【2020年】絶対におすすめしたい海外FX会社・海外FX口座比較ランキング。海外FXがおすすめの理由・注意点も合わせて解説します!

海外FXはハイレバレッジやボーナスなど国内FXで得られない数々のメリットがあり、あえて海外FXを選ぶ投資家も増えているようです。海外FXは国内FXとは若干使い勝手が異なるものの、基本的に為替取引をして利益を得るという流れは国内FXと全く同じです。日本語サイトも用意されていて日本円口座が開設できる海外FX口座もあります。国内FXとほとんど変わらない環境にて取引することが可能です。

国内FXに慣れてくると、ハイレバレッジで取引できる海外FXの存在が気になる方は多いのではないでしょうか。

海外FXは文字通り、海外のFX会社ですから国内FX業者に比べると情報も少なく、中には誤った情報もあります。いざ始めたいと思っても、どの海外FX会社、海外FX口座を選べばよいのか悩んでしまいます。

teacher
今回は、これから海外FXを始めたいとお考えの方を対象に、おすすめの海外FX会社・海外FX口座の比較ランキングをご紹介していきます。海外FXについて、よくわからない方もいると思いますので、海外FXと国内FXを比較しながら海外FXがおすすの理由などもご紹介しておきます。ぜひ、参考にしてみて下さい。

海外FXと国内FX

海外FXと国内FX

海外FXとはそもそも国内FXとどのように異なるのでしょうか。最初に海外FXと国内FXの根本的な違いを解説しておきましょう。

海外FXと国内FXの違い

海外FXと国内のFXはハイレバレッジやボーナスなどサービス面で大きく異なる点がいくつかありますが、最も大きな違いは日本の金融庁によって管理されているかどうかという点です。

海外FXを始める方は、最初に海外FXの法律的な位置づけをしっかりと理解しておくことが大切です。

ネット検索で海外FXについて調べていると、海外FXは無登録業者だから危険だとか、違法で営業しているだとか書かれているのを見かけると思います。そこで、法律的にどうなのかというところが海外FXの不安要素になっている方は多いでしょう。
teacher
まずは、海外FXと国内FXの法律的な位置づけの違いについて詳しく解説しておきます。詳しく解説する前にお伝えしておきたいのは、日本の居住者が海外FXで取引をするのは違法ではありませんので、ひとまずご安心下さい。

国内FXは日本の金融庁の管轄にある

国内FXとは

基本的に国内に本店・支店を構えてFXサービスを提供している業者のことです。
国内FX業者に限らず、日本国内に拠点を持ってビジネスを行う場合は、原則として日本の法律に従う義務があります。国内FX業者も総じて金融庁によって法律的に管理されています。
国内の金融業者は、日本の金融ライセンスを取得しなければ営業することができません。従って、すべての国内FX業者は一定の信用度があり、かつ金融法に従っていることが約束されています。

国内FXの規制

国内FX業者は以下の規制に従うことが義務づけられています。
  • レバレッジ制限 → 最大で25倍まで
  • ロスカットルール → 損失が基準に達すると強制ロスカット
  • 信託保全 → 顧客の資金は、万が一の倒産時にも全額保証

サービスの違いこそあれ国内FX業者はどこを選んだとしても、金融庁の管轄にあるため安心して利用できるのが大きな特徴です。

国内FX業者の特徴は

  • 国内に本社・支社があり日本の居住者を対象にサービスを提供している
  • 金融商品取引業の登録・認可を受けている(金融ライセンス)
  • 日本の金融庁が定める規制に沿って業務を行っている

海外FXは日本の金融庁の管轄外にある

海外FXとは

海外FXは海外に本社・支店を持ちFXサービスと提供しています。日本国内に拠点を持たない海外FXは日本の法律にて管理することができません。海外F業者は日本の金融庁の管轄外にある業者となります。

海外FX業者は無登録業者や認可を得ていない業者だといわれることもありますが、言い方を変えるなら、海外の拠点にてサービスを提供している以上、日本の金融庁の許可を得る必要はないのです。

海外FXはオンラインサービスの普及に伴って、グローバルな規模でFXサービスが提供されるようになりました。金融商品の取り扱いに関しては拠点となる国の法律に従う必要があり、海外FX業者はそれぞれ拠点を置いてる国の金融ライセンスにて営業しています。

海外FXの金融ライセンス

海外FXの金融ラインセンスには、どのような種類があるのか代表的なものをいくつか見ておきましょう。

  • イギリス金融行動庁 FCA
  • キプロス証券委員会 CySEC
  • ニュージーランド金融市場庁 FMA
  • オーストラリア証券投資委員会 ASIC

上記の金融ラインセンスは比較的に審査が厳しく、安全度が高いとされている金融ライセンスです。

海外FXは違法ではないのですが、かといって推奨されているわけでもありません。日本の金融庁の立場からいけば、できれば国内FX業者を使てほしいという思惑があります。従って、金融庁からの圧力によって海外FXは比較的に規制が緩い金融ラインセスに移行したり、法人登録のみに切り替えるなどの動きが近年は見られています。
  • ベリーズ IFSC
  • セーシェル SIBA
  • ケイマン諸島 CIMA
  • セントビンセント・グレナディーン SVGFSA

など・・・

teacher
グループ会社や親会社は安全度が高い金融ライセンスを取得していても、あえて日本人向けのサービスは規制が緩めの金融ラインセンスにて提供されているケースも多くなります。

安全性を重視した場合には、国内FXよりも若干見劣りしていしまうのが海外FXの大きな特徴だといえます。

海外FXのメリット・デメリット

海外FXのメリット・デメリット

では、次に海外FXのメリット・デメリットを確認しながら、海外FXのさらなる特徴を掴んでいきましょう。

海外FXのメリット

海外FXの最大のメリットは桁違いのレバレッジがかけれる点にあります。他にもボーナスなど国内FXにはないサービスを提供しています。どんなメリットがあるのかまとめると以下のようになります。

  • ハイレバレッジで取引ができる

→(最大で500倍~1000倍)

  • 追証なしのゼロカットシステムが採用されている

→(残高がマイナスになることはない)

  • 透明性が高いNDD取引システムで取引できる

→(業者側で約定拒否など不正操作はできない)

