取引方法で、数十分~数時間程度の短時間で取引を行います。その日の相場の安値・高値をある程度想定して利益を得ていく方法です。

FXデイトレードの仕組み

短時間で取引するといっても、具体的にイメージしづらいですよね。FXデイトレードの仕組みを具体的な例を挙げて見ておきましょう。

例えば・・・

「今日はトランプ大統領のあの発言から米ドルが上がるな」と思ったら朝のうちに購入しておいて、昼や午後に値上がりしていれば売却して利益を得ます。

「夕方のニュースの影響で米ドルは下がるな」と思ったら、夕方のうちに米ドル/円を売っておいて、夜に価格が下がってきたら買い決済にて利益を得ます。

あるいは・・・

「これから米ドル/円がレジスタンスラインを超えるな」と思ったらレジスタンスライン付近あるうちに米ドル/円を購入しておいてブレークしたら売りで利益を得ます。

「米ドル/円がとうとうサポートラインを下回ったから売りから入ろう」と下降を予測して売りから入り、下がりきったところで買いで利益を得ます。

teacher
といったように、その日の相場の値動きや、この後の値動きをある程度想定してから「買い」か「売り」かで取引を行います。その日のうちに決済して利益を得るのがデイトレードです。

デイトレードとその他の手法の違い

デイトレードとその他の手法の違い

FXのトレード手法は、大まかに取引期間の長さによって4つのタイプに分けることができます。

  1. 中長期トレード(期間: 数週間、数か月)
  2. スイングトレード(期間: 数日、数週間)
  3. デイトレード(期間: 数十分、数時間)
  4. スキャルピング(期間: 数秒、数分)

ここで、確認しておきたいのは、基本的に取引期間が長ければ長いほど、時間的に余裕があるため難易度・リスクは低くなります。一方、保有する期間が短ければそれだけに早急な決断を要するため難易度・リスクは高くなる傾向にあります。

また、トレーダーそれぞれの投資目的やライフスタイル・性格などによって長期がいいのか短期がいいのかなども異なってくるでしょう。

FXの4つのトレード手法

teacher
ではFXデイトレード手法の特徴を明確にするために、その他の手法との違いを比較してみます。FXトレードの4つの手法、それぞれの特徴を見ていきましょう。

中長期トレード(期間: 数週間、数か月)

中長期トレードは、長い期間をかけて為替差益やスワップポイントで大きな利益を狙っていくトレード手法です。多少の為替変動は気にしないのが特徴で、一般的に月足での安値圏・高値圏が売買の目安となります。

長期間保有することで含み損を利益に変えることも可能な反面、ともすると最適な利確・損切りのタイミングを逃しがちなデメリットもあります。

スイングトレード(期間: 数日、数週間)

スイングトレードは短期・中期トレードとも呼ばれるトレード手法で、数日から数週間にかけて取引を行っていきます。基本的に一定のトレンドにある相場を狙って、トレンドが切り替わる前に決済して利益を得ます。

各相場の美味しいところのみを転々とすることで、効率よく稼ぐことが可能です。売買タイミングを逃すと、利益の取り損ないや損失リスクもあります。

デイトレード(期間: 数十分、数時間)

デイトレードは1日の値動きから利益を得る方法で、数十分から数時間で売買を行っていきます。毎日移り変わるチャートや経済情勢が判断材料となるため、中長期やスイングよりもやや難易度は高くなってしまいます。

デイトレードは1日で利益を確定していくため、副業や本業として毎月一定の収益を得ることも可能です。ただ、毎日のトレード資金を確保する必要があり、損切りが必須となるトレード手法となります。重なる損切りによって、大きな損失を出すリスクがあります。

スキャルピング(期間:数秒、数分)

スキャルピングは、デイトレードをさらに短くしたトレード手法で、秒単位・分単位の取引を幾度となく繰り返すことで毎日の利益を狙います。最も難易度が高い取引手法となります。

