【2018年】入門編|FX初心者におすすめのFX会社10選。なぜ、初心者におすすめなのか?理由や注意点もわかりやすく解説

FXに興味を持ち、FXを始めようとしたとき、必ずやらないといけないこと。それはFX会社を選ぶことです。どこかのFX会社に取引をする口座を作らなければいけません。

日本国内には金融庁登録しているFX会社実に100社程あります。その中からFX会社どこにしようか選ぶとき、きっとあなたはネットで調べるのではないでしょうか。“初心者向きのFX会社はどこが良いのか”と。

でも考えてみてください。そもそもFX会社自体に初心者向けとか熟練者向けという区分けとか基準はありません。(紹介)記事を書いているかたはネット上の評判やご自身の判断基準で“この会社は初心者向けだ”としていることになります。

わたくし自身はFX口座を10社以上持っています。体験を含めれば15社以上のFX会社をみてきました。

そのようなわたくし筆者からみた「FX初心者におすすめのFX会社」を10社選んでみました。ランキングではありません。よって順位はつけていません。

ここでは、

  • FX初心者におすすめのFX会社とは
  • それぞれのFX会社の紹介
  • FX会社の選び方
  • 初心者のおすすめのFX会社はどこか

について紹介していきます。

これからFXをはじめようとしている「FX初心者」のあなた。あなたのFX会社選びの参考になれば幸いです。

目次

FX初心者におすすめのFX会社とは

FX初心者におすすめのFX会社とは

日本国内で金融庁に登録しているFX会社は、実に100社程あります。FX取引を専門とする会社もあれば、証券会社の一つの業務としてFXを扱っている会社もあります。

100社もあるFX会社(FXを扱っている会社)の中から初心者向きの1社を選べと言われてもどうやって選べばよいのか迷うはずです。

試しにインターネットで「初心者FX」あるいは「FX初心者」検索してみてください。おそらくかなりの件数がでてくるはずです。その件数が多すぎて、さらにどの情報(記事)を見ればよいのか、またまた迷いそうです。

では、実際のところ、どのようにして選べばよいのでしょうか

初心者におすすめのFX会社10選

初心者におすすめのFX会社10選

これまで、わたくしは多くのFX会社に口座をつくり自分自身で実際にFXの取引をしてきました。そこであることに気がついたのです。ネット上の多くの記事に書かれている初心者向きのFX会社の選び方がどうも私にはしっくりこないのです。

そこでわたくしなりに、これは初心者向きだろうと思われるおすすめのFX会社を選ぶ基準ないしは視点を考えてみました。その考えをもとに数あるFX会社の中から厳選したのが下の10社になります。

  1. アイネット証券
  2. インヴァスト証券
  3. YJFX
  4. DMMFX
  5. 外為オンライン
  6. 外為どっとコム
  7. FXブローネット
  8. FXプライム
  9. マネーパートナーズ
  10. GMOクリック証券

それぞれのFX会社の紹介

私が選んだFX会社10社。

  • なぜおすすめするのか、その理由
  • その仕様は
  • 利用する時の注意点

などを簡単に説明してみたいと思います。

 アイネット証券(アイネットFX)

 アイネット証券(アイネットFX)

出典:アイネット証券

おすすめの理由

その1:自動売買ができる
その1:自動売買ができる

出典:アイネット証券 ループイフダン

アイネット証券(アイネットFX)には、自分の判断で取引をする裁量トレード(手動売買方法)と、もう一つループイフダンという自動売買による取引があります。

その2:少ない資金で取引ができる

自動売買(コース:ループイフダン)は1000通貨から取引をすることができます。

注意点

自動売買は急に大幅な変動(値上がりや値下がり)があったときに資金が不足すると、そこで取引が終わってしまう可能性があります。

また、自動売買は複数の取引条件を組み合わせて運用したほうが利益は出やすいです。そのためにも、余裕をもった資金での運用が必要となります。

主な仕様

取引手数料0円
最小取引通貨単位アイネット25G 1万通貨~

ループイフダン(自動売買) 1000通貨~

スプレッド(売買手数料)米ドル/円 0.7銭~1.0銭

インヴァスト証券

インヴァスト証券

出典:インヴァスト証券

おすすめの理由

自動売買ができる

インヴァスト証券のFXは、自動売買をするためつくられたFX会社と言ってもいいでしょう。

  • トライオートETL
  • シストレ24
  • トライオートFX
  • FX24

といったように初心者向けから上級者向けまで、様々な自動売買のサービスが用意されています。

注意点

自動売買は急に大幅な変動(値上がりや値下がり)があったときに資金が不足すると、そこで取引が終わってしまう可能性があります。

また、自動売買は複数の取引条件を組み合わせて運用したほうが利益は出やすいです。そのためにも、余裕をもった資金での運用が必要となります。

主な仕様

取引手数料 0円
最小取引通貨単位トライオートETL (変動)