  • 証拠金として使える口座開設ボーナス・入金ボーナスがある

→(海外FX業者によっては入金不要でボーナスがもらえる)

  • 高機能のMT4が使える

→(多彩な分析機能・自動売買プログラム搭載)

  • 利益が少額の場合は節税が可能

→(税率が低くなる)

  • 高機能の分析ツールが使える

→(国内にはないツール)

  • 取り扱う金融所品が多彩

→(通貨ペアやCFDの種類が多い)

teacher
国内FXに比べると安全面では不安が残るものの、海外FXでは国内FXにはない多彩なサービス・機能によって満足度の高いFX取引が実現できるといえるのです。

海外FXのデメリット

海外FXの最大のデメリットは、先述したように安全面で不安が残る点です。他にも、いくつかデメリットがありますので確認しておきましょう。

  • 日本の法律の対象外となる

→(万が一のトラブルに法律で対処できない)

  • 日本以外の国の金融ライセンスで営業している

→(規制が緩い金融ライセンスも多い)

  • 法人登録のみで営業している海外FX業者もある

→(海外FX業者による)

  • 信託保全を採用していない海外FX業者も多い

→(一部の海外FX業者は信託保全有り)

  • FXで稼ぐ金額が大きくなれば税率が高くなる

→(総所得額によって税率が変わる)

  • 日本円で取引ができない海外FX口座も多い

→(一部の海外FX業者は円口座有り)

  • 日本語サポートが十分でない海外FX業者もある

→日本人スタッフがいない海外FX業者もある

  • 入出金方法が限られている

→(海外FX特有のルールがある)

teacher
以上のように、海外FXではハイレバレッジなど満足度が高い取引ができる代わりに、使い勝手が国内FXと異なるため戸惑うことも多くなるかもしれません。

事前に基本的な海外FXの仕組みを理解しておくことや、少額から始めてみることがおすすめです。入金不要でボーナスを提供している海外FX業者を試しに活用してみるのも1つの方法でしょう。

リスクと注意点

teacher
海外FXをいざ始めるにあたって、海外FXのリスクと注意点を十分に把握しておくことが大切です。事前にどのようなリスクがあるのかわかっていれば、対策としっかりと考えていけますよね。

悪質な業者もあるので注意

海外FXの中には、入金後に連絡がとれなくなるなど、詐欺を目的とした悪質な業者もあるので注意しなければなりません。まずは国内で知名度の高い人気の海外FX業者を利用するのが安全です。気になる海外FX業者があった時は、ネットで海外FX業者名を検索してから、評判はどうなのか確認することが大切です。

ネットで調べてみると、詐欺の海外FX業者は日本人サイト・SNSからの勧誘だった、設立されたばかりの新しい会社だったと報告されています。聞いたこともない名前の海外FX業者は避けた方が無難です。

最終的には自己責任となる

一般的には、国内である程度知名度・人気がある海外FX業者であれば、倒産やトラブルのリスクも低いと判断されていますが、万が一、何かトラブルがあったとしても日本の公的機関ではどうすることもできないことを理解しておきましょう。

海外FX業者の規模や金融ライセンス、運営実績、口コミ・評判などを参考にすることはできますが、最終的にはあくまでも自己責任となります。

ハイレバレッジによる損失リスク

ハイレバレッジは海外FXの最大の魅力となりますが、一歩間違えると最恐の落とし穴ともなり得ます。数百倍のレバレッジにて、少額からでも大きな利益が狙える反面、わずかな値動きにて大きな損失につながることを把握しておかねばなりません。

ロスカット基準は、証拠金維持率20~30%で国内FXよりは低めです。しかし、ハイレバレッジにてロスカット基準に振れやすくなるため注意が必要です。

入出金の仕組みがややこしい

おそらく海外FXで最も戸惑うこととは、入出金の仕組みがややこしいことです。

海外FXは基本的に海外の金融機関を通して資金のやり取りを行いますので、入出金方法が限られていて業者ごとにルールも異なります。最近ではクレジットカードによる入出金が一般的で最もわかりやすい方法だといえます。

  • クレジットカード
  • 国際決済サービス
  • 海外送金

上記3つの方法が共通して使える入出金方法となります。海外FX業者によっては、国内送金に対応できたり、仮想通貨で入出金が可能となる場合もあります。

海外FX業者によって利用できる入出金方法は異なるのですが、原則として、入金した方法で入金した金額しか出金できないことを理解しておく必要があります。利益分は海外送金か国際決済サービスにて出金できます。あらかじめ可能な入出金方法を確認しておくことが大切です。

海外FXがおすすめの理由

国内でも数え切れないほどのFX業者があります。多少のリスクがありながらも、それでもあえて海外FXを選ぶ投資家がいるのは、やはり桁違いのレバレッジが魅力となっているのでしょうか。

FXの情報をネットで調べていると、海外FXに関する記事も頻繁に見かけますよね。実際にFX取引をするなら海外FXの方がおすすめなのかどうかが気になります。

海外FXを選ぶ投資家が増えているのは、レバレッジ以外のメリットも大きいからなのです。海外FXを利用する投資家の中には、レバレッジは25倍以下に設定する投資家もいて、レバレッジ以外のサービスを重視して海外FXを選ぶケースも多いのです。
海外FXの方がおすすめなのかどうかは、投資家それぞれの投資の目的や重視したいサービスによるといえます。重視する項目しだいでは、海外FXの方が断然におすすめとなるでしょう。
teacher
では、みんなどんな理由で海外FXを選んでいるのか、おすすめな理由をネットやSNSの情報を参考に解説していきたいと思います。

どんな理由で海外FXを選んだ?

