プロのFXチャート分析実践講座「ペンタゴンチャートの見方と勝つための活用法」

「ペンタゴンチャート」は「五角形チャート」とも呼ばれているインジケーターで、正五角形に星型のラインを表示するものです。使ったことがないという投資家は多いのではないでしょうか。「ペンタゴンチャート」はフィボナッチやギャンのように描画機能を有したインジケーターなので、挿入する箇所によって効果が変わってきます。

あまり知られていないインジケーターですが、各自の投資スタイルや手法によっては非常に使えるインジケーターかもしれません。高く評価する投資家も少なくありません。まずは、試してみないことにはわからないですよね。

「FXプロのFXチャート分析実践講座」では基礎的なインジケーターから上級者向けのインジケーターまで幅広い種類をシリーズでご紹介しています。
teacher
今回のFXプロでは「ペンタゴンチャート」の基礎知識見方や使い方勝つためのトレード手法をわかりやすく解説していきます。ぜひ、参考にして下さい。

FXテクニカル ペンタゴンチャート

FXテクニカル ペンタゴンチャート

「ペンタゴンチャート」は、メインチャートに直接挿入するインジケーターで、多くのインジケーターと違って自分で起点となるポイントを設定する必要があります。設定場所によって見方や分析結果が変わってくるのが大きな特徴です。

teacher
まずは、「ペンタゴンチャート」の概要を簡単に見ていきましょう。

ペンタゴンチャートとは

ペンタゴンチャートとは

ペンタゴンチャートとは

正五角形の黄金比を応用したもので、黄金比に基づいて上昇・下降のポイントやトレンドの転換ポイントを計るインジケーターです。1つのペンタゴンから隣接するペンタゴンをチャートの流れに合わせて並べていきます。

ペンタゴンと聞くと、米国の国防総省の庁舎ペンタゴンをイメージしてしまいますよね。ペンタゴンとは英語でPentagon、正五角形のことを意味しています。米国の国防総省の庁舎も正五角形で構成されているためペンタゴンと呼ばれているのです。

ペンタゴンという語源は古代ギリシャ語の「ペンタゴーノン/正五角形」からきていて、正五角形には黄金比など神秘的な法則がたくさん隠れていることから、古代から多くの理数学者を魅了してきた図形なのです。

自然界のあらゆる事物が黄金比に基づいていることが発見されており、相場の動きも黄金比に沿って推移していくとの考えからペンタゴンが分析方法として使われるようになったのです。

ペンタゴンチャートが形成する各ラインを、トレンドライン、チャネルライン、レジスタンス・サポートラインとして使うことができます。ペンタゴンのラインから上昇・下降、トレンドの転換ポイントを探ることが可能だといわれています。
teacher
ちなみに、フィボナッチも黄金比を相場分析に応用したものです。数学の法則に基づいてチャートも動いていくと考えられています。

ペンタゴンチャートの開発者

ペンタゴンチャートは海外では見かけないインジケータで、国内で近年になって使われるようになったようです。日本人金融ジャーナリストの川口一晃(かわぐち・かずあき)氏によって考案され、国内FXにて導入されるようになりました。

川口氏は、三菱UFJなどの大手銀行系の投資顧問を経て、Bloombergでも活躍、2004年に独立してオフィスKAZを設立しました。現在は、金融・投資関連のラジオやテレビ、オンラインを介してセミナーや情報レポートなどで積極的に活躍している人物です。

川口一晃氏のオフィシャルサイトでもペンタゴンチャートの活用方法や解説を見ることができます。
「川口一晃オフィシャルサイト/コレモナニカノ円」はこちらから

「ペンタゴンチャート入門」という本も出版していて、外為オンラインやアイネット証券などでも定期的にセミナーを開催しています。
Amazonから本を購入したい方はこちらから

ペンタゴンチャートの基礎知識

ペンタゴンチャートの基礎知識

ペンタゴンチャートの基盤となっている黄金比とは何?と疑問に思う方もいるでしょう。

teacher
ここでは、そもそも黄金比とは何なのかなどペンタゴンチャートの基本的な仕組みを解説していきます。

ペンタゴンの黄金比

ペンタゴン/正五角形には、黄金比が隠されています。古代ギリシャ時代に正五角形の黄金比が発見され、その後建築や芸術など様々な分野にて正五角形の神秘的な法則が重視されてきました。