シストレ24    5000通貨

トライオートFX  1000通貨

FX24       10000通貨

スプレッド(買売手数料)トライオートETL 変動

シストレ24    変動

トライオートFX  0.3銭(原則固定)

FX24       変動

YJFX

YJFXは、あのヤフーグループが運営するFX会社です。

YJFX

出典:YJFX

おすすめの理由

その1:画面がスッキリしている

トップ画面が非常にスッキリしています。もし、ほかのFX会社のトップ画面みたことがあるなら、“えっ?” と思えるほどなにもない感じです。

余計な情報がない分、操作に迷うことなく取引に集中ができます。

その2:少ない資金で取引ができる

YJFXの最小取引単位は1000通貨からになります。これでしたら米ドル/円の取引をする場合日本円で約5000円の証拠金を用意すれば、取引を始めることができることになります。

その3:自動売買ができる
その3:自動売買ができる

出典:YJFX リピートトレール注文

https://www.yjfx.jp/gaikaex/information/manual/47.html

YJFXには、リピートトレール注文という独自の自動売買のやりかたがあります。

これは、完全自動売買というより、半自動とでも言いましょうかある部分は裁量トレードのようなものです。

注文時は自分自身で、どのような取引をさせるか条件を決めます。条件さえ決めればあとは自動で取引(買う・売る・決済する等)を繰り返してくれます。

自動売買はいいけれどなにかつまらない。そのような方におすすめかもしれません。

注意点

リピートトレール注文は、完全自動取引ではないので負ける(損をする)可能性もあります。デモ口座が用意されているので、事前に十分練習をしたほうがよさそうです。

主な仕様

取引手数料0円
最小取引通貨単位1000通貨
スプレッド(買売手数料)原則固定

米ドル/円の場合 0.3銭

DMMFX

DMMFX

出典:DMMFX

おすすめの理由

その1:取引ツールが豊富
PC版の取引ツールには2種類あります。

比較的操作の易しいSTADARDと、万能型取引ツールPLUSになります。

FX初心者のかたはSTADARDの使用をおすすめします。

その2:取引の補助ツールがある

こちらは、FXを始めたばかりの方にはすぐに必要ということではありませんが、いずれは役にたつツールです。

プレミアムツール:29種類という豊富なテクニカル分析をすることができます。

取引通信簿:ご自身がどのような取引をしてきたかがグラフ化され、一目でわかります。

自分の(取引の)弱点・欠点が見えてきますよ。

注意点

DMMFXには少額取引(1000通貨から)が用意されていません。米ドル/円の取引をしたいなら最低50000円ほどの資金を用意しなければいけません。

10000通貨ということは、仮に1円変動すると1万円の利益または損失をする計算になります。

主な仕様

取引手数料0円
最小取引通貨単位10000通貨
スプレッド(買売手数料)原則固定

米ドル/円 の場合 0.3銭

外為オンライン

外為オンライン

出典:外為オンライン

おすすめの理由

その1:取引ツールが使いやすい

買う・売る・決済するといった取引から、お金の管理その他必要な操作のほとんどが一つの画面の中でできます。また、操作自体ちょっと慣れればマニュアルがいらないほど、ほぼ直観で操作することができるようになります。

この取引ツールの便利さに慣れると、他社の取引ツールは使いにくいと感じるかもしれません。

その2:情報コンテンツが豊富

書籍がいらないくらい豊富なコンテンツがあります。

その3: 少ない資金で取引ができる

1000通貨から取引ができます。

その4:自動売買ができる
その4:自動売買ができる

出典:外為オンライン iサイクル

iサイクルと呼ばれる、独自の自動売買システムがあります。ランキング方式で表示された過去の注文内容の中から、あなたは選ぶだけです。難しく考える必要はありません。

一度スタートさせれば、24時間あなたに代わって取引をしてくれます。

注意点

自動売買は急に大幅な変動(値上がりや値下がり)があったときに資金が不足すると、そこで取引が終わってしまう可能性があります。

また、自動売買は複数の取引条件を組み合わせて運用したほうが利益は出やすいです。そのためにも、余裕をもった資金での運用が必要となります。

主な仕様

取引手数料通常取引の場合0円

自動売買は別途費用が掛かります

最小取引通貨単位

(外為オンラインには取引条件により4つのコースが用意されています)