①ロット数を一気に増やせるから

1万円~10万円程度の少額取引の場合、国内FXで最大25倍をかけたとしても、25万~250万円あたりが限界ですよね。しかし、海外FXなら500倍で1万円の資金でも500万円の取引が可能です。1000倍がかけれる海外FX業者なら1,000万円分のロット数が購入できます。

ロット数を最大限に大きくできることで短時間の小さな値幅でも大きく稼げるため、国内FXでは物足りないとの声が聞かれています。

②追証なしのゼロカットだから安心

国内FXの場合、ロスカットが採用されてはいるものの、急激な相場変動にロスカットが間に合わないことがあり、最悪の場合は残高がマイナス(業者への借金)となるリスクがあります。海外FXではゼロカットシステムといって、万が一マイナスになった際は業者がマイナス分を補填してくれる制度があることが高く評価されています。

③ボーナスが活用できるから

また、口座開設ボーナスや入金ボーナスにて証拠金が増やせるから海外FXを選ぶ投資家も多いようです。ボーナス自体は出金することはできないのですが、ボーナスを使って得た利益は現金として出金することが可能です。入金するたびに100%入金ボーナスがもらえたり、入金不要で口座開設ボーナスがもらえたりと取引に活用することができます。

④NDD取引で公正な取引ができるから

国内では、OTC(DD)取引が一般的で、FXの注文は市場ではなく、利用する国内FX業者にて処理される仕組みになっています。呑み取引や約定拒否などを引き起こしやすい環境にあり、国内FX業者の利益と顧客の利益は相反する関係にあるのです。海外FXの場合は、NDD取引方式が採用されています。NDD取引では顧客の注文は直接市場へと流れる仕組みなっていて、業者は取引に関与することができません。

透明性が高く公正な取引ができるNDD取引を採用している点も、海外FXが好まれる理由となっています。

⑤約定力が高いから

NDD取引を採用している海外FXでは、海外FX業者が取引システムに介入することができません。従って、約定拒否などの可能性がなくなり、必然的に約定力が国内FXよりも高くなる傾向にあります。海外FX業者によって約定力には格差があるのですが、約定力に力を入れている業者を選んだり、VPS口座を利用することで高い約定率がキープできると評判です。

⑥MT4や高度なツールが使えるから

MT4(MT5)は海外FXではほぼ共通して使われている取引ツールです。MT4は多彩な分析・描画機能を搭載したチャートソフトで世界中で最も使われている人気のツールであります。インジケーターやラインなど50種類以上の分析機能、カスタマイズに優れたチャート機能にて有利なトレードが実現できます。MT4以外でもオートチャーティストなど海外FXでしか探せない高機能のツールが使えることが魅力となっています。

国内でMT4が使えるFX業者はほんの数えるほどしかありません。MT4が使いたいから海外FX業者を選ぶ投資家も少なくありません。

⑦取引できる商品の選択肢が拡がるから

海外FXでは取り扱う通貨ペアの種類も多く、金や原油、株式指数など多彩なCFD銘柄も取り扱っている点が魅力となっている投資家も結構多いようです。国内FX業者と海外FX業者では取り扱うCFD銘柄の数に圧倒的な差があります。国内FX業者だと10種類程度が一般的で、選択肢が乏しいのが難点です。海外FXなら業者にもよりますが50~100種類程度の銘柄から選択できるので、CFDなら海外FXでないと意味がないという投資家もいます。

teacher
以上見てきたように、投資家それぞれの目的や重視したい項目によっては、国内FXよりも海外FXの方が断然おすすめだといえるのです。

海外FX会社・FX口座比較ランキング!

海外FX会社・FX口座比較ランキング!
teacher
それでは、実際にどのような海外FX会社があるのか、そしておすすめの海外FX会社・口座はどれなのか比較ランキングをご紹介いたします。使いやすさや日本語サポート、安全度やサービスの質を重視して選んでみました!ぜひ、参考にして下さい。
海外FX会社・FX口座比較ランキング!

1位: XMTrading

1位: XMTrading

絶対におすすめしたい海外X会社の1位は迷いなく「XMTrading」です。

XM TradingはXMとも呼ばれている海外FXで国内では最も知名度が高く人気がある業者です。

日本人投資家の利用が最も多く、XMに関する情報が得やすく、日本語サポートも充実しているので安心して使うことができます。さらに、信託保全を採用しているので、安全度が高い海外FX業者でもあります。

XMの基本情報

XMTradingはXMグループに属する会社の1つで、近年になって日本人向けに設立された海外FX会社です。以前はXMで統一されていましたが、金融庁との兼ね合いからXMTradingとして運営会社が別になりました。

日本人向けFXサービスは、やや信頼度で不安が残るセーシェルの金融ラインセンスにて提供されているものの、もともとXMグループの設立は2009年で運営実績も長く、196か国で展開し規模の大きい会社であることから安全性が高く評価されています。

海外FXサービス名: XMTrading(XM)
運営会社: Tradexfin Limited
拠点: セーシェル共和国
金融ライセンス: セーシェル金融庁/FSA

おすすめ口座

口座の種類ゼロ口座/ECN
取引手数料
(pips換算:片道)
0.50
最小スプレッド
米ドル/円
0.00
平均スプレッド
米ドル/円
0.10
最大レバレッジ500倍(~2万ドル)
200倍(2万ドル~)
100倍(10万ドル~)
約定力99.35%を1秒以内に約定
執行率100%
リクオート・注文拒否なし
最低入金額1万円相当

XMのおすすめポイント

  • 実績があり信託保全も採用していて安心できる
  • 口座開設ボーナス3,000円が入金不要でもらえる
  • 500円からの少額取引が可能
  • 100%入金ボーナスがもらえる
  • 日本語サービスが充実
  • 初心者向けのコンテンツが豊富
  • レバレッジは最大888倍

XMでは、極端な窓開けトレードや経済指標時の取引が規約違反と見なされる場合があります。

他にも、他社のFX口座と併用した両建てが禁止されています。本人が意識しなくとも規約違反となり、口座凍結されたケースが稀にですがあるようです。取引方法に関する規約がやや厳しい傾向にあるため、規約事項をしっかりと確認しておきましょう。

