FXスイングトレードで勝つための最適なレバレッジ設定とは?

FXスイングトレードのレバレッジはどれくらいにすればよいのか、これからトレードを始めるにあたって疑問に思う方もいるでしょう。FXではレバレッジがかけれることが最大の魅力ですが、利益が数倍にできるかわりに損益も数倍に増えてしまうことを忘れてはいけません。

スイングトレードは基本的にポジションを保有する期間も長くなるため、ある程度の含み損に耐えられるように低めのレバレッジにて設定していく必要があります。スイングトレードは中期的な視野で利益を狙います。頻繁にチャートをチェックするわけではないので、レバレッジを高くすることで知らない間に急激な相場変動によってロスカットに合う危険性があります。

リスクを抑えつつも、レバレッジを上手に活用してスイングトレードで成功していきたいものです。

teacher
今回は、スイングトレードで勝つための最適なレバレッジについて、具体的な例を挙げながらわかりやすく解説していきます。ぜひ、これからのスイングトレードにお役立て下さい。

FXのレバレッジ

FXのレバレッジ

FXではレバレッジをかけて、手持ちの資金の最大25倍まで取引することが可能です。

国内のFXでは、レバレッジが適用できるのは最大25倍までと金融法で定められています。ちなみに海外FXでは500倍程度までかけれます。

まずは最初にFXのレバレッジの仕組みについてに解説しておきましょう。

レバレッジとは

レバレッジとは

資金を数倍に増やして取引ができる金融商品の仕組みのことをいいます。口座に預け入れた資金を元手に(保証金/証拠金)最大25倍まで取引資金を増やすことができます。

例えば1万円の資金を口座に入金したとすれば、25万円分の取引が可能となるのです。

25倍のレバレッジをかけた場合

25倍のレバレッジをかけた場合、どれくらいの資金でどれくらいの取引が可能なのか見ておきましょう。

  • 1万円 → 25万円
  • 2万円 → 50万円
  • 3万円 → 75万円
  • 4万円 → 100万円
  • 5万円 → 125万円
  • 10万円 → 250万円
  • 100万円 → 2,500万円

レバレッジのメリット・デメリット

手持ちの資金以上の取引が可能となるレバレッジは多くの投資家にとって魅力となってますが、レバレッジは最強の武器ともなれば、最悪の落とし穴ともなり得るのです。

利益を数倍に増やせる

数倍の資金が使えるということは、利益も数倍に増やすことが可能です。本来なら3,000円の利益でも、レバレッジで取引量を増やしていけるので利益も3倍、5倍、10倍にできます。

損益も数倍に増える

しかし、利益が数倍に増やせると同時に、損益も当然ながら数倍に増えていくのです。本来なら3,000円の損益でも3倍、5倍、10倍に増えてしまうわけです。

このようなレバレッジの仕組みによって、利益を倍増させることもできれば、損益を倍増させる結果になることもあります。レバレッジが高くなるほど、大きな利益が期待できる反面、損益のリスクも高くなっていくのです。

レバレッジの危険性

レバレッジの危険性

レバレッジのデメリットは単に損失が拡大するだけでなく、ロスカットされる危険性が高まる点にもあります。

ロスカットとは

レバレッジをかけて手持ちの資金以上の取引を行うことで、残高がマイナスになる可能性が生じてしまいます。残高がマイナスにならないように、残高が一定のレベルを下回ると強制的にFX会社が決済する仕組みのことをいいます。

ロスカットは、もともと金融法によって投資家を守るために定められている制度なのですが、場合によっては一時的な為替変動でも強制的に決済されてしまうというデメリットがあるのです。

teacher
どういうことかというと・・・

ロスカットの基準

FX会社によってロスカットの基準は異なり、証拠金維持率が100%~50%達した時に強制的にロスカットされてしまいます。ロスカットされると、含み損を抱えたポジションは否応なしに決済されますので、もうこれ以上価格が戻るのを待つことができません。

