プロのFXチャート分析実践講座「カギ足の見方と勝つための活用法」

FXトレードでは、思いがけず相場が反対方向に進んでしまうことも多々あります。チャート分析にインジケーターを挿入することで、相場が上がったり下がったりする前触れをキャッチすることが可能です。どのインジケーターも一長一短で完全に100%正確なサインをくれるものはないのが現状。勝率を上げるためには、複数のインジケーターの併用が欠かせません。

「FXプロのFXチャート分析実践講座」では基礎的なインジケーターから上級者向けのインジケーターまで幅広い種類をシリーズでご紹介しています。

今回のFXプロでご紹介したいインジケーターは「カギ足」です。

「カギ足」は名称からも分かるように、日本人が開発したインジケーターでその歴史は古く江戸時代にまでさかのぼります。「カギ足」を使うことで、トレンド転換のポイントや上昇・下降のタイミングを計ることができます。
teacher
どのインジケーターがいいのか判断するためには使ってみるのが一番です。「カギ足」の見方や基礎知識使い方や勝つためのトレード手法をわかりやすく解説していきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

FXテクニカル カギ足

FXテクニカル カギ足

「カギ足」は「カギ足チャート」とも呼ばれているインジケーターで、ローソク足の代わりにカギ足チャートを表示させる投資家もいます。「カギ足」には大きく2つのタイプがあって、メインチャートのローソク足と一緒に表示されるものと、メインチャートの下にサブチャートとして表示されるタイプがあります。

各自で利用している取引ツールの種類によって、どのように表示されるのかが異なります。メインチャートに表示されるタイプは、ローソク足の動きをカギ型のライン状にしたものです。ここでは、サブチャートとして挿入されるタイプの「カギ足」を解説していきます。

teacher
まずは最初に、「カギ足」の概要を簡単に見ていきます。

カギ足とは

カギ足とは

「カギ足」とは

「値幅足」とも呼ばれているチャートの表示方法で、値幅の騰落の状況をカギ/「」のような形状で表したものです。上昇・下降の値幅に重点をおき、時間の経過は考慮しない非時系列インジケーターとなります。「カギ足」を見ることで、トレンドや上昇・下降の相場動向がわかりやすくなるのが特徴です。

一定の価格変動があった時のみ「カギ足」のラインが付け足され、上昇した場合と下降した場合とで2色の色で表示されます。一定以上の変動がなかった場合は、ラインは動かないので、どのように価格が変動しているのかが一目で確認できます。

トレンドの流れや値幅、トレンドの転換ポイント、上昇・下降のタイミングなどを読むために使われています。

使い方は至って簡単で、「ラインの向き」「ラインの色」「パターン」からローソク足分析のように、相場を読むことができます。いくつかサインとなるパターンがあるので、それを目安に最適な売買タイミングを計ることができます。

カギ足の歴史

カギ足は、江戸時代に開発されたチャート(インジケーター)で、開発者は不明です。米や農作物の商取引に使われていた分析方法だといわれています。カギ足が開発されたのは、1800年代後半だという説もあり、由来や歴史は定かではありません。

おそらく、ローソク足のように過去の古い記録方法を、誰かが現代風にチャート分析にて使い始めたのではないかと思われます。ローソク足ほどポピュラーではないのですが、現在でも高く評価されているインジケーターで、古くからある日本の分析手法として海外の投資メディアでも紹介されています。

カギ足の基礎知識

カギ足の基礎知識

カギ足は、その他多くのインジケーターやチャート表示方法とは異なり、時間軸がない非時系列のインジケーターです。カギ足のラインは価格に変動があって初めて動くため、時間的なデーターを得ることはできませんが、価格変動の動きを基に売買圧力の強さがわかりやすいメリットがあります。

teacher
では、カギ足がどのような仕組みで表示されているのか、カギ足の基礎知識を解説していきいます。

カギ足の基本的な仕組み

カギ足は、あらかじめ設定されている変動率・変動幅を超える動きがあった時にラインが足されていきます。

例えば、ローソク足の場合は日足なら3日たてば3本のローソクが横に並びますよね。しかし、カギ足の場合は3日間で一定以上の値動きがなかったとすればラインは動かないのです。