XMTradingの口座

XMTradingのFX口座は3種類から選べます。

マイクロ口座
マイクロ口座詳細
基本通貨USD、EUR、JPY
取引単位1ロット=1,000通貨
レバレッジ最大888倍
取引手数料無料
最低入金金額5ドル
最低取引ロット0.01ロット、0.1ロット
ボーナス・ポイント口座開設・入金・取引
ゼロカット保証あり
最低入金金額が5ドルと、少額から取引可能できます。取引ロット数も10通貨単位なので、初心者でも始めやすい海外FX口座です。
スタンダード口座
スタンダード口座詳細
基本通貨USD、EUR、JPY
取引単位1ロット=100,000通貨
レバレッジ最大888倍
取引手数料無料
最低入金金額5ドル
最低取引ロット0.01ロット=1,000通貨
ボーナス・ポイント口座開設・入金・取引
ゼロカット保証あり
取引ロット数が0.01ロット=1,000通貨。マイクロ口座よりは取引通貨数が大きくなるので注意して下さい。
ゼロ口座
ゼロ口座詳細
基本通貨USD、EUR、JPY
取引単位1ロット=100,000通貨
レバレッジ最大500倍
取引手数料片道/5ドル
最低入金金額100ドル
最低取引ロット0.01ロット=1,000通貨
ボーナス・ポイント口座開設のみ
ゼロカット保証あり
ゼロ口座はスプレッドが狭くなるECN方式の口座です。片道5ドル/100,000通貨の手数料がかかります。
teacher
MT4の使い方も一から動画で学ぶことができます。入金不要でも口座開設ボーナスを使って海外FXが始められるため、最初に試しに使ってみる海外FX口座としては抜群の条件を備えています。

XMで海外FXに慣れてから、他社へと展開していく投資家も多いようです。ECN口座、VPS口座も用意されていて中級者以上の方でも満足できる海外FX会社でもあります。

ゼロ口座

2位:AXIORY

2位:AXIORY

そして、おすすめの海外FX会社で2位に輝くのは「AXIORY」です。

AXIORYもXMと並んで国内の人気ランキングにて常に上位にラインクインする海外FX会社の1つです。

ボーナスは提供していませんが、約定力・スプレッドなどのサービス水準が高いことから、トレード環境を重視したい中級者以上の投資家におすすめです。完全信託保全をしている点でも安心して使える海外FX会社です。

AXIORYの基本情報

AXIORYはベリーズ諸島を拠点にAxiory Global Ltdが運営している海外FXです。会社の規模としては中堅クラスになるものの、もともとの運営会社は2007年設立されていて信頼と実績を持つ海外FX会社です。

約定率は99.97%、スリッページ平均0.067%と極めて質の高いサービスを提供しています。最適なトレード環境が提供できることをモットーとするAXIORYでは、約定力や提携LPの実績データも公開していることが高く評価されています。

海外FXサービス名: AXIORY(アキシオリー)
運営会社: Axiory Global Ltd
拠点: ベリーズ
金融ライセンス: ベリーズ/IFSC
口座の種類ナノスプレッド口座/MT4/ECN
取引手数料
(pips換算:片道)
0.30
最小スプレッド
米ドル/円
0.10
平均スプレッド
米ドル/円
0.60
最大レバレッジ400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
約定力約定率:99.97%
スリッページ平均:0.039pips
約定スピード:202.42m/sec
最低入金額2万円相当

AXIORYのおすすめポイント

  • 約定率が99.97%と高い
  • 約定スピードは201.95m/secを記録
  • スリッページ平均は0.067pipsを実現
  • 約定力や提携LPのデータを公開
  • 世界最大級のEQUNIX社のデータセンターを利用
  • ECN口座の手数料が格安
  • 国内銀行送金が使える
  • 全額信託保全

AXIORYは、国内銀行送金扱いで入出金ができる数少ない海外FX業者の1つです。

ただ、出金に関しては入金した方法で入金した金額しか出金できないというルールが徹底されています。入出金ルールの勘違いから出金拒否されたという話も聞かれています。事前に、入出金方法を確認しておくようにしましょう。

AXIORYの口座

AXIORYの口座は2種類。取引ツールはMT4かcTraderが選択できます。

スタンダード口座
スタンダード口座詳細
基本通貨USD、EUR、JPY
取引単位1,000通貨
レバレッジ最大400倍
取引手数料無料
最低入金金額200ドル
最低取引ロット0.01ロット=1,000通貨
ボーナス・ポイントなし
ゼロカット保証あり
最低入金金額は200ドル(2万円)でボーナス制度もありません。ほんの少額から試してみたい方には不便かもしれません。
ナノ口座

平均スプレッドが0.60pips、業界トップクラスの最狭スプレッドにて取引ができるナノ口座(ECN口座)です。

ナノ口座詳細
基本通貨USD、EUR、JPY
取引単位1,000通貨
レバレッジ最大400倍
取引手数料3ドル(片道)
最低入金金額200ドル
最低取引ロット0.01ロット=1,000通貨
ボーナス・ポイントなし
ゼロカット保証あり
ナノ口座(ECN口座)では最狭のスプレッドにて低コストの取引が実現できます。手数料は片道3ドル/100,000通貨です。
teacher
約定率や約定スピード、スリッページに関するデータが公式サイトにて公開されています。トレード環境を重視する投資家なら、透明度が高く信頼できるシステムを用意しているAXIORYで満足できるでしょう。ECN口座も業界トップクラスの格安料金で利用できるのが魅力です。

気軽に海外FXを試してみたい方にはやや不向きの海外FX口座だといえますが、信託保全を採用している点では初心者でも安心して利用できる海外FX会社です。

ナノ口座

3位: TitanFX

3位: TitanFX

次に、絶対におすすめしたい海外FX会社3位は「TitanFX」です。

TitanFXは狭いスプレッドと約定力の高さで国内でも人気がある海外FXです。EQUINIX社のデータセンターを利用し、高度なトレード環境を実現しています。ECN口座の最小スプレッドは0.0pipsで手数料も業界では格安レベルで提供しています。

ボーナスやキャンペーンなどは一切行っていないものの、質の高いサービスにてボーナスには代えられないメリットがあると判断する投資家も多いです。約定力とスプレッドを重視する短期トレーダーや本格的に海外FXを始めていきたい方におすすめの海外FX口座です。

TitanFXの基本情報

TitanFXの本社は、ニュージーランドに拠点を持つTitanFX Limited社でニュージーランドの金融ライセンスにて運営しています。設立は2014年で比較的に新しい海外FX会社ですが、安全性が高い金融ライセンスを取得していることと、独自の高度なトレードシステムを開発している点で信頼を得ています。