瞬時に売買を判断していきますので、大きな損失・ロスカットなどのリスクが低い代わりに、ある程度のスキルや経験が必要となります。小さな利益を重ねて取引回数で勝負していきます。

teacher
以上が、FXの4つのトレード手法の特徴や違いです。FXデイトレードの仕組みや特徴、他のトレード手法との違いを把握しておくことが大切ですね。

以下の記事では、FXデイトレードのメリット・デメリットを詳しく解説していますので、見ておいて下さい。

デイトレードで勝つためのコツ

デイトレードで勝つためのコツ

FXデイトレードは短時間で利益が得られるトレード手法ですが、毎日変わり続ける相場にて短時間で売買を行っていくことは経験を積んだトレーダーであっても容易なことではありません。今すぐ始めていきなり稼げるわけではないことを理解しておきましょう。

安定して稼げるようになるには、時間はかかるものです。失敗しながらもコツコツとトレードを重ねてスキルや経験を積んでいくことが最善の方法です。
teacher
それでは、FXデイトレードで勝つためのコツを解説していきます。なかなか勝てないと悩んでいる方、これから始めようと思っている方はしっかりとデイトレードのコツを抑えていきましょう。

1.得意な分析手法を身に付けよう!

FXでは、いかに正確に為替相場を予想していくのかが勝負を左右していきます。通常、相場はテクニカルとファンダメンタルの双方の要素から動いていきます。

トレード手法を問わず、FXではテクニカル分析とファンダメンタル分析の基本スキルを身に付けることが必要不可欠です。

とくにデイトレードは数十分から数時間程度で売買を完結させていく手法です。じっくりと時間をかけて分析を行い売買を検討することができません。高度なスキルがなくとも、それぞれ得意とする分析手法が1つあれば初心者でもデイトレードで利益をあげていけます。

teacher
どんな分析方法があるのか、テクニカルとファンダメンタルと基本的なスキルをご紹介します。

テクニカル分析の基本スキル

テクニカル分析の基本スキルは

  • ローソク足チャート
  • レジスタンスライン・サポートライン
  • トレンドライン・チャネルライン
  • チャートパターン
  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド

などがあり、トレードをしながらでも学んでいくことができます。デイトレードで勝率を上げていくためには、どれでもいいので自分に合った使いやすい分析手法を深く掘り下げていきましょう。

得意な分析手法が1つでもあれば、短時間でのチャート分析も効率よく行うことができて、デイトレードの大きな武器になります。

ファンダメンタル分析

もう1つFXトレードで必要なのがファンダメンタル分析です。ファンダメンタル分析は、為替相場にかかわる各国の経済指標、経済・政治情勢、地理的要素、企業業績などのデーターをもとに相場を分析する方法です。

ファンダメンタル分析の基本スキル

ファンダメンタル分析の基本スキルは

  • GDP成長率
  • 雇用統計・失業率
  • 消費者物価指数
  • 金融政策
  • 長期国債の金利
  • 主要株式指数
  • 企業の時価総額
  • 事件・事故
  • ニュース

などがあります。米国、欧州、英国、日本、中国など主要国の情報だけでも、毎日膨大な数の情報が発信・公開されています。すべてのデーターを把握するのは不可能です。アプローチしやすいジャンル、得意なジャンルにポイントを抑えて情報収集することが勝率を上げるコツです。

得意なアプローチ法があれば、独自の視点から分析していくことができます。

米国の主要経済指標の発表時など、一時的に相場が急激に変動することがあります。大きな利益が狙えると同時に損失のリスクも大きくなるので注意して下さい。

2.デイトレードに適した通貨ペアを選ぶ!

デイトレードで勝つためには、デイトレードに適した通貨ペアを選ぶことが必要です。デイトレードに適した通貨ペアとはどのような通貨ペアなのでしょうか。

取引量が多い通貨ペア

デイトレードは数十分から数時間の取引で、基本的にその日のうちに利益を確定します。短時間でも効率よく稼いでいくためには、取引量が多くて値動きが期待できる通貨ペアを選ぶことが勝つポイントになります。