含み損が決済されることで、大幅な損失が確定してしまいます。

レバレッジを高くすると、証拠金維持率はわずかな値動きでも大きく低下しますのでロスカット基準となる100%~50%以下になる確率が高くなってしまうのです。

証拠金維持率とは

証拠金維持率とは

現在保有しているポジションの価格が、取引口座の残高に対してどれくらいの比率になっているかを示す数字です。

有効証拠金 ÷ 必要証拠金 × 100 = 証拠金維持率

で計算することができます。

レバレッジ証拠金維持率
1倍2500%
2倍1250%
5倍500%
10倍250%
25倍100%

レバレッジが1倍だと証拠金維持率は2500%で、よほど天変地異的な価格変動がない限りは100%以下に低下することはあり得ないといえます。レバレッジが25倍だとすでに100%です。ここからわずかな値動きにて一気に証拠金維持率が低下してしまいます。

teacher
通常は自分で計算しなくても、取引状況や損益状況のデータのところに表示されています。この数字はとても大切な数字なので必ずチェックするようにしましょう。

レバレッジは何倍なら安全?

では実際に、何倍のレバレッジなら安全性が確保できるのかを調べてみたいと思います。どれくらいの値幅でロスカットになってしまうのかを、1倍、3倍、10倍で比べてみます。

レバレッジ1倍

わかりやすいように米ドル/円を100円、ロスカット基準が50%で想定して計算していきます。

証拠金が10万円で計算

レバレッジ1倍、証拠金10万円で買える米ドルは1,000通貨(1,000ドル)です。

10万円 × 50% = 5万円

5万円 ÷ 1000通貨 = 50円

レバレッジ1倍の場合、米ドルが50円下がるまではロスカットにはなりません。米ドル/円が50円も下がる確率は非常に低いため、ほぼロスカットの危険性はないといえます。

※証拠金1万円、100万円と金額を問わず同じです。

レバレッジ3倍

次に3倍ではどうなるでしょうか。

証拠金が10万円で計算

レバレッジ3倍、証拠金10万円で購入できる米ドルは3,000通貨(3,000ドル)です。

30万円 × 50% = 15万円

15万円 ÷ 3,000通貨 = 16.666円

レバレッジ3倍だと、約16円の値幅までロスカットに耐えることができます。値幅が16円も動くには一般的に数か月~1年以上はかかるといえます。3倍でも安全性は高いといえます。

※証拠金1万円、100万円でも約16円の値幅に対応できます。

レバレッジ10倍

では、レバレッジが10倍の場合はどうなるでしょうか。

証拠金10万円で計算

レバレッジ10倍、証拠金10万円で購入できる米ドルは10,000通貨です。

100万円 × 50% = 50万円

50万円 ÷ 10,000通貨 = 5円

レバレッジ10倍だと、ロスカットにならない値幅の許容範囲は一気に狭くなります。一般的に数日間で5円も動くことはありませんが、何か突発的な重大な出来事があった時にはあり得ないとはいえないところです。

短期での保有ならぎりぎりOKかなという気もしますが、初心者の方にはやはりリスクが高いといえるでしょう。

※証拠金1万円、100万円でも許容範囲は5円です。

初心者は低レバレッジから始める

少額でも取引量が増やせるレバレッジは魅力的ですが、高いレバレッジは損失が数倍になるだけでなく、ロスカットによって大きな損失が確定してしまうリスクが生じます。初心者の方は、トレード手法を問わず、最初は低めのレバレッジから始めた方が安全なのです。

teacher
5倍以下のリバレッジから始めてみるのがおすすめです。FX取引のコツを覚えて利益が出せるようになるまでは、どんなに高めのレバレッジだとしても10倍程度にとどめておく方が損失のリスクを抑えていけるでしょう。

FXスイングトレードの特徴

FXスイングトレードの特徴

レバレッジは長期のトレードになるほど低めに設定して方が無難です。スイングトレードは中期でポジションを保有していきますので、レバレッジは5倍以下で設定するのが無難です。

ポジションを保有する期間が長くなるほど、為替変動のリスクも高くなっていきます。FXスイングトレードでそれぞれにとって最適なレバレッジを決めていくために、スイングトレードの特徴を改めて解説していきます。