日本向けのFXサービスはグループ会社である、TI Securities Limited社が運営しています。拠点はバヌアツ共和国でバヌアツ共和国金融庁の金融ライセンスを取得しています。日本向けの金融ライセンスは若干信頼度が低くなるのですが、本社の運営状況から安全だと見なすことができるでしょう。

海外FXサービス名: TitanFX(タイタンエフエックス)
運営会社: TI Securities Limited
拠点: バヌアツ共和国
金融ライセンス: バヌアツ共和国(VFSC)、証券取り扱いライセンス(CAP.70)

口座の種類Zeroスタンダード口座/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.00
最小スプレッド
米ドル/円
1.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.33
最大レバレッジ500倍
約定力ミリ秒単位の約定スピード
最低入金額2万円相当

TitanFXのおすすめポイント

  • 本社はニュージーランドの金融ライセンス(NZFSP)を取得
  • ミリ秒単位の高速の約定スピード
  • ECN口座の最小スプレッドは0.0pips
  • 日本語サポートが充実
  • 世界最大のEQUINIX社データセンターを利用
  • 東京にもサーバーを設置している
  • 独自の高度なトレードシステムを採用している
  • 通貨ペアが70種類と多い

日本向けのFXサービスでは信託保全が採用されません。

万が一倒産した時には完全に資金が返還されるとの保証がありませんが、ナショナルオーストラリア銀行にて分別管理されています。ナショナルオーストラリア銀行は、信用格付けが高く信頼できる銀行なので安心だと評価されていますが、最終的には自己判断となります。

TitanFXの口座

TitanFXの口座はSTP口座のZeroスタンダード、ECN口座のZeroブレード口座の2種類から選べます。取引ツールはMT4かMT5が選択できます。

Zeroスタンダード口座
Zeroスタンダード口座詳細
基本通貨USD、AUD、JPY、SGD
取引単位1,000通貨
レバレッジ最大500倍
取引手数料無料
最低入金金額200ドル相当
最低取引ロット0.01ロット=1,000通貨
ボーナス・ポイントなし
ゼロカット保証あり
円口座以外にも、豪ドル、シンガポールドルでの口座の利用が可能です。
Zeroブレード口座
Zeroブレード口座詳細
基本通貨USD、AUD、JPY、SGD
取引単位1,000通貨
レバレッジ最大500倍
取引手数料3.5ドル(片道)/ロット
最低入金金額200ドル相当
最低取引ロット0.01ロット=1,000通貨
ボーナス・ポイントなし
ゼロカット保証あり
スキャルピング、デイトレードなどスプレッドと約定力にこだわりたい方におすすめの口座です。
teacher
TitanFXでは口座開設ボーナスや入金ボーナスがない代わりに、業界でもトップクラスの狭いスプレッドと高い約定力を実現しています。東京にもサーバーがあることから、海外FXで生じがちな地理的遅延を回避することができます。

もともと約定スピードがミリ秒単位で高いため、VPS口座と併用することで驚異的な約定率になると一部の投資家からは非常に高い評価を得ています。短時間の取引では大きな力を発揮する海外FX口座だといえるでしょう。

Zeroブレード口座

4位:GEMFOREX

4位:GEMFOREX

ボーナスやキャンペーンを重視するなら「GEMFOREX」がおそらくトップにランクインするでしょう。

トータル的な評価は4位にさせて頂きましたが、口座開設ボーナスの金額の高さでは1位となるのがGEMFOREXです。GEMFOREXは時期にもよりますが、口座開設キャンペーンにて2万~3万円のボーナスがもらえることが最大のメリットだといえます。レバレッジは口座によって最大1,000~5,000倍と高いことも魅力となっています。

GEMFOREXの基本情報

GEMFOREXは、ニュージーランドに拠点を構えるGEM‐GROUP NZ Limited社が運営する海外FXです。設立は2010年、約10年の長い実績を持つ海外FX会社で、近年ニュージーランドの金融ライセンスを取得したことで信用度が一気にアップしたようです。

もともとはGEM‐TRADEという運営会社にてMT4の自動売買ツール(EA)を提供していました。当時からの自動売買トレーダーの利用も多い海外FX会社で、現在でも自動売買ソフトが無料で使い放題というように、自動売買トレードやシステムトレードに力を入れている海外FX会社でもあります。

海外FXサービス名: GEMFOREX(ゲムフォレックス)
運営会社: GEM‐GROUP NZ Limited
拠点: ニュージーランド
金融ライセンス: ニュージーランド金融庁/FSA
口座の種類オールインワン口座/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.00
最小スプレッド
米ドル/円
1.20
平均スプレッド
米ドル/円
1.20
最大レバレッジ1000倍
約定力99.79%を0.78秒以内に約定
最低入金額100円相当

GEMFOREXのおすすめポイント

  • ニュージーランドの金融ライセンスで安全度が高い
  • 口座開設ボーナスが他社よりも圧倒的に高い
  • 入金不要で取引が始められる
  • 最低入金金額は100円から
  • 100%入金ボーナスがもらえる
  • 150種類以上の自動売買が使い放題
  • 最大1,000倍~5,000倍と高いレバレッジ
  • 入出金の手数料は海外送金も含めて全額負担してくれる

GEMFOREXでは他社よりもボーナスやキャンペーンが充実している一方では、サーバー面の弱さがよく指摘されているようです。

MT4が取引の途中で固まってチャートが動かない、注文もできない、約定がずれるなどのトラブルが時々あるとのことです。サーバーの不具合で損失が出た場合は、GEMFOREXにて損失額が補填されるので安心ではありますが、スピードで勝負する短期トレードには不向きな海外FX会社だといえるでしょう。