取引量が少ない通貨ペアを選んでしまうと、いつまでたっても価格が動かずに損もしなければ利益を得ることもできません。

国際決済銀行(BIS)の統計から取引量が多い通貨ペアのランキングをご紹介します。

取引量が多い通貨ペア ベスト5
  1. 1位: 米ドル/ユーロ
  2. 2位: 米ドル/日本円
  3. 3位: 米ドル/英ポンド
  4. 4位: 米ドル/豪ドル
  5. 5位: 米ドル/カナダドル

変動が激しい通貨ペア

取引量が多いことに加えて、変動が激しい通貨ペアを選ぶのもFXデイトレードで勝てるコツです。時期によって、注目が集まる通貨ペアも異なるのですが、英ポンドがらみの通貨は比較的に値動きが激しい傾向にあるようです。

定期的にSBIFXトレードでは通貨ペアの変動幅ランキングを公開しています。最近のデーターを参考に変動の激しい通貨ペアをご紹介しておきましょう。

変動が激しい通貨ペア ベスト5
  1. 1位: 米ドル/人民元
  2. 2位: ユーロ/NZドル
  3. 3位: 英ポンド/豪ドル
  4. 4位: ユーロ/豪ドル
  5. 5位: 英ポンド/米ドル
変動が激しい通貨ペアは、相場が読みづらいというデメリットがあります。急落・急上昇による損失のリスクも高くなるので慎重に取引しましょう。

3.デイトレードに適した時間帯を選ぶ!

FXデイトレードで勝率を上げていくには、取引量が多く活発な値動きが期待できる時間帯を選ぶことも大切です。デイトレードでおすすめの時間帯をご紹介しましょう。

デイトレードでおすすめの時間帯

ロンドン市場の時間帯
  • 夏時間4月頃~10月頃 → 16時~翌0時まで(日本時間)
  • 冬時間11月頃~3月頃 → 17時~翌1時まで(日本時間)
NY市場の時間帯
  • 夏時間4月頃~10月頃 → 22時30分~翌5時まで(日本時間)
  • 冬時間11月頃~3月頃 → 23時30分~翌6時まで(日本時間)
東京市場の時間帯

午前8時~午後15時まで

月曜日の早朝

ニュージーランド:ウェリントン市場のオープン時 → 早朝6時~7時

上記の市場がおすすめの時間帯ですが、各国の市場がオープンする前後はとくに値動きが活発になります。ニュース速報や経済指標の発表時なども売買が集中しやすいので、こまめに情報をチェックするようにしましょう。

4.少額取引で練習する!

1日で為替相場が動く範囲はある程度限られてしまい、一定額の利益を狙うためには最低でも1万通貨ぐらいあった方が効率が良いといえます。しかし、最初は少額取引にて練習するようにしましょう。

少額取引にてコツコツと小さな利益から狙っていきます。最初のうちは勝つというよりは、負けない取引を増やしていくイメージです。小さな利益でも、勝てる回数が増えてきたらロット数を増やして本格的に利益を狙っていくのが成功のコツです。

少額取引の場合、レバレッジを高くしすぎると、わずかな値動きでもロスカットの対象となってしまいますので注意して下さい。証拠金が少額ならレバレッジも低めに設定するようにして下さい。

teacher
FX初心者向けに少額取引のやり方や、少額取引ができるFX会社を以下の記事でご紹介しています。参考にしてみて下さい。

5.トレード日記でスキルを磨く!

FXデイトレードに限ったことではないのですが、FXトレードのスキルを磨くためにはトレード日記をつけて1日のトレードを振り返ることがとても重要です。

ただ単に勝った・負けたを意識するだけでは、なかなか上達できないものです。なぜ勝てたのか、なぜ負けたのか、理由を突き詰めることでスキルを磨くことができます。

具体的な数字の記録よりも、どのように考えてその通貨ペアを選んだのか、なぜその価格でエントリーしたのかエグジットしたのか、理由を書いておきましょう。そうすれば、次のトレードに活かすことができます。

トレード日記は、それぞれ書きやすく続けていけるスタイルでつけていくのがコツです。モチベーションが高まるようなノート・筆記用具、ソフトやツールを選んで楽しみながらトレード日記をつけていきましょう。