ペンタゴンの黄金比

上図のように、正五角形には角がA、B、C、D、Eと5つあります。各角を線で結んだ対角線と正五角形の各ラインは黄金比の関係にあります。

黄金比とは、紀元前4世紀ごろににピタゴラス学派のエウドクソスによって発見された比率です。「1:1.618」または「1:0.618」となる比率が最も美しく、バランスがとれた形状であることが自然界の様々な事物から発見されました。
  • 対角線AB:底辺AB = 1:0.618
  • 対角線BE:ラインBJ = 1:0.618
  • ラインBJ:ラインBF  = 1:0.618

というように、正五角形は黄金比に満ちあふれた神秘的な図形なのです。

黄金長方形

黄金長方形

黄金比の長方形をサイズを変えて並べていくと、どこまでも黄金比の長方形が形成される仕組みになっています。この黄金比の長方形の法則を「黄金長方形」といいます。

国旗や名刺、建築・絵画・デザインなどでも黄金長方形が採用されています。

黄金螺旋

黄金螺旋

黄金螺旋とは、黄金長方形のすべての角を線で結んでいくと黄金比率による渦巻きができることをいいます。

黄金螺旋はオウムガイの殻やヒマワリの種、人の頭のつむじ、台風の雲の渦など自然界で多く確認されている比率となります。

13世紀にイタリアの数学者、フィボナッチによって改めて13世紀に黄金比率の数列が確認されたため、黄金比のことをフィボナッチ数列・フィボナッチ比率と呼ぶこともあります。

代表的な黄金比

最も代表的な黄金比の例は、古代ギリシャのパルテノン神殿です。ピラミッドやパリの凱旋門など多くの歴史的建造物には黄金比が使われています。

代表的な黄金比

バラの花びらやヒマワリの種、松ぼっくりやオウム貝など、生物や植物にも黄金比が確認されています。

代表的な黄金比

古代ギリシャのミロのヴィーナス、モナリザ、レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロの絵画や彫刻も黄金比で構成されています。

代表的な黄金比

さらに、宇宙の星の並び、ミルキーウェイ(天の川)や、台風の雲にも黄金比が見られるのです。

代表的な黄金比

そして、人口マップなどのデータからも黄金比率が見られることが確認されています。

代表的な黄金比
teacher
このように、自然界の事物に見られるだけでなく、視覚化したデータからも黄金比が確認されたことから、データ分析や市場分析にも黄金比が採用されるようになったのです。

チャートの動きも視覚的な情報であるかぎり、自然界の法則・黄金比に従って美しい形状に近づいていくだろうと考えられています。ペンタゴンチャートは、自然界の法則に基づいた信頼性が高いインジケーターだといえます。

ペンタゴンチャートの基本的な仕組み

ペンタゴンチャートの基本的な仕組み

ペンタゴンチャートの基本的な仕組みは、

  • 価格はペンタゴンチャートの五角形の中を動いていく
  • 五角形の底辺や対角線など各ラインに沿って価格が推移する傾向にある
  • 各ラインはレジスタンス・サポートラインの機能を持つ
  • 各ラインはトレンド・チャネルラインの機能を持つ
  • 価格は各ラインの接点に近づく傾向にある
  • 各ラインの接点を節目にトレンドの方向性が変わりやすい

などの特徴があります。

ペンタゴンチャートは起点となる場所に1つの正五角形を設定して、隣接して次の正五角形を順番に並べていきます。相場は、並べた正五角形の中で推移していくので、上昇・下降のポイントやトレンドの転換ポイントが読めるというわけなのです。

teacher
ただし、自動的に正五角形が並べられるわけではないので、各自で起点となる場所や並べていく場所を設定しなければなりません。これが、若干テクニックを要するので初心者の方には使いづらいかもしれません。

ペンタゴンチャートの挿入方法

ペンタゴンチャートは自分で起点を決めて、正五角形を並べていきます。

ペンタゴンチャートを挿入する手順

ペンタゴンチャートを挿入する手順は、

1.スタート地点・起点を決める

ペンタゴンチャートの起点とは、最初の正五角形を設置する場所です。起点はトレンド転換があった場所や大きな上昇・下降があった場所が設定しやすくなります。

1.スタート地点・起点を決める

ペンタゴンチャートのカーソルが出てきますので、カーソルを起点の目安となるローソク足の上でクリックします。そうすると最初の正五角形が出てきますので、サイズや傾きをローソク足の動きにマッチするように調整します。