GEMFOREXの口座

GEMFOREXでは口座は3種類から選ぶことができます。すべての口座にて取引ロット数は30ロットまでとなっています。取引ツールはMT4です。

ここではFX口座の3種類をご紹介しておきます。

オールインワン口座
オールインワン口座詳細
基本通貨USD、JPY
取引単位1,000通貨
レバレッジ最大1,000倍
取引手数料無料
最低入金金額1ドル(100円)
最低取引ロット0.01ロット=1,000通貨
ボーナス口座開設・入金
ゼロカット保証あり
150種類以上のEA、ミラートレーダーが無料で使い放題となっています。口座開設ボーナスがもらえますので、資金を一切使わなくとも一定の利益を狙うことができます。
ノースプレッド口座
ノースプレッド口座詳細
基本通貨USD、JPY
取引単位1,000通貨
レバレッジ最大1,000倍
取引手数料無料
最低入金金額3,000ドル(30万円)
最低取引ロット0.01ロット=1,000通貨
ボーナスなし
ゼロカット保証あり
ノースプレッド口座は最低入金額が3,000ドル(30万円)となっているので、初心者にはハードルが高く、大口取引向けの口座だと言えます。自動売買やボーナスには使えません。
レバレッジ5,000倍口座
レバレッジ5,000倍口座詳細
基本通貨JPY
取引単位1,000通貨
レバレッジ最大5,000倍
取引手数料無料
入金上限金額5万円まで
最低取引ロット1ロット=10万通貨
ボーナスなし
ゼロカット保証あり
自動売買やボーナスには使えない口座です。資金の上限は5万円、利益の上限は100万円との規定がありますので、一定額以上は稼げない仕組みになっています。ハイリスクの取引となるので注意しましょう。
teacher
GEMFOREXはボーナス制度が充実している点で人気を高めている海外FX会社です。2万円の証拠金と最大1,000倍のレバレッジがあれば、入金しなくとも十分に大きな利益を狙うことが可能です。実力のある投資家だと、ボーナスのみで利益を出金したという話も聞かれています。

サーバーの弱さが気になるため、本格的なスキャルピングにはあまりおすすめできない海外FXではありますが、ひとまずは海外FXで取引してみたい方は口座開設ボーナスを利用してみるのがおすすめです。

レバレッジ5,000倍口座

5位:LAND FX

5位:LAND FX

次に、おすすめの海外FX会社5位でご紹介したいのは、サービスのバランスに優れた「LAND‐FX」です。

ボーナスも欲しいが高い約定力も欲しいという欲張りな方は、LAND‐FXならトータル的にバランスがとれたサービスにて満足できるでしょう。LAND‐FXは、「スプレッドと約定力」「信頼性の高さ」「100%入金ボーナス」と3拍子揃った海外FX会社です。

口座開設ボーナスはないものの、100%入金ボーナスの上限が高く、レバレッジも最大1,000倍までかけれます。世界各地に最大級のデータセンターを確保しているため高い約定率とスプレッドの狭さが実現できます。

LAND‐FXの基本情報

LAND‐FXの日本向けのサービスはごく最近になって、金融庁への対策としてオフショア系の運営会社Landprime Ltd社に移行しました。金融ライセンスはセントビンセント・グレナディーンにて取得しています。

日本向けの金融ラインセスの質には若干不安が残るものの、もともとのグループ会社では審査基準が厳しい英国の金融ラインセスを取得しています。欧州向けのFXサービスでは英国の金融ライセンスに加えて英国の金融サービス補償機構に加入しているなど高い信頼がおかれている海外FX会社となります。

海外FXサービス名: LAND-FX(ランドエフエックス)
運営会社: Landprime Ltd
拠点: セントビンセント・グレナディーン
金融ライセンス: セントビンセント・グレナディーン金融監督庁/FVGFSA

口座の種類スタンダード口座/MT4/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.00
最小スプレッド
米ドル/円
1.10
平均スプレッド
米ドル/円
1.60
最大レバレッジ400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
約定力約定率:99.97%
スリッページ平均:0.039pips
約定スピード:202ms
最低入金額2万円相当

LAND-FXのおすすめポイント

  • グループ会社の金融ライセンスの信用度が高い
  • 大手金融機関に資金は信託されるので安心
  • LP口座では100%入金口座の上限が50万円と高め
  • Live口座では5%のリカバリーボーナスがもらえる
  • スプレッドが全般的に狭い
  • 約定力が高くスリッページを起こしにくい
  • 世界中に最大級のデーターセンターを確保している

LAND‐FXでは日本語サイトや日本語サポートが用意されてはいるのですが、日本語の問い合わせに時間がかかったり、サイト内で英語表記となる部分も多いため、使いづらいと思われる方もいるでしょう。

また、グループ会社自体は信頼度が高くとも、日本向けのFXサービスは完全信託保全ではないのが気になる要素だといえます。

LANDFXの口座

LANDFXの口座は3種類から選べます。取引ツールは、MT4、MT5が選択可能で、複数の海外FX口座が管理できるマルチターミナルも利用できます。

LPボーナス口座
LPボーナス口座詳細
基本通貨USD、JPY
取引単位1,000通貨
レバレッジ最大500倍
取引手数料無料
最低入金金額100ドル(1万円)
最低取引ロット0.01ロット=1,000通貨
ボーナス100%入金ボーナス
ゼロカット保証あり
LPボーナス口座だと入金額50万円まで100%ボーナスが付与されます。100%入金ボーナスの上限では業界トップクラスです。
Live口座
Live口座詳細
基本通貨USD、JPY、EUR
取引単位1,000通貨
レバレッジ最大1,000倍
取引手数料無料
最低入金金額300ドル(3万円)
最低取引ロット0.01ロット=1,000通貨
ボーナス10%入金ボーナス、5%リカバリーボーナス
ゼロカット保証あり
Live口座では10%入金ボーナスと、ロスカットされた時に5%リカバリーボーナスのどちらかが選択できます。
ECN口座
ECN口座詳細
基本通貨USD、JPY、EUR
取引単位1,000通貨
レバレッジ最大200倍
取引手数料1ロット=往復7ドル
最低入金金額2,000ドル(20万円)
最低取引ロット0.1ロット=10,000通貨
ボーナスなし
ゼロカット保証あり
ECN口座のスプレッドは最小0.0pips、手数料も片道3.5円程度と格安です。ただ、最低入金金額が20万円となるため、まとまった資金で取引したい方におすすめです。
teacher
LAND‐FXの日本向けのサービスでは信託保全が採用されていません。しかしながら、グループ会社では英国の金融ライセンスに加えて最大5万ユーロまでを完全に信託保全で保証しています。経営自体はしっかりしていて倒産のリスクは低いと見なすことができます。