デイトレードで負けるパターンと対策

デイトレードで負けるパターンと対策

トレードで負けている時は冷静に振り返って、何が悪かったのか考えるのは難しくもあります。ついムキになって損失額を取り返そうとしたり、落ち込んでやる気をなくしてしまったりするものです。

何が負けの原因だったのか突き止めない限り、また同じ間違えを繰り返して次のトレードでも負けてしまうことになります。

どんな時に負ける?

teacher
そこで、デイトレードで負けるパターンにはどのようなパターンが考えられるのか、代表的な例をいくつか挙げておきたいと思います。合わせて対策や注意するポイントも解説していきます。

何となくトレードしてしまう

ありがちな負けパターンの1つが、相場予想をすることもなく、何となく相場の雰囲気で「上がるだろう・下がるだろう」でエントリーしてしまうパターンです。

この場合、そもそもエントリーした理由がないため、エグジットも曖昧となってしまいます。数分待てば上がり始める相場でも急いで損切りしてしまったり、損切りすべき相場でも意味もなくポジションを引きずってしまったりしてしまいます。

エントリーする時は、「○○だから買い」「○○だから売り」と売買する理由を明確にしておきましょう。エントリーする理由が明確になれば、エグジットする場所も明確に見えてきて勝率が高いトレードが実現するようになります。

損切り・利確ルールを設定していない

これも何となくトレードしてしまう例の1つですが、事前に損切り・利確のルールを設定していないことも負ける理由となってしまいます。

損切り・利確ルールはしっかり定めていたとしても、なかなか思ったように実行できないのが現実です。もともと設定していないのであれば、なおさらタイミングよく損切り・利確することは難しくなります。

デイトレードの最初のうちは数百円単位の損切り・利確ルールを定めて、徹底できるかどうか練習していくことが大切です。

デイトレードに慣れるまでは、万が一損切りしそびれたとしても中長期に転換して利益が期待できそうなポジションを狙っておけば安全です。損切りが重なって大きな損失を出すよりは、コツを掴むまでは無茶をしないで中長期への逃げ道を作っておくのも1つの方法です。

勉強・経験がもっと必要なのかもしれない

先にも解説しましたように、いきなりデイトレードを始めてすぐに稼げるようになるわけではありません。負けを経験して、失敗から学ぶことによってスキルを磨いて勝てるようになるのが一般的です。

FXデイトレードでなかなか勝てないと悩み落ち込んだとしても、心配する必要はありません。どんなに稼いでいるトレーダーでも、勝てないと悩み落ち込む時期は誰もが通る過程だといえるでしょう。むしろ、失敗を経験したからこそ勝てるトレーダーに成長できるのです。

もしかしたら、負けている理由とはまだFXの勉強や経験が足りないのかもしれません。失敗した時点でトレードをあきらめずに、勝てるようになるためにコツコツと勉強・経験を積んでいきましょう。
teacher
以下の記事では、FXデイトレードで勝つための手法を準備段階から詳しく解説しています。ぜひ合わせて参考にして下さい。

まとめ

まとめ

今回はFXデイトレードで勝つためのコツを徹底解説していきました。

FXデイトレードで勝てるようになるためには、どのように他のトレード手法とは違うのか理解しておくことが大切です。短時間で分析・相場予想を行い売買を決断していくのは容易なことではありません。

負けても当然だと思って、少額取引で練習から始めていくことが勝てるようになるコツです。負けた理由が何だったのか振り返ることで、次のステップ・次のレベルに進んでいくことができます。そうすることできっとデイトレードで安定して勝てるようになります。

teacher
この機会に、まずはデイトレード用のトレード日記を用意して、1日のトレードを振り返ることから始めてみましょう。すぐに稼ごうとは思わずに、コツコツと長い目で勉強・分析に毎日励んでいくことが一番の近道なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mi001you

投資信託、株式投資、外貨預金、FX、金、プラチナ、不動産投資などのバランス投資を副業として5年目。自己流の金融ライターが投資や資産運用をわかりやすく解説します! これまでの経験を活かした節約・お得な金融情報なども公開しています。 職歴:飲食関連、IT業界、住宅設備等の営業職を経て、独学にて投資を学び個人投資家・金融ライターとして独立。