2.サイズや傾きを調整する

2.サイズや傾きを調整する

サイズや傾きを調整するコツは、底辺や対角線のラインをトレンドラインのようにローソク足の上値や高値の動きに合わせながら調整します。

マッチするサイズや傾きが決まったら、2つ目の正五角形をローソク足の方向にずらして設定します。3つ目、4つ目と続けてチャートの動きに合わせて並べていきます。

3.チャートの動きに合わせて正五角形を並べていく

3.チャートの動きに合わせて正五角形を並べていく

あとは、チャートの動きに合わせて正五角形を縦・横・斜めにどんどん増やしていきます。最初の起点さえしっかりラインとマッチしていれば不思議とチャートの動きと正五角形のラインがマッチしていきます。

最初の起点がずれていると、せっかくペンタゴンチャートを使っても有効なチャート分析ができなくなります。最初の起点は何度もやり直してしっかりマッチするように調整しましょう。

ペンタゴンチャートの見方

teacher
それでは、ペンタゴンチャートの見方をチャートを見ながら詳しく解説していきます。

ペンタゴンの各ライン

ペンタゴンの各ライン

まず、ペンタゴンチャートで重要となるのが正五角形と対角線が描く星型の各ラインです。

相場は、1つの正五角形の中で動いていき、1つの正五角形から価格が抜けると次の正五角形の中で動いていきます。ペンタゴンの各ラインはレジスタンス・サポート、トレンド、チャネルラインの機能を果たしています。

ペンタゴンの各ライン
  • レジスタンス・サポートライン
  • チャネルライン
  • トレンドライン

上図のチャートのように、ペンダゴンの各ラインが機能します。

各ラインを目安に価格が上昇・下降するタイミングやトレンド転換のタイミングを計ることができます。

ペンタゴンの各接点

ペンタゴンの各接点

次に重要なのが、ペンタゴンの各接点です。

相場は黄金比の法則に基づいて、各接点に近づこうとする傾向にあります。各接点が上昇・下降のポイントとなったり、トレンド転換のポイントとなったり、急上昇や急落が起こりやすい場所となります。

ペンタゴンの各接点

上図のチャートのように、

  • 上昇トレンドから下降トレンドに切り替わるポイント
  • 下降トレンドから上昇途r年度に切り替わるポイント
  • 価格が大きく上昇・下降するポイント

と各接点では変化が起きやすいのです。

各接点を目安に上昇・下降のタイミング、トレンド転換のタイミングを計ることができます。

各ライン・各接点での見極め方

各ライン・各接点にてローソク足がどのように動くかによって、相場を読んでいきます。

各ライン・各接点で反転するか、ブレイクするかを見る

各ライン・各接点で反転するか、ブレイクするかを見る
  1. ローソク足の上にあるラインをレジスタンスのポイントとして見ます。ここを抜けるとさらに上昇の可能性がありますが、上図のように反転した場合は1つ下のラインまで下がる可能性があります。
  2. サポートの役割を果たしているラインを下に抜けています。ここからさらに下降する可能性があります。もしここで反転していれば上の対角線に向けて上昇すると見ます。
  3. この接点にて価格は反転しています。ここから上昇トレンドに切り替わる可能性が高くなります。もしこの接点の下に価格が抜ければ、さらに下降トレンドが継続すると見ます。

次のペンタゴンに移行する方向を見る

次のペンタゴンに移行する方向を見る

ペンタゴンの一番外側のラインをローソク足が抜けると、次の隣にあるペンタゴンの中で相場は動いていきます。どちらの方向に価格が抜けるかによって、対象となるペンタゴンも変わってきます。

想定できる範囲で上下・斜めにペンタゴンを並べておけば、次の動きを読むことが可能となります。次のペンタゴンに相場が移行すれば、次のペンタゴンの各ライン・各接点が目安となり上昇・下降のターゲット価格も変わっていきます。