スイングトレードの期間

スイングトレードは数日~数週間で取引をする中期のトレード手法となります。

スイングトレードは長期トレードよりは短めで、デイトレードよりは長めにポジションを保有します。中期のトレードといっても、大まかには短期のスイングトレードと長期のスイングトレードと2つのタイプに分けることができます。

どれくらいの期間で取引していきたいのかによって、どれくらいのレバレッジならロスカットの危険性が回避できるか判断していけるでしょう。

2,3日~1週間程度の短期スイングトレード

デイトレードのように毎日は取引できないけれど、2,3日~1週間程度のペースで取引をしていきたい方は、狙う値幅もやや小さめになります。

2,3日~1週間程度で動く値幅は、その時期や選ぶ通貨ペアにもよりますが、概ねで50pips~200pips程度です。

チャートで見る短期スイングトレード
チャートで見る短期スイングトレード

上記のチャートは米ドル/円の1時間足チャートです。

4月2日には107.25円、4日後の4月6日には109.28円で約200pips動いています。

勝つための最適なレバレッジ

短めにポジションを保有するのであれば5倍程度のレバレッジが最適なレバッレジです。せっかくレバレッジが使えるのに、利用しないのは勿体ないですから3倍以上はかけたいところです。もし、こまめにチャートをチェックして証拠金維持率を管理していけるのであれば、10倍でも何とか大丈夫なのかなとも思えますが、取引に馴れてからの方がよいと思います。

数週間~数か月の長期スイングトレード

時間に余裕をもって、長めの期間で取引していきたい方は、値動きの幅にも余裕を持たせておくことが大切です。数週間~1,2か月以上の期間になると価格の変動幅も大きくなり、200pips~500pips程度は動くことが予想されます。

チャートで見る長期スイングトレード
チャートで見る長期スイングトレード

上記のチャートは米ドル/円の4時間足チャートです。

4月24日には112.33円だった米ドルは約3週間で300pips動いています。

勝つための最適なレバレッジ

スイングトレードでも長めに保有するのであれば3倍程度にレバレッジは抑えておきたいところです。スイングトレードは半ば放置状態であっても取引していける点が魅力となっていますので、頻繁に為替レートのチェックや相場予想ができない方は証拠金維持率にも余裕を持たせておくことが重要なポイントになります。

もし、取引にもある程度慣れてきてこまめにチャートの確認ができるのであれば、5倍あたりでも、ある程度の安全性は確保できるでしょう。

レバレッジのリスク対策

レバレッジによるリスクを回避する対策を考えていけます。

  • 新型コロナなど不安材料が大きすぎる時は取引を控える
  • 為替相場の乱高下が激しすぎる時は取引を控える
  • 損切・利確をこまめに行う
  • チャートや為替レートをこまめにチェックする
  • 逆指値注文を必ず入れておく
teacher
以上のような対策を考えることで、急激な為替変動による損失やロスカットのリスクを低減していけます。ただ、初めての取引で不安に思われる方や、ある程度の資金が用意できる方は、1倍のレバレッジで始めてみてもいいでしょう。

レバレッジの仕組みと設定方法

レバレッジの仕組みと設定方法

レバレッジの損失リスクや、レバレッジによるロスカットのリスクについて理解できたところで、具体的にレバレッジを設定するにはどうすればよいのか気になりますよね。口座を解説する時に「レバレッジ〇倍」と設定しておけばいいのでしょうか。それとも取引する度に「この取引はレバレッジ〇倍」と設定できるのでしょうか。

実はレバレッジの設定は、各自で自由に設定できると誤解してしまう方も多いのですが、ほとんどのFX会社ではレバレッジを設定する機能はないのが現状です。

ちなみに、海外FX会社や一部の国内FX会社では、あらかじめレバレッジの設定を指定・選択できます。
teacher
では最後に、一般的にどのような仕組みでレバレッジが決まるのかを解説しておきましょう。