カギ足は、時間を全く考慮しませんので、変動率・変動幅のみに集中した相場分析が可能となります。

変動率・変動幅の設定

カギ足の変動率・変動幅は、利用する取引ツールやチャートソフトによって、カギ足の設定には違いがあると思いますが、概ねデフォルトでは「変動率0.5~1%」または「変動幅1pips」あたりで設定されているようです。

変動率・変動幅が大きすぎるとカギ足はなかなか動きませんし、小さすぎると動き過ぎてわかりづらくなります。最初はデフォルトの状態で使ってみて、通貨ペアや時間足ごとに調整してみるといいでしょう。

カギ足ラインの動き方

カギ足は一定の値幅を超えた場合にルールに従って線が動いていきます。

基準となる価格から、どれくらい値が動いたかによって線が上か下かに伸びていきます。次に、上昇から下降、下降から上昇と動きが変わると線が横に直角に引かれます。そして新しい行にラインが引かれていきます。

ラインが引かれる例
ラインが引かれる例
  1. 基準値
  2. 基準値から5pips上昇
  3. ②の価格から4pips下降
  4. ③の価格から10pips上昇
  5. ④の価格から5pips下降
  6. ⑤の価格から5pips上昇

というように動いていきます。

カギ足は、非時系列なので時間的なデーターはわかりません。

2色のライン

カギ足は2色のラインで表示されます。色は各自で任意の設定が可能です。

色を分ける基準は、

  • 基準値よりも高い価格
  • 基準値よりも低い価格

となっています。

色を見るだけで、もともとの基準価格からどれくらい値が動いているのかが一目でわかります。

カギ足の「肩」と「腰」

カギ足の「肩」と「腰」

上向きのカギ足と、下向きのカギ足は「肩」「腰」と呼んで使い分けられています。

  • 上向きのカギ足 → 「肩」
  • 下向きのカギ足 → 「腰」
「肩」の位置が上がっているということは、上昇トレンドを意味していて、「腰」の位置が下がっているということは、下降トレンドを意味しています。
teacher
カギ足がどちらの方向に向いているのか、どのように推移しているのを見ていくことで最適な売買タイミングを計ることができるのです。

カギ足の見方

カギ足の見方
teacher
それでは、カギ足をどのように見ていけばよいのか、分析方法をカギ足チャートを見ながら解説していきます。

カギ足 トレンドの見方

カギ足の「肩」と「腰」の位置を目安にトレンドを見極めることが可能です。

カギ足で上昇トレンド・下降トレンドを見極めていく方法を見ていきましょう。

上昇トレンド

上昇トレンド

カギ足の「肩」を結んだトレンドラインが上昇にある状態を「肩上がり」といい、「腰」を結んだトレンドラインが上昇になる場合を「腰上がり」といいます。

「肩上がり」「腰上がり」が見られた時は相場が上昇トレンドにあることを表しています。
teacher
余談ですが、よくチャートの表現で「右肩上がり」といわれるのは、このカギ足からきているそうです。

下降トレンド

下降トレンド

カギ足の「肩」を結んだトレンドラインが下降している状態を「肩下がり」といい、「腰」を結んだラインが下降しているものを「腰下がり」といいます。

「肩下がり」「腰下がり」が見られた時は相場が下降トレンドにあることを意味しています。

一段抜きと二段抜き

トレンドが切り替わるポイントや、上昇・下降のタイミングがカギ足のパターンから読むことができます。代表的なパターンの1つに「一段抜き、二段抜き」があります。

上昇パターン
上昇パターン

1つ前の「肩」を抜いて上昇したカギ足のことを上昇の「一段抜き」、2つ前の「肩」を抜いて上昇した場合は上昇の「二段抜き」といいます。

「肩」で「一段抜き」「二段抜き」が見られた時は、上昇のサインで、追い越す「肩」の数が多いほど、強い上昇のサインとなります。

下降トレンドが長く続いた後で「一段抜き」「二段抜き」が出てきた時はトレンドが切り替わるサインと見ることができます。

下降パターン
下降パターン

1つ前の「腰」を抜いて下降したカギ足のことを下降の「一段抜き」、2つ前の「腰」を抜いて下降した場合は下降の「二段抜き」といいます。

「腰」で「一段抜き」「二段抜き」が見られた時は、下降のサインで、追い越す「腰」の数が多いほど、強い下降のサインとなります。

上昇トレンドが長く続いた後で「一段抜き」「二段抜き」が出てきた時はトレンドが切り替わるサインと見ることができます。

三尊

三尊

三尊は、坂田五法で紹介された代表的なカギ足パターンで、下向きの三尊は上昇のサイン、上向きの三尊は下降のサインとなります。真ん中のカギ足が長く、両端が同じくらい短くなるパターンを指します。