各ライン・各接点でのローソク足の動きを読むことで、次の相場動向が想定できます。

ペンタゴンチャートの使い方

teacher
では、実際にペンタゴンチャートを使ってFXトレードする方法を見ていきましょう。

各ライン・各接点でエントリー・エグジット

各ライン・各接点でエントリー・エグジット
  1. 下降トレンドにあった相場は、ペンタゴンの接点で反発。対角線に沿って上昇し始めています。上昇トレンドが始まると想定し、ここで「買い」エントリーします。
  2. 上昇に向かった相場は、ペンタゴンが描くトレンドラインの少し上で推移しています。上昇の勢いが強い状態と見ることができます。②のポイントでは価格が大きくジャンプして次のペンタゴンに移りました。上昇トレンドが継続すると判断します。
  3. ペンタゴンのトレンドライン前後で相場は推移していましたが、価格は上にあるペンタゴンまで上がりきれずに下がり始めています。下ののペンタゴンに移行する可能性があるので、ここで手堅く「売り」エグジットで利確です。
ショートの場合は、③のタイミングで「売り」エントリーですね。そして、上のペンタゴンに移る気配があった時に「買い」エグジットで利確できます。

勝つためのペンタゴンチャートトレード手法

ペンタゴンチャートは古代から使われている黄金比に基づいた信頼性が高いインジケーターです。しかし、どんなインジケーターでも100%完璧ではありません。

FXトレードで勝つためには、ファンダメンタルズを考慮しながら複数のインジケーター・分析手法を組み合わせることが大切です。

そこで、最後に勝つためのペンタゴントレード手法としてRSIを組み合わせた手法をご紹介しておきたいと思います。

RSIを組み合わせてエントリー・エグジット

RSIを組み合わせてエントリー・エグジット
  1. 相場は緩やかな下降トレンド。RSIは最下部にきて「売られすぎ」の状態を表し、上に向かい始めています。上昇トレンドに切り替わるサインです。ペンタゴンの接点で上昇に向かうタイミングで「買い」エントリーです。
  2. 相場はペンタゴンの各ライン・各接点をいくつか突き抜け大きくジャンプしました。RSIは最上部にきて「買われすぎ」のサインを出しています。ここで賢く「売り」エグジットで利確を決めます。ショートの場合はここから「売り」エントリーします。
  3. ショートのエグジットポイント1は、RSIが「買いシグナル」を出した時ですが、ペンタゴンでは微妙な位置にあります。ここで様子を見ることもできます。
  4. 再びRSIは最下部にきて「買いシグナル」、ペンタゴンもラインに触れて大きく上昇しています。上のラインを抜けて上昇に向かう可能性があるので、ここがショートのエグジットポイント2となります。
ペンタゴンチャートはラインがたくさん表示されるので、組み合わせるならオシレーター系でシンプルなインジケーターがおすすめです。
teacher
RSIの見方や使い方を詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にして下さい。
teacher
また、ペンタゴンチャートのように黄金比を基盤にしたインジケーター、フィボナッチ・リトレースメントについて以下の記事で解説しています。合わせて参考にしてみて下さい。

まとめ

ペンタゴンチャートは正五角形の黄金比を応用したインジケーターです。

ペンタゴンチャートの特徴は、

  • 価格はペンタゴンチャートの五角形の中を動いていく
  • 五角形の底辺や対角線など各ラインに沿って価格が推移する傾向にある
  • 各ラインはレジスタンス・サポートラインの機能を持つ
  • 各ラインはトレンド・チャネルラインの機能を持つ
  • 価格は各ラインの接点に近づく傾向にある
  • 各ラインの接点を節目にトレンドの方向性が変わりやすい

などです。

ペンタゴンの各ライン・各接点を目安に上昇・下降のタイミング、トレンド転換のタイミングを見ることができます。
teacher
今回ご紹介したように、RSIのようにシンプルなオシレーター系と組み合わせて使うとより効果的です。ぜひ試しに使ってみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

投資信託、株式投資、外貨預金、FX、金、プラチナ、不動産投資などのバランス投資を副業として5年目。自己流の金融ライターが投資や資産運用をわかりやすく解説します! これまでの経験を活かした節約・お得な金融情報なども公開しています。 職歴:飲食関連、IT業界、住宅設備等の営業職を経て、独学にて投資を学び個人投資家・金融ライターとして独立。