L25R 10000通貨

L25Rmini 1000通貨

L25   10000通貨

L25mini 1000通貨

スプレッド(買売手数料)原則固定

米ドル/円 1.0銭

外為どっとコム

外為どっとコム

出典:外為どっとコム

おすすめの理由

未来予想や売買のタイミングを教えてくれる
未来予想や売買のタイミングを教えてくれる

出典:外為どっとコム ぴたんこテクニカル

https://pitateku.gaitame.com/signal.jsp

外為ドットコムには、取引を支援してくれる便利なツールぴたんこテクニカルがあります。

一つはお天気シグナル:買いや売りのタイミングをシグナルで教えてくれます。

もう一つは、みらい予測チャート:チャートがこの先どちらに動くのか予想をします。

注意点

ぴたんこテクニカルは非常に便利なツールですが、あくまでも支援のためのツールです。使い方を理解せず利用すると失敗をする可能性もあります。ご注意ください

主な仕様

取引手数料0円
最小取引通貨単位1000通貨
スプレッド(買売手数料)原則固定

米ドル/円 0.3銭

FXブローネット

FXブローネット

出典:FXブローネット

おすすめの理由

自動売買ができる
自動売買ができる

出典:FXブローネット トラッキングトレード

https://www.fxbroadnet.com/automatic_trade/about.jsp#content5

リピート型注文をさらに進化させたとトラッキングトレードという自動売買方法があります。

トラッキングトレードの注文方法は簡単です。チャートの動きを見ていて、あるタイミングで注文をするだけでいいのです(これを、ポジションを持つといいます)後は、自動で売買を繰り返します。

注意点

トラッキングトレードは、予め作られた取引ルールを選ぶわけではありません。

ある程度チャートの動き(上がるのか下がるのか)を予想して注文をする必要があります。

主な仕様

取引手数料0円
最小取引通貨単位1000通貨
スプレッド(買売手数料)原則固定

米ドル/円 0.3銭

FXプライム

FXプライム

出典:FXプライム

おすすめの理由

その1:将来の動きが予想出る

ぱっと見テクニカルという将来の動きを予想してくれる便利なツールが用意されています。

その1:将来の動きが予想出る

出典:FXプライム ぱっと見テクニカル

その2:自動売買ができる
その2:自動売買ができる

出典:FXプライム ちょいトレFX

FXプライムでは、ちょいトレFXという自動売買が用意されています。ストラテージという売買ルールを自分でつくるか、用意されたものから選ぶことができます。

自分でつくるか、用意されたものから選んだストラテージはバックテストによりどれくらいの運用結果になるか確認することができます。

注意点

ちょいトレFXの運用中は、パソコンの電源切ってはいけません。ご自分のパソコンを24時間連続で動かすのが難しい場合、外部のレンタルサーバーを借りるといった方法があります。

主な仕様

取引手数料0円
最小取引通貨単位1000通貨
スプレッド(買売手数料)米ドル/円 0.6銭

マネーパートナーズ

マネーパートナーズ

出典:マネーパートナーズ nano

おすすめの理由

少ない資金で取引ができる

マネーパートナーズには FXの練習に最適な100通貨から取引のできる、マネーパートナーズnenoが用意されています。

注意点

100円通貨で取引をした場合

仮に1ドル 90円で購入すると 9000円です

これが 1ドル 91円に値上がりすると 90100円になります。

つまり、1円値上がりしても利益は100円です。

100円通貨の取引はあくまでもFXの練習のためと思ってください。

主な仕様

取引手数料0円
最小取引通貨単位パートナーズ  10000通貨

パートナーズneno 100通貨

スプレッド(買売手数料)米ドル/円 0.4銭

GMOクリック証券

GMOクリック証券

出典:GMOクリック証券

おすすめの理由

分散投資ができる

GMOクリック証券はその名が示すとおり、証券会社です。ということはFXの他に株式や投資信託等も扱っています。

お金の運用はリスクを分散するのが原則。GMOクリック証券なら、株式・投信・FXと資産を分散して運用することが可能です。

注意点

GMOクリック証券のFX(FXネオ)には少額取引(1000通貨から)が用意されていません。米ドル/円の取引をしたいなら最低50000円ほどの資金を用意しなければいけません。