上昇トレンドや下降トレンドが継続した後で三尊が出てきた時はトレンドが切り替わるサインと見ることができます。

五嶮(ごけん)

五嶮(ごけん)

五嶮(ごけん)は、「肩」と「腰」の両方が徐々に上がっていく(下がっていく)パターンをいいます。

「肩」と「腰」が連続して5か所以上で上昇(下降)する場合は、さらに上昇(下降)していくサインと見ることができます。

トレンドの始まりや、真っ最中に五嶮が見られることが多いです。

teacher
というように、カギ足の色や位置、パターンから相場動向を読むことが可能なのです。

カギ足の使い方

カギ足の使い方
teacher
それでは実際に、カギ足を使ってFXでトレードする方法を解説していきます。
ちなみに、オシレーターのサブチャートのサイズが調整できる場合は、カギ足チャートの画面を大きめにした方がわかりやすいです。

一段抜き・二段抜きでエントリー・エグジット

一段抜き・二段抜きでエントリー・エグジット

「腰下がり」の下降トレンドが続いています。腰下がりにトレンドラインを引いて、確実にブレイクするタイミングを待ちます。一旦、「肩」がトレンドラインの上にブレイクする局面もありますが、サインが弱いですよね。ちょっと様子を見ます。

そして、トレンドラインを大きく超えて、2段抜きでブレイクしました。このタイミングで「買い」エントリーします。

上昇トレンドがしばらく続いて、「肩上がり」のトレンドラインが形成されました。下降トレンドに切り替わるサインを待ちます。上昇トレンドが続いた後で、二段抜きが出てきました。三尊にも近いパターンが出ています。下降トレンドに切り替わるサインですね。ここで「売り」エグジットで利確します。

三尊でエントリー・エグジット

三尊でエントリー・エグジット

「肩下がり」の下降トレンドにて、トレンドラインを引いてブレイクのタイミングを待ちます。三尊が出現して二段抜きと明らかに下降トレンドをブレイクしました。強い上昇トレンドのサインなので、ここで「買い」エントリーします。

予想どおりに上昇トレンドが始まったら、「腰上がり」または「肩上がり」にトレンドラインを引いて、今度は下降トレンドに切り替わるサインを待ちます。途中で大きく下げている場面がありますが、ぎりぎりトレンドライン内かなと判断できるので様子を見ます。

三尊が出てきてトレンドラインを下に大きく下がり始めました。二段抜きも相まって下降トレンドに切り替わるサインですね。大きく下げ始めたのを確認して「売り」エグジットで利確です。

五嶮(ごけん)でトレンドの波に乗る

下降中、上昇中のトレンドの波に乗って取引する際には五嶮(ごけん)が役に立ちます。

上昇トレンド

上昇トレンド

上昇トレンドが始まり五嶮(ごけん)が出てきました。上昇トレンドがこれから継続するサインです。ここで「買い」エントリーして上昇トレンドの波に乗ります。

上昇トレンドが始まってから、数回の五嶮(ごけん)が出てきますね。まだまだ上昇トレンドが続くサインなので、「腰上がり」のトレンドラインを引いてサインとブレイクを待ちます。

トレンドラインを下にブレイクして、かすかに五嶮(ごけん)と三尊を合わせたようなサインが出ています。結構上昇が続いていて、利益も出せているので、あまり強い下降のサインではありませんが、ここで「売り」エグジットして利確します。

下降トレンド

下降トレンド

下降トレンドが始まって五嶮(ごけん)が出てきました。まだまだ下がる可能性が高いと判断できますので、ここで「売り」エントリーでトレンドの波に乗ります。

あとは、「肩下がり」または「腰下がり」のトレンドラインを引いてブレイクとサインを待ちます。トレンドラインをブレイクした後で三尊が出ています。一旦価格が上昇、または上昇トレンドに切り替わる可能性があるので、今のうちに「買い」エグジットで利確しておきます。

teacher
「一段抜き/二段抜き」「山尊」「五嶮」などのカギ足のサインが重なった時ほど、強いサインだと見ることができます。その時の相場の状況に応じて、臨機応変にカギ足のサインを使ってエントリー・エグジットを計っていきます。