JPモルガンやバークレイなど世界大手金融機関にて分別管理が約束されていることから、信託保全でないながらも十分に信頼できる海外FX会社だといえます。
安全性も確保できて、トータル的にサービスのバランスがとれているLAND‐FXは、初心者から上級者まで幅広く使われています。

ECN口座

6位:HotForex

6位:HotForex

そして、6位にランクインする海外FXはサービスのバラエティに富んだ「HotForex」です。

HotForexはボーナスやキャンペーンが充実していて、トレードコンテストなどのイベントが多いのが特徴です。加えて、教育コンテンツや情報配信などトレードに活用できるサービスも豊富です。最低入金金額は5ドルとハードルも低く、レバレッジは最大1,000倍までかけれます。仮想通貨や株式指数など取り扱うCFD商品も多いので、通貨以外の商品を取引したい方にもおすすめです。

HotForexの基本情報

HotForexは200万口座数を突破、27か国言語に対応しグローバルに展開する規模が大きい大手海外FX会社です。運営会社はHF Market Ltd社、設立は2010年、約10年以上の運営実績があり国内でも一定の信頼度と知名度を確立しています。

日本向けのFXサービスは、金融庁への対策として拠点をセントビンセント・グレナディーンに置き法人登録のみで営業しています。不安に思う方もいると思いますが、HotForexグループ自体は、英国やキプロスなど複数の信用度が高い金融ライセンスを取得しているため、安全だと判断する投資も多いようです。

海外FXサービス名: HotForex(ホットフォレックス)
運営会社: HF Market Ltd
拠点: セントビンセント・グレナディーン
金融ライセンス: セントビンセント・グレナディーン国際事業者登録(法人登録)

口座の種類マイクロ口座/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.00
最小スプレッド
米ドル/円
1.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.70
最大レバレッジ1000倍
約定力
最低入金額500円相当

HotForexのおすすめポイント

  • 運営歴も長く規模が大きい海外FX業者
  • グループ全体では複数の金融ライセンスを取得している
  • 最大1,000倍のレバレッジ
  • 5ドル(500円)で始めることができる
  • 自動売買口座も含めて6種類の口座がある
  • 100%入金ボーナスやキャンペーン・イベントが多い
  • 教育コンテンツや分析ツールが豊富
  • 通貨以外の商品の取り扱いが多い

HotForexでは、ECN口座以外はスプレッドが基本的に広め、約定力はそこまで高いわけでありません。トレード環境を重視したい投資家には物足りない海外FX会社かもしれません。

日本円口座がないことや日本語サポートの時間帯が限られているなど、日本向けのサービスがそこまで充実していないのが気になる点だといえるでしょう。

HotForexの口座

HotForexでは3つの口座から選択することができます。自動売買口座も3種類から選べます。取引ツールはMT4、MT5、マルチターミナルが用意されています。

ここでは3つのFX口座をご紹介します。

マイクロ口座
マイクロ口座詳細
基本通貨USD、EUR、NGN
取引単位1,000通貨
レバレッジ最大1,000倍
取引手数料無料
最低入金金額5ドル(500円)
最低取引ロット0.01ロット=1,000通貨
ボーナス100%入金ボーナス
ゼロカット保証あり
マイクロ口座はわずか5ドル(500円)から始めることができます。最大1,000倍のレバレッジがかけれるので、少額から試してみたい方におすすめです。
プレミアム口座
プレミアム口座詳細
基本通貨USD、EUR、NGN
取引単位1,000通貨
レバレッジ最大500倍
取引手数料無料
最低入金金額100ドル(1万円)
最低取引ロット0.01ロット=1,000通貨
ボーナス100%入金ボーナス
ゼロカット保証あり
プレミアム口座は、最低入金金額が1万円程度でレバレッジが最大500倍と一般的な条件で始められる海外FX口座です。
ゼロスプレッド口座
ゼロスプレッド口座詳細
基本通貨USD、EUR、NGN
取引単位1,000通貨
レバレッジ最大500倍
取引手数料片道3ドル/1ロット
最低入金金額200ドル(2万円)
最低取引ロット0.01ロット=1,000通貨
ボーナスなし
ゼロカット保証あり
ECN口座のゼロスプレッド口座は、手数料が片道3ドル、最低入金金額が2万円、最低取引通貨数も1,000通貨からと比較的に取り組みやすい条件となっています。
teacher
HotForexの日本向けFXサービスでは信託保全が適用されませんが、顧客の資金に最大500万ユーロの保険をかけて大手金融機関にて分別管理されています。グループ全体の信用度からも倒産のリスクは極めて低いと判断できるでしょう。

キャンペーンやイベントの多さではトップクラスに位置する海外FX会社です。チャートパターンの自動検出が可能なオートチャーティストや12種類の上級者トレードツールが使えたりと、HotForexでしか利用できないサービスが多いことが魅力になっています。

ゼロスプレッド口座

7位:FBS

7位:FBS

それでは最後に、初めての海外FXがお得に始められる「FBS」をご紹介しておきたいと思います。

初めてのFXだから、極力資金を使いたくない、口座開設キャンペーンなどでお得に始めたいという方にはFBSがおすすめです。FBSは国内では若干知名度の部分で見劣りがするものの、世界190か国で展開して1,500万人に使われている大規模な海外FX会社です。

練習用のボーナス口座が用意されており、FX口座だけでも5種類から選ぶことができます。レバレッジは最大3,000倍。入金不要で始められることに加えて、100%入金ボーナスも充実していて、最低入金金額はたったの1ドルとハードルが低いのが大きな特徴です。

FBSの基本情報

FBSの運営会社はFBS Market Inc社で2009年からグローバルに展開している実績も長い海外FX会社です。FBSグループ全体では、ベリーズやキプロスの金融ライセンスにて営業しています。近年、日本向けのサービスはMitsui Market Ltd社に移行されてバヌアツ共和国の法人登録にて提供されています。

日本向けのサービスは法人登録のみとなるのですが、グループ全体の規模の大きさや登録者数、運営実績などから、比較的に安全性が高いと見なされている海外FX会社の1つです。

海外FXサービス名: FBS(エフビーエス)
運営会社: Mitsui Market Ltd
拠点: バヌアツ共和国
金融ライセンス: バヌアツ共和国の事業者登録