10000通貨ということは、仮に1円変動すると1万円の利益または損失をする計算になります。

主な仕様

取引手数料0円
最小取引通貨単位1万通貨
スプレッド(買売手数料)原則固定

米ドル/円 0.3銭

FX会社の選び方

FX会社の選び方

ネットの情報をたよりにしてFX会社選び、実際の口座を開設して取引を始めたあなた。でも、”なにか違う” ”初心者の私にはちょっと敷居が高い”と感じることがあるかもれません。

「この前、ある記事を見てFXに興味をもちゃってね」

「で、どうしたの」

「とにかくFX会社に口座を作らないといけないと思って、さっそくどこがいいのかFX会社選びをしたんだ」

「どうだった?」

「ネットの口コミ情報を参考に一つFX会社を選んで、早速口座つくちゃった」

「気が早いね。じゃあ、もう始めたの?FXのトレード」

「それがね、どうも違うんだよ。初心者向きと言っていたけど。難しい。ちっとも初心者向きじゃないよ、そのFX会社」

「FX会社の選び方間違ったかもね。なにか自分の中ではあったの。FX会社を選ぶルールのようなもの」

「何もないね。ただ、ネットの情報だけで選んでしまったんだ」

「それはだめだよ。じゃあちょっとだけ教えようか初心者がFX会社を選ぶ時の注意点を」

いまからFXを始めようとしているあなた。あなたがFX会社を選ぶとき次の様な点に注目してみてはいかがでしょうか。

取引(トレード)のお試しができるか

FX会社によってはお試しのための口座(デモ口座とかバーチャル口座と呼ばれています)が用意されているところもあります。

  • 取引ツールの使い勝手はどうか
  • どんなことができるのは
  • スマホでの操作はどうなのか

などを自分で投資資金を用意することなく無料でトレードを試すことができます。これならその取引ツールが自分に合っているか、あるは初心者でも使いこなすことができそうか事前に確認をすることができます。

情報コンテンツはどれだけあるか

  • 取引ツールの使い方がわからない
  • こんなことはできるのか
  • 用語の意味を知りたい

等々、取引(トレード)中に疑問に思ったことや、知りたい情報(解説)がそのFX会社のサイトの中にあったらだと便利だと思いませんか。その都度ネットで検索する手間が省けます。

少ない資金で取引ができるか

いきなり50000円以上の資金を投入して取引をする勇気がありますか。FXで取引(トレード)をするには「証拠金」という投資資金(お金)が必要です。

多くのFX会社の最小取引通貨単位は10000通貨からと設定されています。例えば米ドル/円のトレードをしたいなら日本円で最低でも50000円ほどの証拠金(取引資金)が必要という計算になります。

一度にそんな多くの金額でトレードするのは怖い。そうお思いなら1000通貨(日本円で約5000円)からトレードができるFX会社を選んではいかがでしょか。

中には、「100通貨」からトレードが可能なFX会社もあります。

自動売買ができるか

FXの取引(トレード)って簡単のようで、奥の深いものです。特に「買う」「売る」「決済する」そのタイミングを見極めるのは至難の業。

上がると思えば下がり、下がると思えば上がる。なかなか思うようにいきません。タイミングを見極めるにはチャートというトレードの値動きを表すグラフの動きを先読みする必要があります。

そのためには、いろいろな知識やテクニック(テクニカル分析)を覚えなければいけません。

FXには、あなたに代わって24時間取引をしてくれる「自動売買」というものがあります。これなら難しい知識やテクニックを持たないFX初心者の方でもトレードをすることができます。

自動売買ができるかどうか。これもFX会社選びのひとつの要因になりそうです。

まとめ

  • 情報コンテンツはどれだけあるか
  • 少ない資金で取引ができるか
  • 自動売買ができるか

このような基準ないし視点でFX初心者におすすめのFX会社10社選んでみました。

どこのFX会社を選ぶか、あるいはそれ以外にするかはあなたの自由です。ここで紹介した中のFX会社にしなければいけないということでもありません。

すべての条件といいますか選択基準を満たすFX会社はなかなかないものです。そのときFX初心者のあなたは、FX会社に何を求めるのか、なにを重視するか考えてみてください。

それでもFX会社選びに迷ったら、まずはお試しで取引ツールをさわってみる(体験する)ことをおすすめします。

本を読んだだけ。ネットの情報を見ただけ。それだけではFXの雰囲気や感触はなかなかわからないものです。

実際の取引ツールにさわり自由に操作してみてください。その結果、感触がよかった。なんとなく相性がよさそう。そう思えたらまずはそのFX会社に口座をつくり、しばらく取引をしてみてはいかがでしょうか。

どうぞ、楽しいFXトレードライフをお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です