レバレッジが決まる仕組み

FXのレバレッジは、多くの場合「預け入れた証拠金」の金額と注文条件に応じて自動的に設定されています。通常は、2倍がいい、3倍にしたいなどと自分で決めることはできません。

預け入れた証拠金(資産残高)と、実際に取引する通貨ペアの為替レートと取引量とのバランスにてレバレッジを調整する仕組みになっています。従って、注文する時に必要な金額がいくらなのか、希望するレバレッジは何倍か、証拠金はいくら必要かなど、各自でバランスを考えて調整していきます。

このように注文内容と証拠金によって自動的にレバレッジが設定される仕組みを実効レバレッジといいます。国内FXでは実効レバレッジを採用しているFX会社がほとんどです。

レバレッジを調整する例

レバレッジを各自で調整する方法は、まず証拠金から概ねで希望するレバレッジをかけた時の金額はいくらなのかを概ねで把握しておきます。証拠金に希望レバレッジをかけて算出した金額が取引に使える金額になります。

証拠金 × 希望するレバレッジ
  • 10万円(証拠金) × 3倍 = 30万円
  • 10万円(証拠金) × 5倍 = 50万円
  • 10万円(証拠金)× 10倍 = 100万円

例えば、証拠金が10万円でレバレッジを3倍程度に抑えたい場合は、ポジションの注文にかかる総金額は30万円程度が目安となります。注文内容は30万円以下に抑える必要があるということです。米ドル/円が100円であれば3,000通貨の注文にて、実効レバレッジ3倍が適用となります。

3倍で抑えたい場合、5000通貨を取引するなら実効レバレッジが5倍となりますので予定よりもオーバーしてしまうわけです。

  • 100万円(証拠金) × 3倍 = 300万円
  • 100万円(証拠金) × 5倍 = 500万円
  • 100万円(証拠金) × 10倍 = 1,000万円
証拠金が100万円で、レバレッジを5倍程度にしたい場合は、注文内容を500万円以下に抑える必要があります。もし、英ポンド/円が150円であれば30,000通貨の購入で450万円です。40,000通貨で注文すると600万円の取引となり5倍をオーバーしてしまいます。
teacher
以下の記事では、レバレッジの仕組み・計算方法について詳しく解説しています。合わせて参考にしてみて下さい。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はFXスイングトレードで勝つための最適なレバレッジ設定について解説していきました。スイングトレードはそれぞれの投資目的やライフスタイルに合わせて、数日程度の短期スイングトレード、数週間程度の長期スイングトレードとに分けることができます。どれくらいの期間でどれくらいの値幅を狙うのかによって、最低なレバレッジも変わってきます。

短めの期間で取引するならば5倍程度。長めのスイングならば3倍程度のレバレッジが理想です。多少のリスクを承知の上で効率よく稼ぎたい方は5倍以上のレバレッジもありですが、こまめにチャートをチェックするなどの対策が欠かせません。

利益よりも安全性を最重視するならば、取引期間を問わず3倍以下にしておいた方が良いでしょう。

レバレッジは基本的に自分で事前に設定しておくことはできません。証拠金と注文内容によって自動的にレバレッジが設定される仕組みになっています。最初に証拠金の金額に応じて希望するレバレッジで注文できる金額はいくらまでなのか、大まかにでも確認しておくことが大切です。

teacher
証拠金と注文条件(為替レート・取引量)のバランスをとって希望するレバレッジになるよう調整していけます。レバレッジを調整しやすくするためにも、最低取引通貨が1,000通貨なのか10,000通貨なのかも考慮しておきたいですね。それぞれの状況に合わせた無理のないレバレッジにてスイングトレードを成功させていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mi001you

投資信託、株式投資、外貨預金、FX、金、プラチナ、不動産投資などのバランス投資を副業として5年目。自己流の金融ライターが投資や資産運用をわかりやすく解説します! これまでの経験を活かした節約・お得な金融情報なども公開しています。 職歴:飲食関連、IT業界、住宅設備等の営業職を経て、独学にて投資を学び個人投資家・金融ライターとして独立。