口座の種類スタンダード口座/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.00
最小スプレッド
米ドル/円
1.00
平均スプレッド
米ドル/円
2.00
最大レバレッジ3000倍
約定力95%以上のオーダーが0.4秒以内に執行
最低入金額1万円相当

FBSのおすすめポイント

  • 登録者数も多く規模が大きい海外FX業者
  • グループ全体では信頼度が高いキプロスの金融ライセンスを取得
  • 練習用のボーナス口座が入金不要で使える
  • FX口座は6種類から選べる
  • レバレッジが最大3,000倍
  • 固定スプレッド0.0pipsのECN口座がある
  • 教育コンテンツが充実している
  • ボーナスやキャンペーンなどのイベントが多い

FBSでは口座の種類が多いのがメリットですが、口座ごとに条件や規約が異なるため若干ややこしいのが難点だといえます。ボーナス口座はあくまでも練習用なので、出金条件などの規制があり実践にはあまり使えません。

また、日本語で利用できるサービスは多いものの、自動翻訳による日本語なので表現におかしい箇所が時々見られます。慣れるまでは、日本語の文章が読みづらいと感じるかもしれません。

FBSの口座

FBSの口座は6種類、投資家それぞれの目的に合わせて選ぶことができます。取引ツールはMT4、MT5、マルチターミナルが利用できます。

Trade100ボーナス口座
  • 取引ツールはMT5のみ
  • 取引可能期間は30日間
  • 5ロット以上の取引が条件
  • 利益の出金は100ドルまで

新規口座開設の時のみ選択できるようになっています。

利益は100ドルしか出金できません。取引条件に制限があるので実践には不向きです。デモ・練習用として試してみることができます。
セント口座
セント口座詳細
基本通貨USD、EUR
取引単位1ロット=1,000通貨
レバレッジ最大1,000倍
取引手数料無料
最低入金金額1ドル(100円)
最低取引ロット0.01ロット=10通貨
ボーナスなし
ゼロカット保証あり
最低入金金額はわずか1ドルで少額から始めたい初心者の方におすすめの海外FX口座です。
マイクロ口座
マイクロ口座詳細
基本通貨USD、EUR
取引単位1,000通貨
レバレッジ最大3,000倍
取引手数料無料
最低入金金額5ドル(500円)
最低取引ロット0.01ロット=1,000通貨
ボーナス100%入金ボーナス
ゼロカット保証あり
マイクロ口座は少額からハイレバレッジにて大きな利益を狙いたい方におすすめです。
スタンダード口座
スタンダード口座詳細
基本通貨USD、EUR
取引単位1,000通貨
レバレッジ最大3,000倍
取引手数料無料
最低入金金額100ドル(1万円)
最低取引ロット0.01ロット=1,000通貨
ボーナス100%入金ボーナス
ゼロカット保証あり
ハイレバレッジ3,000倍が大きな特徴。あとは一般的な設定となっているスタンダードな口座です。
ゼロスプレッド口座
ゼロスプレッド口座詳細
基本通貨USD、EUR
取引単位1,000通貨
レバレッジ最大3,000倍
取引手数料片道10ドル/ロット
最低入金金額500ドル(5万円)
最低取引ロット0.01ロット=1,000通貨
ボーナス100%入金ボーナス
ゼロカット保証あり
固定スプレッド0pipsという、他社にはない特殊な口座です。手数料が高いので大き目のロット向きです。
ECN口座
ECN口座詳細
基本通貨USD
取引単位1,000通貨
レバレッジ最大500倍
取引手数料片道6ドル/ロット
最低入金金額1,000ドル(10万円)
最低取引ロット0.1ロット=1万通貨
ボーナスなし
ゼロカット保証あり
こちらは、-1pipsからの変動スプレッドで取引ができるECN口座です。最低入金金額が高いため大き目のロット向きです。
teacher
FBSの日本向けFXサービスは分別管理のみとなりますが、会社の規模の大きさや実績などから、ある程度の安全性が確保できる海外FX会社です。スプレッドや約定力を売りにしている海外FXではないので、本格的な短期トレードにはあまりおすすめはできません。

ただ、これから海外FXを展開していきたい初心者の方には、始めやすい環境が整っているのが魅力となっています。海外FXをいきなり始めるのはちょっと・・・と不安に思う方でも入金不要でボーナス口座が活用できるので安心です。ひとまず海外FXを試してみたい方には重宝する海外FX口座だといえるでしょう。

まとめ

まとめ

今回は、海外FXってどうなんだろうと気になる方のために、おすすめの海外FX会社・海外FX口座を比較ランキングにてご紹介していきました。

数ある海外FX会社がある中、それぞれ独特のセールスポイントを持っていて、何を重視するかによって最適の業者や口座も異なってきます。自分の要望に合った海外FX業者を探してみましょう。

海外FXは国内FXとは使い勝手が異なるため、どんなに事前に情報を調べたとしても、実際に使ってみないとわからない部分も多いと思います。

まずは、ボーナスで入金不要でも始められる海外FX業者を選んでみるのも1つの方法ですね。ボーナスで取引できる口座なら資金を使わなくても、使い心地が試せるのでリスクはほとんどありません。
すでにある程度の実績を出している方は、トレード環境に優れた海外FX会社にて最初から確実に利益を狙っていく方法もありますよね。利益を出せる自信がある方は、出金方法を確認しておくようにして下さい。
teacher
今回ご紹介した内容が、海外FXにて新しい1歩を踏み出すきっかけとなれば幸いです。ぜひ、この機会に目的に合った海外FX会社・口座を探してみて下さい。
当サイト「FXプロ」の海外FXに関する情報は日本在住の日本人の方に向けた情報ではございません。あくまでも、海外在住の日本人に向けた情報になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mi001you

投資信託、株式投資、外貨預金、FX、金、プラチナ、不動産投資などのバランス投資を副業として5年目。自己流の金融ライターが投資や資産運用をわかりやすく解説します! これまでの経験を活かした節約・お得な金融情報なども公開しています。 職歴:飲食関連、IT業界、住宅設備等の営業職を経て、独学にて投資を学び個人投資家・金融ライターとして独立。