勝つためのカギ足トレード手法

FXチャート分析のインジケーターが多数ある中、どのインジケーターもサインが多すぎ・少なすぎたり・誤サインがあったりとメリット・デメリットがあって完璧ではありません。

カギ足のメリットは、価格変動に集中した分析が可能で一目で価格の推移がチェックできることです。しかし、デメリットもあってチャートの動きに連動しない局面も多く、タイミングが計りづらかったり、サインが多すぎたりするデメリットがあります。

FXトレードで勝率を挙げていくためには、必ず複数のインジケーター・分析手法を併用しながらサインを確証していくことが大切です。
teacher
そこで、最後にカギ足トレードで勝つためのおすすめの手法をご紹介しておきたいと思います。

トレンドライン・チャネルライン

「肩上がり」や「腰上がり」などトレンドの流れを目安にエントリー・エグジットを計るカギ足は、メインチャートにトレンドラインやチャネルラインを引いておくことで、的確なエントリーポイントが計りやすくなります。
トレンドライン・チャネルライン

メインチャートにて上昇トレンドや下降トレンドが形成されてきたら、トレンドラインやチャネルラインを引いておきます。そして、カギ足の方も「肩上がり」や「肩下がり」などのトレンドにラインを引いておきます。

  1. メインチャートの下降トレンドのトレンドラインを相場がブレイクした時のカギ足をチェックします。もし、その時に「二段抜き」や「三尊」などのサインが出ていたら上昇トレンドに切り替わる可能性が高いといえます。ブレイクとカギ足サインを確認したら「買い」エントリーです。
  2. 次に上昇トレンドが形成されてきたら、チャネルラインまたはトレンドラインを引いておけば、どの時点でカギ足をチェックすればよいのかがわかりますよね。チャネルラインのレジスタンス・サポートに相場が触れたらカギ足をチェックします。ある程度の利益が出ている場合は②の時点で、カギ足に下降サインが出ていれば「売り」エグジットで利確しておきます。
  3. まだ様子を見たい場合は③の動きをチェックするまで待ちます。ここでもし、サポートを下にブレイクするなら下降トレンドに切り替わる可能性が高くなります。サポートをブレイクした時のカギ足をチェックして、下降サインが出ていれば迷わずここで「売り」エグジットで利確です。
カギ足を使う上で注意しておくことは、その他多くのインジケーターのようにチャートの動きとは連動しないということです。メインチャートとカギ足の過去の動きを見比べてもマッチしません。
teacher
その時その時の現在のタイミングでカギ足の動きを見ることが成功のコツです。

ちなみにこちらの記事では、トレンドライン、チャネルラインの見方や使い方について詳しく解説しています。合わせて参考にして下さい。

まとめ

カギ足は相場の価格変動のみを計るインジケーターで、時間的なデーターは取り込まない非時系列のチャートとなることが大きな特徴です。カギ足の「肩」と「腰」の流れから、トレンドを読み、いくつかのサインを目安に上昇・下降のタイミングを計っていきます。

カギ足の代表的なサイン

  • 一段抜き・二段抜き
  • 三尊
  • 五嶮(ごけん)

です。

時間的に推移するチャートではないので、メインチャートの動きとマッチしない箇所が多々ありますので、過去の動きを調べるのにはあまり向いていません。つねに、現在の相場の動きがどうなのかをチェックするために使うことができます。
teacher
今回、ご紹介したようにトレンドラインやチャネルラインを引いておけば、どの時点でカギ足をチェックすべきなのかがわかりやすくなります。ぜひ、試しに使ってみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

mi001you

投資信託、株式投資、外貨預金、FX、金、プラチナ、不動産投資などのバランス投資を副業として5年目。自己流の金融ライターが投資や資産運用をわかりやすく解説します!これまでの経験を活かした節約・お得な金融情報なども公開しています。職歴:飲食関連、IT業界、住宅設備等の営業職を経て、独学にて投資を学び個人投資家・金融ライターとして独立。